毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
心が優しい人は折れやすいんだからね


 札幌はもう銀世界です。千歳は−10度近くになり、寒いですが雪殆ど無し。

 究極の選択として、「雪」か「寒」か。労力から考えると「寒」かなぁ〜と。

 職員の「心のケア」は・・・

 H道K市の障碍者通所、入所施設「Kリハビリセンター」である事件が起る。

 内容は、介護を担当する20代女性が、入所している70代の女性に対して、

 他人に処方されていた「抗精神病薬」を飲ませていた事が発覚してしまった。

 I振興局は・・・

 「虐待」と判断し「障害者総合支援法」に基づき、改善を求める勧告を行う。

 この「勧告」は4段階ある「行政指導・処分」の中では2番目に軽い。発端、

 この女性職員は入所女性が大声を出した為、他人に処方の「抗精神病薬」与。

 薬名は・・・

 「リスペリドン内服液(0.5ml)」。これを1本飲ませ、うとうと状態に。
  http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1179038S1072_1_16/

 薬は職員の詰め所に保管され、誰でも持ち出せる状態。女性はここ1、2年、

 頻繁に「大声」を出していたそう。施設の聞き取りに対し、職員はこう返答。

 昨年も1回・・・

 他人の「抗精神病薬」を飲ませていた。「他の入所者からの苦情もあった為、

 静かにしてもらいたかった」との事。この職員は既に自主退職しているそう。

 Kリハビリセンターは勧告に対して、1ヶ月内に「改善策」を文書で要提出。

 一方・・・

 件の入所女性は既に死亡。だが「投薬」との因果関係は無い。言い切れるか、

 其れは定かではない。女性職員がした事は許されることではない。けれども、

 彼女の心は「介護」されていたのか?此れからは「介護者の心の介護」肝要。

 我々みたいな「傍観者」が・・・

 考えるよりも、「介護者」の心はズッと疲れているのではないか。それらを、

 管理者は、本当にサポート出来ているのか。些か、疑問である。彼女の事を、

 完全に擁護する気はないけれど、高くない給料の中でそれらは癒やされない。

 例え・・・

 どんなに給料が高くても、癒やされないだろう。其程、疲弊しているように、

 私は想像する。現場で「心のケア」が出来ないのならば、介護施設には必ず

 「カウンセラー」の道筋を用意しておく。職員が利用しやすい環境を整える。

 其れじゃないと・・・

 やってられないよって人、多いと思うよ。職業なんだから、ボランティア×。

 心が優しい人は、反面、折れやすいんだからね。でも、介護の現場には必要。

 現場には従事する前より「想像を大幅に超えた事」が待ち構えているんだよ。

 一筋縄では・・・

 行かない事が毎日、毎日、続く。私には耐える自信がない。相手が肉親でも。

 其れが他人。そういう環境で激務に臨む。犯罪を犯させない様にする準備を。

 そうじゃないと「介護」は仕事として避けられる。そうなるとどんどん低質。

 益々・・・

 「犯罪紛い」増えるかも。そうさせない為に、今の内に「職員の心のケア」。

 やっているというかも知れぬが「行き届いていない」のでは。もっともっと、

 必要だよ。他人の「介護」には頭が下がる思いです。どうか心が折れない様。


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.