毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
─────────────────
 ●他人に感染させている人は2割以下
───────────────────────────────────
 ●感染防護無しに「3密(密閉、密集、密接)」の環境で多くの人と

  接したりして、1人の感染者が何人もの人に感染させなければ、

  感染の流行を抑える事が出来る。
───────────────────────────────────
 ●体調が悪い時は不要不急の外出を控える。

 ●人と接する時には「マスク」を着用する。

 ●多くの人に感染させる事が無い様に行動する。
───────────────────────────────────
 7.感染を広げない為には?
───────────────────────────────────
 ●この感染症は、主に「飛沫感染」と「接触感染」

 ●「3密」の環境で感染リスクが高まる。
───────────────────────────────────
 ●飲食を伴う懇親会など(感染リスクが高まる五つの場面の一)
───────────────────────────────────
 *気分が高揚すると同時に注意力が低下する。

 *聴覚が鈍くなり、大きな声になりやすい。

 *回し飲みや箸などの共用は感染リスクを高める。
───────────────────────────────────
 ●大人数や長時間の飲食(感染リスクが高まる五つの場面の二)
───────────────────────────────────
 *長時間の飲食、接待を伴う飲食、深夜のはしご酒では感染リスクが高まる。

 *大人数の飲食では大声になり、飛沫が飛びやすいので感染リスクが高まる。
───────────────────────────────────
 ●マスク無しでの会話(感染リスクが高まる五つの場面の三)
───────────────────────────────────
 *マスク無しでの近距離の会話は飛沫感染などの感染リスクが高まる。

 *昼カラオケ等や移動する際の車中でも注意が必要。
───────────────────────────────────
 ●狭い空間での共同生活(感染リスクが高まる五つの場面の四)
───────────────────────────────────
 *長時間、閉鎖空間が共有される為、感染リスクが高まる。

 *寮の部屋やトイレ等の共用部分での感染に注意。
───────────────────────────────────
 ●居場所の切り替わり(感染リスクが高まる五つの場面の五)
───────────────────────────────────
 *気の緩みや環境の変化で感染リスクが高まる事がある。

 *休憩室、喫煙所、更衣室での感染に注意。
───────────────────────────────────
 8.診断する為の検査は?
───────────────────────────────────
 ●PCR検査、抗原定量検査、抗原定性検査など

 ●3検査とも、ウィルスが体内に存在し、感染しているかを調べる。
───────────────────────────────────
 ●検査の種類により「鼻の奥の拭い液」だけでなく、

 「唾液」「鼻の入り口の拭い液」を使う事も可能。
───────────────────────────────────
 ●「抗体検査」は過去に罹った事があるかを調べるもの。

  検査時点で感染しているかを調べる目的で使う事は出来ない。
───────────────────────────────────
 9.どうやって治療するのか?
───────────────────────────────────
 ●「軽症」の場合は経過観察だけで自然に軽快する事が多い。

 ●必要な場合には「解熱剤」などの「対症療法」を行う。
───────────────────────────────────
 ●「呼吸不全」を伴う場合は「酸素の投与」炎症を抑える「ステロイド薬」

  「抗ウィルス薬」(国内で承認されているレムデシビル)を投与。
───────────────────────────────────
 ●改善しない場合は「人工呼吸器」等で集中治療を行う事もある。

 ●「治療法の確立」もあり、入院した人が死亡する割合は低くなっている。

 ●6月6日以降に入院時に「重症」の人で10.1%
───────────────────────────────────
 10.ワクチンの実用化は?
───────────────────────────────────
 ●早期実用化を目指し、国内外で多数の研究が精力的に行われている。

 ●「通常より速いペース」で開発が進められている。

 ●既に「臨床試験」を開始しているものも幾つかアリ。

 ●開発中のワクチンが実際に「発症」や「重症化」を予防出来るかは判らず。

 ●「副反応」については「臨床試験」等でどの様な物が起こり得るか確認中
───────────────────────────────────
 *「コロナ10の知識」の詳細はこちら↓
   https://www.mhlw.go.jp/content/000689773.pdf
───────────────────────────────────

 国民の不安を少しでも・・・

 和らげる為に、各都道府県の知事達に「対策」を丸投げせず、日本国として、

 「政府」としての「対策」を講じて欲しい。今のままでは「国」は無きもの。

 必死さが全く感じられない。国民は日々必死。この格差を埋める「政策」を。

もっと知りたい方はこちら


無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ




トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.