毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「酢」には効能が多いから利便


 もう最低気温一桁が普通になって来た。10月末になれば、「初雪」便りも。

 段々、暖かくなって行く時期は心も明るくなるが、逆は、心細くなって行く。

 上手く使うべきなんだね・・・

 「酢」を。何故「酢」に漬けると長持ちするのか?「酢」が腐敗を招く細菌、

 カビ等の繁殖を抑えるから。代表的なのは「ピクルス」。「酢」を沢山使う

 寿司も、元々は保存食として用いる為に「酢」を加えた。「酢」=「酸性」。

 「酸性」の溶液の中では・・・

 「タンパク質」が変性する。食べ物を「酢」に漬けると、「柔らかくなる」

 「色が変わる」。これは「食べ物のタンパク質が変性」してしまった結果と。

 「タンパク質の変性」は一度起こると元には戻らず。故に、色も、戻らない。

 これを利用して・・・

 「細菌」や「カビ」も其の体の中に「タンパク質」を持っている。これらが、

 「酢」によって、変性してしまい元に戻らないので、生命が維持出来ず死滅。

 強力な殺菌作用から寿司屋では俎板、包丁、付け台等を「酢」で拭いている。

 詰まり・・・

 そうする事で「細菌」が付く事を防いでいる。寿司屋で「酢」の匂いが充満。

 この原因が「酢飯」だけじゃない事が分かる。夏は食べ物が腐りやすくなる。

 当然、「食中毒」の可能性が高まります。これらを防ぐ為にも「酢」の活用。

 例えば「防腐効果」を期待して・・・
───────────────────────────────────
 ●食器やお弁当箱を「酢」で拭く。
───────────────────────────────────
 ●おにぎりを握る時に手水に「酢」を混ぜる。
───────────────────────────────────
 ●「酢」は口に入っても問題ないので安心。
───────────────────────────────────
 ●「防腐効果」は分からないが、ここ数年、「醤油」じゃなくて、

  「ポン酢」を使うようになった。「醤油」のエグさが耐えられなくなった。

  味の「緩衝役」としても「酢」は使えるのではないか。食欲増進にも。
───────────────────────────────────

 其れと・・・

 都市伝説のように信じられている「酢で身体が柔らかくなる」。結論からは、
 http://www.unlimit517.co.jp/ana17.htm

 「科学的根拠無し」。だが、少なくとも、異常摂取しない限り、身体に良い。

 良く考えると、もし、「柔らかくなった」のならタンパク質が変性している。

 そして・・・

 前出の如く、元には戻らないので、タンパク質が変性して、柔らかくなった。

 そんな事があれば、どんどん変性して、身体が使い物にならなくなるだろう。

 故に、身体が柔らかくなる訳が無い。でも、「酢」には効能が多いから利便。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.