毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「家庭内距離」が蔑ろにされる現状


 「コロナ撲滅」から「コロナ共存」へ。幾ら、嫌な奴でも受け入れが必要に。

 そんな状況に成りつつある。経済を模索しながら、暫くは我慢が続くだろう。

 だからこそ・・・

 「感染予防」の為には人から「適切な距離」を取って離れる事が肝要。当初、

 WHOは「社会的距離の確保(ソーシャル・ディスタンシング)」と説明する。

 最近は「身体的距離の確保(フィジカル・ディスタンシング)」と呼ぶ事提唱。

 離れるのは・・・

 あくまでも「物理的な距離」だけで人と人の繋がりは保って欲しいとの考え。

 WHOも「大切な人や家族との交流を絶たなければ行けないということでは

 無い。技術の進歩により、同じ部屋にいなくても繋がる事は可能」と訴える。

 「身体的距離」との表現は・・・

 国際的にも、カナダ、ニュージーランド、欧州連合などが説明文書に採用す。

 日本政府の専門会議でも「4月22日の提言」に盛り込まれた。但し、国で

 呼び掛けている「距離」が若干違っている。違いは科学的な根拠に因るのか。
───────────────────────────────────
 ●日本            2m

 ●世界保健機関(WHO)    1m

 ●オランダ          1.5m

 ●米疾病対策センター(CDC) 2m

 ●カナダ           2m
───────────────────────────────────

 私はずっと・・・

 「社会的距離(身体的距離)」が言われだした頃から、もう一つの「距離」が

 気に掛かっていた==「家庭内距離(ドメスティック・ディスタンシング)」

 である。家族との暖かい交流は蔑ろに出来ないが「家庭内感染」は重大問題。

 其れなのに・・・

 余り、話題に出て来ない。それどころか、マスコミでは「親子の至近距離の

 面白動画」なども取り上げている。私は思わず「オヤジの飛沫が子供に飛ぶ」

 と叫んでいる。動画自体は仄々とした良い物であるが、「感染リスク」高し。
───────────────────────────────────
 *このオヤジは自分は「無感染者」として、子供に接しているのだろうね。
  だから、こんな事が出来る。「面白」>「感染リスク」という順位だね。
  こういう何気ない行為が子供や妻等に「感染」させる。悪気はないのだが
  結果として「感染」を招いている。「喜劇」を「悲劇」に変えてしまうと。
───────────────────────────────────

 何時もは・・・

 煩くウザイ「コメンテーター」共も何も言わない。政府には何でもかんでも

 「おかしい」「変だ」の連呼なのに。もしかすると、科学的な根拠はないが、

 「赤の他人」より「家族」の方が「感染しやすい」何て事があるかも知れぬ。

 だから・・・

 より気を付けなければならない筈なのに「社会的距離」と比べて意識が薄い。

 親がもう少し「子供」に配慮しなければ駄目。WHOが言う「技術の進歩によ

 り同じ部屋にいなくても繋がる事は可能」は「家庭」にも当て嵌まるのでは。

 段々と・・・

 「家庭内感染」が増えている今だからこそ、マスコミはもう少し喧伝すべき。

 「家庭内」でも「リモート」が可能な部分はある筈。「コロナ離婚」も問題、

 しかし、「夫婦の会話が増えた」も問題。一見、良さそうだが「距離」は?

 其程・・・

 細かい処迄、気にしなければならないのが「新型コロナウィルス」の厄介処。

 恐らく「至近距離」じゃなければ「会話」は成り立たない。夫婦だから家族

 だから、其れ等は「許される」?繋がるなら「他の方策」も考えるべきだよ。

 生き難い・・・

 其れは間違いない。だからこそ、こういう時だからこそ「知恵」を絞るべき。

 別の意味の「家族の結束」。今回の件では、家族にも「適度な距離」が必要

 という事が判明した。近付き過ぎるとお互いに息苦しくなる。行き場所必要。

 其れ等が・・・

 「職場」であり、「学校」だった。此れ等に行く事が「適度な距離」だった。

 「学校」の「給食」にも可成りの意味があった。其れ等に気が付かされたと。

 通常時だって、親子だろうが夫婦だろうが、恋人同士、友達同士も距離必要。

 今こそ・・・

 「家庭内距離(ドメスティック・ディスタンシング)」の大切さを訴えるべき。

 家族を持たない私だからこそ「客観的に判断出来る」。家族からは感染者を

 出したくない筈。故に「距離を取る」事で家族を守る。家族団欒は待つべし。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.