毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
遺族が損害賠償されるケースも


 夢が実現する。良い響きである。そんな瞬間があった。一人では出来ない事。

 クラウドファンディングによる「セブンねぶた」が正しくそう。今が真盛り。
 https://camp-fire.jp/projects/view/22047

 今日も・・・

 徘徊している人、いるんだろうねぇ〜。そして、心配している家族も沢山在。

 警察庁によると、「認知症」か、その疑いなどで、昨年は全国で行方不明が、

 1万5432人。所在確認出来なかったのが191人。死亡で発見471人。

 厚労省は・・・

 2025年に、認知症の高齢者が約700万人になると推計。北海道内では、

 行方不明の届出があった308人の内、昨年中に16人の所在確認が出来ず。

 届出は13、14年が200人台で推移したが、15年には330人に増加。

 北海道警察も・・・

 行方不明になった場合には、「消防」や「タクシー」などに、情報を流して、

 地域ぐるみで捜す「SOSネットワーク」を構築している。各地では自治体

 などによる「認知症サポーター」の養成講座も。それでも昨年25人が死亡。

 その一方で・・・
───────────────────────────────────
 ●「認知症」である事を、家族が周囲に伝えない。
───────────────────────────────────
 ●「近所付き合い」が希薄である。
───────────────────────────────────
 *此れは私も同様。私は他人に絡むのも絡まれるのも嫌い。必要が無ければ、
  其れに越した事はない。無理にする事はない。けれど、「認知症」が絡ん
  だら、そうとも言っておられないのかな。何時、お世話になるやも知れぬ。
───────────────────────────────────
 ●「症状の進行」に気付かず、相談が遅れたりする。
───────────────────────────────────
 *見守っている家族としては、これ以上、酷くなって欲しくないという希望
  的観測もあり、それらが複雑に絡み合って、気付きたくない、相談も未だ
  必要がないと思い込みたい。そうした心理も遅らさせる要因だと考える。
───────────────────────────────────
 ●「地域の見守り体制」から抜け落ちている家庭も多い。
───────────────────────────────────
 *身内の恥を晒すようで躊躇っている部分もあるのでは。知られたくないと
  いう気持も。何かがあってからでは遅いのだが、強要も難しい処である。
───────────────────────────────────
 ●「相談先」が分からない。
   http://www.unlimit517.co.jp/ana73.htm
───────────────────────────────────
 S市の例では・・・
───────────────────────────────────
 行方不明となった「認知症」の女性が転んで倒れているのを、発見されたが、

 1週間後には亡くなってしまった。遺族は「認知症の進行が早く、どうして

 いいか分からなかった」と、女性の長男は悔しさをにじませて、語っていた。
───────────────────────────────────
 この女性の発見の経緯は・・・
───────────────────────────────────
 1.早朝、頭から血を流して倒れている女性を、散歩中の男性が発見。
───────────────────────────────────
 2.病院へ救急搬送されるが、1週間後に亡くなる。
───────────────────────────────────
 3.女性は、深夜に自宅を出て、周辺を歩き回る内に、転んで頭を打った。
───────────────────────────────────
 4.女性は、長男と長女の3人暮らし。
───────────────────────────────────
 5.3年前に、頭の動脈瘤の手術をしてから、「認知症」が進んだ。
───────────────────────────────────
 6.そして、昨年頃から、「徘徊の症状」が出始めた。
───────────────────────────────────
 7.無理に連れ戻すと怒り出す上、必ず、帰宅して来た為、静観。
───────────────────────────────────
 8.最近になって、「急速に症状が悪化」。
───────────────────────────────────
 9.医師らに相談して、入所施設を探している最中だった。
───────────────────────────────────

 色々と事情は・・・

 あるだろうが、「最悪の事態」だけは避けて欲しい。事故等で亡くなる方が、

 公共交通機関に迷惑を掛け、遺族が損害賠償されるケースも。事件にだって、

 巻き込まれる可能性も考えられる。身内を危険に曝す位なら、その前に相談。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.