毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「PCR検査の手順」とは?


 「新型コロナ」のパンデミックが起こって、初めて、日本はIT後進国判明。

 「マイナンバーカード」も普及していないし、情報を未だにFAXで送受信。

 そんな中で・・・

 日本国は「死者数」は抑えている。「感染者数」は正直、分からない感じと。

 何故なら、判定する「PCR検査」の数が少ない。専門家にも色々な意見が

 あるけど、世間やマスコミ、諸外国に言われるまでもなく、絶対数は少ない。
───────────────────────────────────
 *PCR=Polymerase Chain Reaction(ポリメラーゼ連鎖反応)
      http://www.unlimit517.co.jp/url/file/612-1.html
───────────────────────────────────

 けれど・・・

 「PCRの検査体制」が構築されていなかった日本では今様な次第に増やす

 やり方しか無かったかも知れない。それで何とか「大規模な医療崩壊」等も、

 防ぐ事が出来た様。今後は「無症状者」も含めて、増やし、経済活動を営む。

 此処で「PCR検査の手順(一例)」とは・・・
───────────────────────────────────
 1.約50cm四方のプラスチック製クーラーボックス。中には「新型コロ
   ナウィルス」感染の疑いがある人から採取した検体入り容器数10本。
───────────────────────────────────
 臨床検査技師は・・・
───────────────────────────────────
 2.受け取ったボックスをその場でアルコール消毒 → 細菌検査室
───────────────────────────────────
 3.検体は「鼻」や「喉」の粘膜から採取、容器中の溶液に溶け出している。
───────────────────────────────────
 4.溶液を容器から試験管1本1本に慎重に移す。
───────────────────────────────────
 5.試験管を「遠心分離器」にかけ、ウィルスの設計図、遺伝子を抽出。
───────────────────────────────────
 *臨床検査技師はゴーグル、医療用N95マスク、全身防護服の完全防備。
───────────────────────────────────
 6.ウィルスが拡散しないよう内部の圧力を下げた約2平方メートルの
   透明な箱に手を入れ、抽出した遺伝子入りの試験管を慎重に並べる。
───────────────────────────────────
 *「遺伝子抽出」は最も手間が掛かり、「汚染」も起き易い工程。
───────────────────────────────────
 7.「抽出した遺伝子溶液」と調合したての試薬を電動ピペットで検査プレ
   −トの穴に落として行く。穴は96個。1個の直径は2mm。
───────────────────────────────────
 *垂らす穴を間違えたり、飛び散ったりすれば、別の人の検体と混ざり、
  「誤判定」に繋がる。息を止め、窮屈な防護服の腕を慎重に動かす必要有。
  汗も検体に混じる可能性がある為、注意が必要。
───────────────────────────────────
 検体の搬入からおよそ4時間後・・・
───────────────────────────────────
 8.漸く出来上がった「プレート」を専用装置「サーマルサイクラー」に
   入れる。加熱と冷却を約30回繰り返して、ウィルスの遺伝子を何度も
   複製し、増やして行く。
───────────────────────────────────
 *微量の検体からでもウィルスを検出出来るのが「PCRの特徴」
───────────────────────────────────
 9.「ウィルスの遺伝子」は増える際に試薬に反応して光を発し、光が一定
   量あれば「陽性」、光らなければ「陰性」。
───────────────────────────────────
 *試薬の投入一つとっても、検体にまんべんなくかける技術はミリ単位級。
  普段から「感染力の高いウィルス」の検査に携わる臨床検査技師力が必要。
───────────────────────────────────
 結.1時間後、パソコンの画面に検査結果が出される。プレートの穴を模し
   た横長のマスが「陽性=緑色」「陰性=赤色」
───────────────────────────────────
「再陽性」の問題・・・
───────────────────────────────────
 ●ウィルスが消滅後に再び感染した。
───────────────────────────────────
 *「再感染」を否定する専門家多い。今の処「再感染」するかは不明。
───────────────────────────────────
 ●少なくなっていたウィルスが増えた(再燃)。
───────────────────────────────────
 *「急性感染症」は治ったら、それで終わりというのが一般的な考え方。
  「新型コロナ」について「再燃」を支持する証拠は無い。検証が必要。
───────────────────────────────────
 ●検査の不確実さ
───────────────────────────────────
 *感染している人を「PCR検査」で正しく「陽性」と判定出来る可能性
  (感度)は70%程度。感染者が10人いれば、3人は本来「陽性」なのに
  「陰性」と判定される「偽陰性」
───────────────────────────────────
 *感染から時間が経つと、ウィルスは「喉の奥」から減り、「肺」に。
───────────────────────────────────
 *「採取したサンプル」にウィルスが含まれるかどうかはバラつき有。
───────────────────────────────────
 *検体は基本的には「鼻」や「喉」の奥の粘液を採取。ウィルスの存在する
  部分を的確に取れるかは「採取者の技量」による。
───────────────────────────────────
 *検査ではある量より少ないウィルスは検出出来ず「陰性」=『検出限界』
───────────────────────────────────
 *最初の「陽性」判定から「再陽性」まで平均30日。ウィルス量が減って
  いるため、感染させる力は高くないとされている。
───────────────────────────────────
 そういう事情もあり・・・
───────────────────────────────────
 厚労省は6月2日より「PCR検査」の検体に「唾液」を使うことを認めた。
───────────────────────────────────
 *公的医療保険の適用対象
───────────────────────────────────
「唾液」を使う利点は・・・
───────────────────────────────────
 ■医療従事者の「感染リスク」が少ない。
 
 ■「唾液」は患者が容器に自分で入れる事が出来る為、
  医療従事者は「ガウン」と「フェースシールド」がなくても検査出来る。
───────────────────────────────────
 *全国的に「感染防護服」は不足。「ガウン」と「フェースシールド」も。
───────────────────────────────────
 *「唾液」を使った「PCR検査」は北大病院の豊嶋血液内科教授
  の先行研究で注目された。厚労省の研究事業で88検体を調べた処、
  発症から9日目までは鼻の奥の粘液を検査した際とほぼ同様の結果。
───────────────────────────────────
              ↓
───────────────────────────────────
     症状が出てから「9日以内」の人を対象に
───────────────────────────────────

 今後は・・・

 医療従事者の負担も考え「唾液PCR検査」の適用範囲など拡充を望みたい。

 検体採取の方法、場所も「ドライブスルー型」や「小BOX型」など色々と

 工夫が可能である。医療従事者や検体提供者の利便性も考慮に入れて欲しい。

 そして・・・

 此れを機会に「感染症対策のシステム」を構築すべき。そして、緊急時には

 直ぐに陣頭指揮を取れる「日本版疾病対策センター」を作り、センター長が

 大臣を兼ね、直接的に指示を出せるようにする。超水際で迅速な対応が可能。

 その他の政府(首相)は・・・

 国民の生活を守るための「施策」に奔走し、迅速な「手当て(お金含め)」を

 実行して欲しい。その為に「マイナンバーカード」を普及させ、健康保険や

 振込口座などとの「紐付け」を素早く行う。役所仕事にもIT技術を活かす。

 詰まり・・・

 「IT後進国」から脱却する事も「感染症対策」には必要という事。国民に

 こういう「緊急時」、余り負担を掛けては行けない。一刻も早く、経済活動

 を再開させ、「with〜(疾病名)」で暮らしていける体制を素早く整える。

 要するに・・・

 「餅は餅屋」に任せるという事。「感染症対策」には「感染症の専門家」に。

 「IT技術対策」には「ITの専門家」に。決して、丸投げするという事で

 無く、民間も公共機関も含め、「挙国一致」で行う。取り纏めるのが政府と。

 今回・・・

 「水際対策」が上手く行った『台湾』を見ていると、まさしく、そう思える。

 だから、今回、入手困難になった「マスク」「消毒用品」「医療用具」等は

 政府の「買い上げ」にして、国民に広く行き渡る様にする。禍転じて福とす。

 第二波、第三波の到来も含め・・・

 「パンデミック」が再来する事も否定出来ない。其の為に、今から準備する。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.