毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
腹に抱える「無限過敏装置」の恐怖


 人間、不思議なもので、段々「暖かくなって行く時期」には心も明るくなる。

 逆に、段々「寒くなって行く時期」には心が暗くなる。気の持ち様なのだが。

 私は・・・

 高校2年生の時「コレ」に悩まされていた。何故か?其の原因は「一軒家」。

 そのせいで「通学時間」が3倍位になった。確かに、元々「腸」は弱い体質。

 直ぐに「下痢便」を構成した。30分なら何とか保てたが、90分では無理。

 其れは・・・

 通学途中に起こる「突然の便意」。そんな症状を抱え、脂汗を流しながらも、
 http://www.unlimit517.co.jp/ana413.html

 我慢する。その「便意」を押し留めるのは至難の業である。しかも、運任せ。

 汚い話だが、我慢し切れずに、トイレの手前で漏らした事も、数々存在する。

 その後始末は・・・

 考えている以上に大変な作業である。しかも、その当時、札幌の地下鉄駅の

 トイレには「ペーパー」が備え付けられていなかった。入り口付近の自販で

 40円(当時)を出して買ってから、やっと便器と格闘。其れで間に合わずも。

 通学の間・・・

 ずっと「恐怖」を抱えていた気がする。自宅も遠くなり、友人達とも疎遠で、

 余り、楽しい日々を送れなかった。私の持論は無理に「マイホーム」に固執

 するな。そして、目的地から余り遠くに建てるな。夢が逆に家族の心を分断。

 その上・・・

 身体にも負担を掛ける。私は、マンションでもアパートでも賃貸の時の方が、

 楽しく生きられていた感じがする。その予感は「自宅ガス爆発。両親死亡す」
 http://www.unlimit517.co.jp/gnews265.htm

 という最悪の事実に結集する。一瞬にして、建ててから約20年の自宅消滅。

 両親までも・・・

 私は失った。家を建てるという事は、其れまでの「運」も変えてしまう大事。

 私の人生はこの瞬間から大きく変貌する。少し、話題からずれているなぁ〜。

 「腸の調子」だけじゃなく、私は「自宅」とも相性悪く、好きではなかった。

 本居「突然の便意」からの脱却は・・・
───────────────────────────────────
       ●「排便の仕組み」をしっかり理解する事
───────────────────────────────────
                ↓空の胃に食べ物が入ると
───────────────────────────────────
       ●「大蠕動」と呼ばれる大腸の収縮運動が始まる。
───────────────────────────────────
                ↓その後
───────────────────────────────────
       ●大便が移動して、肛門手前の直腸を刺激する。
───────────────────────────────────
                ↓最後に
───────────────────────────────────
           ●脳に伝わり「便意」を催す。
───────────────────────────────────
 「対策」としては・・・
───────────────────────────────────
  ■「大蠕動」は朝食後に起き易く、
    
    朝の移動時に「便意」が来易い場合は『学校や会社に着いて食べる』
───────────────────────────────────
  ■早めに、自宅を出発し、「トイレ」に寄る時間的な余裕を確保する。
───────────────────────────────────
  ■冷房で身体が冷えて、「便意」を催す人には「タオル」が有効。

   ふかふかした手触りの「タオル」を携行、服の上からでもお腹を温める。

   詰まり、少しでも「便意を緩和」し、肉体と精神を整えるという事。
───────────────────────────────────
  ■「排便日誌」をつける事で原因を探る。
───────────────────────────────────
  *「食事の内容」と「大便の形状」をデータ化
───────────────────────────────────
          ↓
───────────────────────────────────
  *「どんなものを食べたら下痢になりやすいか」を把握。治療の参考にも。
───────────────────────────────────
          ↓
───────────────────────────────────
  *「排便日誌」は様々な団体が作成したものがネット上に公開されている。
    http://www.jspghan.org/constipation/files/checksheet.pdf
───────────────────────────────────
  ■「排便」をコントロールしようと思ったら、日常生活を見直す。
───────────────────────────────────
  *成人をした今は原因は判っている。「アルコール類の過剰摂取」。
   原因が判っているのに「止められない→下痢症状」呈す。馬鹿ですよ。
───────────────────────────────────
  ■「他の病気のサイン」かも知れない。1週間続く=「食中毒」ではない。
───────────────────────────────────

 勝手な想像だが・・・

 結構、悩んでいる方は多いのではないか。この大きな「恐怖」が「ストレス」

 そして、「ストレス」が再び「この恐怖」を引き起こす。無限ループ様だと。

 今は職場まで「徒歩5分」。この安心感は何にも増して、代えがたいものだ。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.