毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
其れは仕様が無い。食を明らめる所存


 雪が降ると、撥ねるのは面倒ですが、周辺は「明るく」なります。白いから。

 雪が降らないと、周辺は「黒く」なる感じです。故に、程々に降って下さい。

 食べ物まで・・・

 「高齢化」させてはいけない様。只、どうしても「糖尿病」「高血圧」など、

 生活習慣病を恐れる傾向がある。だから「肉や脂は駄目」「粗食が良い」と、

 考えてしまうようだ。しかし、栄養が足りないと徐々に体は、弱ってしまう。

 特に・・・

 「認知機能」が低下する可能性有。だが「70〜75歳以降は食べたい物を

 我慢せずに食べる方が良い」。言わば、食習慣の「ギアチェンジ」が必要と。

 私は未だ50代半ばだが、6日に一度位は「ラム肉、豚肉」をガッツリ食す。

 処で「低栄養」とは・・・
───────────────────────────────────
 ●健康的に暮らす為に必要な栄養素が不十分な状態。

 ●特に、エネルギーや蛋白質が不足している状態。

 ●体格指数(BMI値)が18.5未満
───────────────────────────────────
 *BMI値=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
───────────────────────────────────
 ●血液中の蛋白質「アルブミン」の値が1dl中3.5g以下

 ●半年間で10%以上の体重の減少
───────────────────────────────────
 「低栄養」状態になると・・・
───────────────────────────────────
 ■免疫力が低下して、感染症に罹り易くなる。

 ■エネルギー不足を補う為に、体が筋肉に蓄えてある蛋白質や内臓を作る
  蛋白質を分解して、エネルギーに変える=内臓蛋白減少=多臓器不全(死)
───────────────────────────────────
 厚労省「国民健康・栄養調査(16年)」によると・・・
───────────────────────────────────
 ◆低栄養傾向の高齢者の割合 17.9%(6人に1人)

 ◆認知症や身体的疾患(原因)

 ◆薬の影響や入れ歯の不具合で食欲が落ちる。

 ◆生活習慣病の予防の為、食べ過ぎを防ごうとする「自制心」(原因)

 ◆「ステーキで健康長寿を」=シニア向け優待サービス
   http://xn--xck7b3d3c029uu3p.com/?p=1413
───────────────────────────────────

 厚労省の・・・

 「日本人の食事摂取基準2015」によると、70〜75歳に必要な1日の

 エネルギー量は、男性2200kカロリー、女性1750kカロリーである。

 必要な蛋白質は、男性60g、女性50g。この必要量は20代とほぼ同じ。

 蛋白質60g・・・
───────────────────────────────────
 ●卵なら10個分

 ●サーロインステーキなら約350g

 ●鮭の切り身なら4切れ程度(約300g)

 ●蛋白質を適量摂取する1日の献立例
───────────────────────────────────
 *主食(御飯120gを3食)+野菜350g=蛋白質12g

 *肉類70g=蛋白質14g

 *魚1切れ=蛋白質14g

 *卵1個=蛋白質6g

 *納豆40g=蛋白質6.7g

 *牛乳200ml=蛋白質6.8g
───────────────────────────────────
 **総計=蛋白質59.5g
───────────────────────────────────

 まぁ・・・

 数字を羅列しましたが、余り「数字」には、拘らない方が良いと思いますよ。

 要はある程度の年齢になっても「蛋白質」は充分に補給すべきという事です。

 「ある程度の年齢」=「粗食」という考え方も極端過ぎるという事だと思う。

 食事は・・・

 「楽しむべき」と私は考えます。其れが「忍耐」になっては食に申し訳ない。

 人生の「楽しみ」を自分から放棄する様なものです。「魚類」が嫌いならば、

 「肉類」等で「蛋白質」を摂れば良い。固定観念が、食から楽しみを奪うと。

 幾ら・・・

 良質なものであろうとも「忍耐」を伴った食べ方だと生きる糧とはならない。

 生きる糧となってこそ「栄養」ともなるのだと思う。私は死ぬまで食を満喫。

 多少「栄養」が偏り、死に至っても、其れは仕様が無い。食を明らめる所存。


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.