毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
自分の体に関わる事は空気を読むな


 一気に「真冬モード」に入りました。「二桁の−気温」に「真冬日」が連続。

 けれど、此れだけ気温が下がると、逆に体がピシッとして来ます。こころも。

 思い出すなぁ・・・

 一番最初に入った会社の「飲み会」。今は大勢で行くのは勘弁して欲しいが、

 20代前半の若かりし頃は何となくウキウキ楽しかった想いがある。自分で

 お金を出さずに、先輩や上司にも奢って貰ったしね。若い頃は「只酒」上等。

 その後・・・

 後輩などと行く様にもなった。独りでも良く飲みに出ていた私は手持ちが少。

 良く連れ立っていた後輩のKには「Tさんと飲みに行く時は二人分必要」と

 言われていた。まぁ、其れを恥だと思わなかったのは私自身も若かったから。

 其れと・・・

 宴会などに付き物なのは「乾杯」である。しかし、お偉方の挨拶が長過ぎて、

 嫌になる事がしばしばあった。「早くビールが飲みたいぜ。喉を潤したいよ」

 「乾杯」の意味は、字の通りで「杯を空にして、乾かす」。だから、一気に。

 そういう人が多いから・・・

 飲み干してしまう。其処まで行かなくても、かなりの量が五臓六腑に染渡る。

 私などはそうだったが、空きっ腹に一気にアルコールを注入するから負担大。

 顔が直ぐに赤くなってしまっていた。基本的に、私はアルコールに弱い体質。

 だから・・・

 私は前出のKに良く言われていた「ウィスキーの様にビールを飲んでいた」様

 詰まり、一気にアルコールが胃の粘膜から急速に吸収される事を防いでいた。

 無意識にやっていたとは言え、其れはアルコールに弱い人には良い飲み方と。

 何故なら・・・

 血液中のアルコール濃度が急速に上がるから=「顔が赤くなる」。チビチビ

 飲めば、赤くなるのが少し遅く出来る。其の間に、食事を上手く挟みながら、

 胃の粘膜を守った上で、飲酒して行く方が体に掛かる負担を少し抑えられる。

 酔いが先に回ると・・・

 胃の運動が抑えられてしまうので食べ物の消化が余り進まず、宴会の後半に

 胃が食べ物を受け付けなくなり、ムカムカした不快感が先立つ。それら等を、

 防ぐ為であった「ウィスキーの様にビールを飲む」方法は、理に叶っていた。

 こういう事は・・・

 「空気を読まなくて」良いんじゃないかな。自分の体に関わる事だからねぇ。

 こんな事で「空気を読んでいたら」、命が幾つあっても足りないよ。身の程。

 今、一気を強要したら完全に「パワハラ」になる。上司や先輩の方も配慮を。

 其れから・・・

 酒宴での「愚痴」は、酒の神様にも、アルコールの分解にも、食事の味にも、

 失礼であるから、絶対に止める事。たまたま「愚痴」を辞書で引いてみたら、
 
 「言っても仕方のない事を言って嘆く事」だって。詰まり、時間の無駄だと。

 其れらを・・・

 吐く事によって、全部が打ち壊しになってしまう。吐いた(愚痴を)ヤツには、

 全部の勘定を「アプリ」で支払ってもらいたいね。そうすれば、支払いが楽。

 世の中で一番「空気を読んでいないヤツ」=「愚痴」を吐くヤツだと思うよ。

 この時期・・・

 宴会も多いけど「腹」と「肝臓」も身の内。まぁ、俺が言えた柄ではないが。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.