毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
己の信ずる道を征け。医者より私は自分を信じる


 「日の出」が早くなって来ると身体が起きるのも早くなる。気分も良いなぁ。

 そして、何処かに行きたい気分にもなる。冬は心も身体もある緊張感を包含。

 そういう仕事なんだよなぁ・・・

 「座る時間が長い」。夜勤の場合は日勤の時よりは短い。其れでも8時間位。

 最近、この「着座時間の長さ」が問題になっているらしい。詰まり、これで、

 「健康面」まで影響を及ぼすという。癌、糖尿病、高血圧に繋がる可能性高。

 確かに・・・

 座っている間は、足の筋肉に力が殆ど入らず、ほぼ休んでいる状態に。故に、

 其の分、エネルギーの消費をしないので、肥満になりやすく、上記のような

 「生活習慣病」に至り易いと推測される。私の「高血圧」も此処から来たか。

 更に・・・

 最新研究では、長時間座っている人は「脳の記憶に関わる領域」が薄くなる

 傾向があり、『認知症』になる危険性が高いという報告アリ。其の上、この

 着座時間が長い人は、強い運動をしても、『認知症』のリスクは下がらない。

 どういう意味かというと・・・

 座り過ぎは、運動不足が問題なのではなく、長時間座っている事自体が脳に

 悪影響を及ぼしているという事です。詳細は未だ分かっていないそうですが。

 但し、漫然と椅子に座り、仕事を続けるのはリスク高し。何らかの方策必要。

 一つの方策として・・・

 オーストラリアなどでは、オフィスから椅子を撤去して、立ちながら仕事を

 する会社が増えているそう。確かに、立っていると座っているよりは、頭が

 スッキリとする感じはします。でも、何となく「落ち着かない」感じもする。

 恐らく・・・

 長時間の着座は「肺塞栓症(エコノミー症候群)」を引き起こし易くなるかも。

 血流は悪くなるもんなぁ〜。だから、私の場合は時々立って、床拭きをする。

 気を紛らわせるに過ぎないけど。まぁ、部屋を綺麗にするのは実益にもなる。

 其れと・・・

 寝ている時「こむら返り」をよく起こす。此れも「着座時間」に関わるのか。

 この前などは「太腿全体が痺れ」を起こした。何だか、此れも関連する気が。

 その後は起きていないがな。今の仕事を続ける限り「着座は必須条件」だと。

 故に・・・

 条件(長時間着座)を吟味して、対処して行くしか無い。自家用車がない私は、

 出来るだけ「歩く」様にしている。以前、計算したら1ヶ月に150km位、

 歩いている。今も其れは継続中。自転車も買わない。歩くのが一番と考える。

 其れで・・・

 「着座時間の長さ」をカバー出来るとは思わないが、良い方向に進めている。

 それぞれがそれぞれで「出来る事をする」のが肝要。絶望は愚か者の結論と。

 其程、恐れを抱く事無く、己の信ずる道を征け。医者より私は自分を信じる。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.