毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
問題を無視するのも「貴方の人生」か


 今年も「雪が少ないなぁ〜」と思っていた矢先、新千歳Aは雪に見舞われる。

 帰省出来ない人間を空港フロアーが飲み込んでいた。だが、天候には抗えぬ。

 身を持って知っていた・・・

 今から10年以上前、私は「肥満」であった。否、8歳頃から40歳半ば迄、

 「肥満」を引っ張っていた。だから、「肥満」「高血糖」「糖尿病」などが、

 運動不足の影響ばかりでなく、体を支える筋肉(骨格筋)が弱る傾向ある事知。

 何故なら・・・

 其の傾向の影響として「基礎代謝」が減ってしまう。そして、又「肥満」が

 引き続いてしまう。詰まり、筋肉量が減ると「基礎代謝」が減るということ。

 逆に言うと、筋肉量を増やすと「基礎代謝」も増え、体重もコントロール可。

 筋肉というのは・・・

 血液から糖を取り込み、それを消費する働きを持っている。故に、筋肉量が

 減ると、血糖値が下がり難くなる悪影響が出て来る。其れらを防ぐためには、

 運動等をして、筋肉量を増やし、「基礎代謝」を増やす事で血糖値を抑える。

 こういう研究が発表された・・・
───────────────────────────────────
 ■国立病院機構京都医療センター 浅原哲子研究部長

 ■健康科学大 田中将志講師(京都医療センター客員教授ら
───────────────────────────────────
 ●高血糖で血糖値を抑えるホルモン「インスリン」が増えた人
───────────────────────────────────
                    ↓
───────────────────────────────────
 ●骨格筋で作られて、筋肉の増加を抑えるホルモン「ミオスタチン」増加
───────────────────────────────────
                 ↓
───────────────────────────────────
             ◆筋肉が減る可能性アリ
───────────────────────────────────
 ●京都医療センター「肥満・メタボリックシンドローム外来」を

  受診した「体格指数(BMI)25」を超える外来患者74人
───────────────────────────────────
                 ↓
───────────────────────────────────
 ●「身体測定」と「詳細な血液検査」を実施 → 関連を調べる。
───────────────────────────────────
                 ↓
───────────────────────────────────
 ●「ミオスタチン」は「骨格筋量」が多いほど増える → 男性の方が多い
───────────────────────────────────
                 ↓
───────────────────────────────────
            ●その影響を除いて分析
───────────────────────────────────
                 ↓
───────────────────────────────────
        ●「骨格筋量」が多いか少ないかに関わらず
───────────────────────────────────
                 ↓
───────────────────────────────────
    ◆「インスリン」が多いほど=「ミオスタチン」も多い
───────────────────────────────────
───────────────────────────────────
 ■今回の研究で発見されたもの
───────────────────────────────────
  ●「インスリン」と「ミオスタチン」の関係
───────────────────────────────────
          ↓
───────────────────────────────────
  ◆高血糖になって、血中の「インスリン」が増える。
───────────────────────────────────
                 ↓
───────────────────────────────────
          ◆「ミオスタチン」も増加する。
───────────────────────────────────
                 ↓
───────────────────────────────────
             ◆骨格筋の減少を招く。
───────────────────────────────────
                 ↓
───────────────────────────────────
           ◆「運動量」や「糖の代謝の低下」を経て
───────────────────────────────────
                 ↓
───────────────────────────────────
          ◆「生活習慣病」に進展する可能性アリ
───────────────────────────────────

 この経路を・・・

 解明すれば、「肥満」や「糖尿病」による「筋肉量低下の程度」を予測する。

 其の上「新たな治療法」を開発したりする手掛かりになり得るかも知れない。

 だが、この治療法が確立される迄には、かなりの年数が掛かる。其れ迄は?

 出来る事がある・・・

 「痩せる事」。私も太っている時は「大した問題」でないと高を括っていた。

 しかし、実際に痩せてみると「太っている事の弊害」が認識出来た。矢張り、

 「大した問題」だったのである。肥満は肥満を生み、其の上、生活習慣病も。

 言わば・・・

 身体の回転を「逆」にする事。故に悪い方向に行ってしまう。何とか自分で、

 正しい方向に導くのならば、直ぐに始めないと遅い。齢を取れば取るほどに、

 元に戻り難くなる。もし、今、開き直ったら、貴方は「健康寿命」を失うか。

 脅しではない・・・

 でも、まぁ、問題を無視するのも「貴方の人生」か。後は、御自分で判断を。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.