毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
密かに抱えている人が多い証拠


 私の誕生月。少し前迄は北海道で一番良い季節だったのになぁ〜。何故に?

 数年前から、雨の日が多くなった。「蝦夷梅雨」という言葉が当て嵌まる様。

 外からは・・・

 分かり難いんだよなぁ〜。微量な化学物質が原因で体や精神に不調をきたす

 『化学物質過敏症(MCS)』。このMCSを、鬱病等「精神疾患の一種」と、

 勘違いする人や医師がいますが全くの間違い。感受性が高い人が発症する病。

 感受性とは・・・

 有害物質から「防衛」「逃避」する能力が高いという事。異常体質ではなく、

 寧ろ、自分の体を保護するのに非常に優れた体質。患者は言わば有害物質を、

 知らせる「カナリア」的存在。但し、今の世の中、意外にこの有害物質が多。

 故に・・・

 刺激を受けたくない為に家に閉じ篭って、自分の病気を気にし過ぎてしまう。

 却って、症状が悪化したり、精神疾患を併発してしまう危険有。大事なのは、

 「出来るだけ外に出る」。散歩、症状が出ない場所へ遊びに行く、人と話す。

 仕事をしている人は・・・

 無理をせず、8割位の力で働く。そうしないと、症状が悪化して、仕事等を、

 辞めざろう得なくなり、働きたくても働けなくなる。働けなくなる位ならば、

 「給料泥棒」でも良いという楽な気持ちでいて下さい。張り詰めると体に毒。

 行政の対応は消極的・・・
───────────────────────────────────
 【環境省】
───────────────────────────────────
  患者:合成洗剤などで苦しくなる。規制して欲しい。
───────────────────────────────────
  回答:現状、MCSは原因や発症の仕組等、分かっていない事が多く、
     『科学的な因果関係が無いので規制は難しい』
───────────────────────────────────
 【厚労省】
───────────────────────────────────
  患者:どれ位、患者がいるのか調べて欲しい。
───────────────────────────────────
  回答:原因、診断基準が不明瞭である為『患者数の調査は出来ない』
───────────────────────────────────
  患者:職場で発症。労災の認定をして欲しい。
───────────────────────────────────
  回答:『病気の概念自体が未確立の為』可なり難しいだろう。
───────────────────────────────────
 【文科省】
───────────────────────────────────
  患者:同級生の衣服に付いた香料に反応して、子供が学校に行けない。
     対策をして欲しい。
───────────────────────────────────
  回答:現状、香料とMCSとの明確な因果関係がなく、
     『「香り」という各家庭の好みにまで踏み込むのは困難』
     各学校で対応し、保護者の理解を得るしかない。
───────────────────────────────────
 【国交省】
───────────────────────────────────
  患者:工事現場の前を通ると症状が出る。既に、規制されている
     ホルムアルデヒド以外の化学物質を調べて規制して欲しい。
───────────────────────────────────
  回答:症状と化学物質の化学的な因果関係が分からなければ、
     『調査や規制は出来ない』
───────────────────────────────────
 【消費者庁】
───────────────────────────────────
  患者:合成洗剤や香り付き柔軟剤の苦情が相次いでいるのに、
     何故、指導や注意をしないの?
───────────────────────────────────
  回答:『科学的な因果関係がない為』、関係省庁、業界団体の動きを
     見るしかない。只、香りによる事故情報については、これからも、
     国民に提供して行く。
───────────────────────────────────

 疾病の概念が・・・

 確立していなくても、実際に、化学物質により、不調を訴える人がいる以上、

 行政は何らかの対応をすべき。先ずMCSでの労災認定のハードルを下げる。

 認定された事例は幾つかあるが、滅多に無し。何より、周辺の人間の無認識。

 例えば・・・

 職場で、「煙草」「香水」「其の他の化学物質」に晒された事で、MCSを、

 発症したとしても上司や同僚に理解されず、辞めざろう得なかった人も多い。

 当然、生活は苦しくなる。だからこそ、そういう人達に出来るのが労災認定。

 認定の第一歩が・・・

 公衆衛生等「厚労省の労災認定に関わる医師」が患者を理解。医師の中にも、

 MCSを精神疾患だと決め付けて、ろくに患者の相手をしない人も存在する。

 医師の重要な役割は「苦しむ患者を助ける」事なのに。患者側に寄り添わず。

 病態や・・・

 治療法が分からないからと、行政や企業の側に立ってはいけない。MCSが、

 分からないのであれば、「医師として、目の前の患者の為に何が出来るか」。

 其れを充分に考えるべきではないでしょうか。行政や企業側の方が有利か?

 診療は3分で・・・

 手間を掛けず、「薬」をどっさり出す。其れらしい「薬」を。効くかどうか、

 余り関係無いらしい。治療法が分からないのだから、本当は「薬」等解らぬ。

 生かさぬよう、殺さぬようが「儲かる医者のやり方」か。寄り添い、面倒か。

 こういう病は・・・

 時間も掛かるし、原因を見誤ると、症状を更に悪化させる可能性も出て来る。

 恐らく、聞き取りには可成りの時間を要する。其の手間を患者の為に使う事、

 其れは難しい事。今の処、受け皿が少な過ぎる。でも、患者は苦しんでいる。

 そして・・・

 全国で唯一のMCSの専門病院が、東京の荻窪にある「そよ風クリニック」。
 
 病院のホームページはありませんのでこちらのブログを参考にされて下さい。
 https://ameblo.jp/j843yfy/entry-11252136058.html

 其れこそ、全国から患者が訪れるようです。密かに抱えている人が多い証拠。

 色々な意味で・・・

 「感受性が高い人」の住み難い世の中に成っています。我慢も程々が肝要で。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.