毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
其のイメージに引き摺られる


 暑い、暑い、言っていたのが嘘の様です。雷雨と共に、気温が急激に低下す。

 極端な天気ですなぁ〜。心を許せない友人の様。穏やかな日々は継続せぬか。

 摂り過ぎは・・・

 駄目でしょう「カフェイン」。まぁ普通は神経を興奮させる作用があるから、

 「眠気覚まし」に使ったりしているよね。でも、過剰に飲むと、眩暈や動悸、

 激しい嘔吐等の中毒症状を引き起こし、重症化すると、死に至ることもアリ。

 7月1日に・・・

 日本中毒学会(東京)が、「カフェインの過剰摂取」による中毒の調査結果を、

 発表した。2011年度からの5年間に、計101人が医療機関に搬送され、

 内3人が死亡していたことが分かった。近年、「カフェイン中毒の患者」増。

 S市にあるT救急センターでは・・・

 2011年度からの5年間で、計11人が「カフェイン中毒」で搬送された。

 死亡例はなかったそうだが、「気管内挿管」を必要とした重症例があった様。

 春先にもカフェイン飲料を1日6本以上摂取の成年男性が激しい嘔吐で受診。

 摂取後に・・・

 「カフェイン」は体内で分解され、3時間程で半減。それよりも、短時間で、

 1g以上摂取した場合、中毒になる可能性アリ。コーヒー1杯(200ml)

 これに含まれる「カフェイン」は0.12g。3時間以内に8杯で中毒可能。

 他にも・・・

 市販の眠気防止薬は1錠0.1g。眠気防止や滋養強壮用エナジードリンク、

 1本当たり0.03〜0.17g。薬局やネットで眠気防止薬を手軽に入手。

 その上、含有量が多いエナジードリンク増が、若者に中毒例が増えた要因と。

 実際に・・・

 2015年に深夜勤務に就いていた九州の20代男性がエナジードリンクと、

 眠気防止薬を一緒に飲み過ぎて、死亡する事故判明。救急医療機関38施設、

 其処に搬送された「カフェイン中毒の患者」を集計。101人中7人心停止。

 内3人が・・・

 死亡していた。心停止に至った7人は何れも数時間に6g以上摂取していた。

 97人は睡眠防止薬を服用、コーヒーやエナジードリンクと共に飲んだ人も。

 エナジードリンクだけの中毒4人。患者の中央値25歳。18歳以下16人。

 「カフェイン」は・・・

 コーヒー以外にも多くの飲食物や医薬品に含まれている為、商品の表示等を、

 良く読んで摂取量を守り、摂る間隔を空ける等の心掛け必要。カフェインは、

 摂り過ぎなければ、危険ではない。短時間に纏めて、摂取する事の無い様に。

 予防する為の5カ条・・・
───────────────────────────────────
 1.エナジードリンク等を立て続けに飲まない。
───────────────────────────────────
 2.カフェイン入りのカクテルは副作用の可能性が高い。
───────────────────────────────────
 *今も飲んでいるが、休みの日は「焼酎のコーヒー割り」を朝食時に摂る。
  此れも「カフェイン入りのカクテル」に当たるんだろうなぁ〜。でもまぁ、
  1週間で、コーヒーにして2杯分位(カフェイン換算だと約0.192g)。
  此れ位なら「副作用」も問題ないだろうさ。
───────────────────────────────────
 3.1日に摂取する適量は0.4g程度(コーヒー3杯程度)。
───────────────────────────────────
 *上記の「焼酎のコーヒー割り」含めて、コーヒーにして、4杯分位は摂る。
  1週間で、カフェイン換算だと約0.384g。1日の適量にも満たない。
  摂り過ぎではないだろう。此れからも其程、増える予定はない。
───────────────────────────────────
  もう一つ・・・
───────────────────────────────────
  コカ・コーラにも含まれている。私も週に2本程飲む。カフェインの含有
  量(100ml)は煎茶の約1/2で約0.01gにも満たない。私の場合で
  約0.05g(500ml)×2本=約0.1g。問題にならない量だろう。
───────────────────────────────────
 4.妊婦や授乳中の女性、子供は摂り過ぎに注意。
───────────────────────────────────
 5.眠気防止薬等カフェイン入り錠剤は必ず用法用量を守る。
───────────────────────────────────
 *嗜好飲料100ml当たりのカフェイン量
───────────────────────────────────
 ●コーヒー 0.06g

 ●紅茶   0.03g

 ●煎茶、ほうじ茶、ウーロン茶 0.02g

 ●エナジードリンク 0.03〜0.3g
───────────────────────────────────

 過ぎたるは猶及ばざるが如し・・・

 上記の様に、飲食物についても例外ではない。「眠気覚まし」を飲み過ぎて、

 「永遠の眠り」に着いては本末転倒どころの話で済まないだろう。中毒症状、

 そういう状態になるから、逃れられなくなっちゃうのかなぁ〜。命は大切よ。

 此れを治すには・・・

 「医者の力」が必要になるのかな。ある意味、「薬物中毒」と一緒だよねぇ。

 もしかすると、1人じゃ、抜け出せないかも。私は「医者嫌い」だけれども、

 こうなったら「藁にも縋る」の心境で、医者を頼っちゃえ。死ぬよりはマシ。

 それにしても・・・

 「エナジードリンク」の含有量って、凄いのね。1日1本で定量になる物も。

 何が「エナジー」だよ、結局は、エネルギーを消耗させるんじゃないかよ!

 ネーミングって怖いよね。其のイメージに引き摺られる。貴方も気を付けて。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.