毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「人間の儚さ」を表しています


 以前から、登録はしていたのだが、最近、「ツイッター」を弄り始めている。

 其れで少し分かった事は「フォロワー数」が意外に当てにならないという事。

 30年位前は・・・

 アルコールが入ると、直ぐに「真っ赤」になった。顔だけじゃなく、身体中。

 元々、「アルコール分解酵素」は少ない体質だったと思う。けれど、現在は、

 余り「赤く」成らなくなった。「分解酵素」が増えたのか麻痺しているのか。

 先頃・・・

 こんな発表アリ。「酒に弱く、飲むと赤くなりやすい人は、骨粗鬆症による

 骨折リスクが大きい」(慶応大等のチーム)。日本人に多いタイプの遺伝子の

 変異によるもの。この変異があると、骨折のリスクが、約2.5倍に高まる。

 チームは「次のもの」に注目・・・
───────────────────────────────────
 ■アルコールが分解して出来る「アセトアルデヒド」

 ●分解に関わる遺伝子    「ALDH2」
  http://www.kirin.co.jp/csv/arp/fundamental/japanese.html
───────────────────────────────────
        ↓ 上記2つのものと「大腿骨骨折」の関係を調べる。
───────────────────────────────────
     44歳から101歳の女性を対象
───────────────────────────────────
 ▲「骨粗鬆症」で「大腿骨骨折」した人 92人

 △「健康」で「骨に異常のない」人   48人
───────────────────────────────────
        ↓ ゲノム(全遺伝情報)を分析
───────────────────────────────────
 @「ALDH2」の中に特定の変異を持っている人の割合
───────────────────────────────────
        ↓
───────────────────────────────────
     「骨折した人」の方が「健康な人」よりも高い
───────────────────────────────────
        ↓ 変異がある
───────────────────────────────────
    ○「骨折リスク」は2.48倍高くなる。

    ○「アセトアルデヒド」が上手く分解出来ずに「赤くなり易い体質」
───────────────────────────────────
        ↓
───────────────────────────────────
 ***「アセトアルデヒド」が体内に溜まる。

     → 骨の元となる細胞の成長を妨げる。

      → 「骨折しやすくなる」と考えられる。
───────────────────────────────────

 故に・・・

 「遺伝子検査」をしなくても、酒を飲んだ際の「赤くなり易さ」を見る事で、

 「骨折リスク」を測る上での指標の一つに出来るとの事。予防出来る可能性、

 それは「ビタミンEの摂取」。だが、過剰摂取は再度「骨粗鬆症」の危険有。

 酒を飲む事で・・・

 「骨折リスク」を測れるというのは良い事なのか。幾ら、酒に強い人でもさ、

 飲み過ぎたら「骨折リスク」は高まるでしょうよ。だから、過信をせずにね、

 貴方も私も程々を心掛けましょう。体調にも依るしね。飽く迄も指標だから。

 只・・・

 リスク云々より「骨折しやすい人」というのがいる様な気がする。何故なら、

 一度「骨折した人」は一度も「骨折していない人」よりも、骨折のリスクが、

 高い様な感じがする。「骨折癖」とでも言えば良いのだろうか。何となくね。

 貴方の周りで・・・

 何回も「骨折している人」いませんか?若しかすると私の説の裏付けになる。

 まぁ元々「勘」だから裏付け等要らないのですがね(^^)。私は一回も骨折を

 した事がありません。生まれてこの方、「入院」も一度もありませんねぇ〜。

 これは・・・

 幸なのか不幸なのか。私はこう思っています。「入院」や「病気」を通して、

 人生を考え直す切欠になる。自分は一人じゃ生きてはいないんだと気付ける。

 無理になる必要はありませんけど、一つの経験としては「幸」に成り得ると。

 まぁ経験がない事も・・・

 「不幸」ではありませんけどね。「入院」や「病気」も「不幸」じゃないと。

 「無病息災」が良いと思われていますが、私は「一病息災」位が丁度良いと。

 「一病」によって、「健康」や「身体」を過信しない切欠に。モノは考え様。

 故に・・・

 本題の「酒に弱く、飲むと赤くなりやすい人は骨粗鬆症による骨折リスク大」

 此れも一つの切欠として、意識すると良いかも知れません。だからと言って、

 酒が強いから骨折リスクが小じゃなくて、此れを切欠に「酒をセーブする」。

 でも・・・

 言っている本人が「酒をセーブ」出来ないから駄目ですね。大いに反省です。

 実際は、言っている程、実行出来ないのが、人間の儚さ。「医者の不養生」

 此の諺は典型的に「人間の儚さ」を表しています。思う通りにはなりません。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.