グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
ちまたにはびこる様々な"詐欺"について


【本当にたくさんの種類アリ】

 「オレオレ詐欺」「架空請求」「フィッシング詐欺」・・・

 最近、どれも「オレオレ詐欺」として、一纏めにされていますが、元々『な
りすまし詐欺』の手口の一つじゃないでしょうか?

 銀行員、郵便局員、消防局員・・・等になりすまし、キャッシュカードや通
帳、暗証番号等聞き出し、口座から引き出したり、消火器を売ったりする詐欺
事件に息子、孫、債権管理会社、融資会社・・・と手口が増えている。

【紋切り型の対策では・・・】

 対策として、警察、マスコミ、金融機関等は「無視する」「確認する」「生
年月日を聞く」等々言っています。もしこれが"オレオレ詐欺"ならどちらかと
いうと場当たり的傾向があるのでこの程度でも防止は可能でしょう。

 けれど、最近の架空請求などは、事前に名簿業者等から情報を入手し、生年
月日、勤務先など簡単に答えるので信じてしまい被害に遭うケースが増えて来
ています(前記の対策が逆にあだとなっています)。

 この場合"無視"していると裁判所から通知が・・・。それすらも偽裁判所か
ら送達されたものであると決め付け、もしくは「請求は架空なので…」と"無
視"した所、本物の判決が出て、支払わざろう得なくなった実例もあります。

 警察のホームページで「オレオレ詐欺対策」として、色々書かれていますが、
それはほとんどが、高齢者に対してのものばかりです。

 しかし、最近の詐欺被害は40〜50代が圧倒的に多く「オレオレ」ではな
く、警察官、医者、弁護士などの「なりすまし」ばかりで被害金額も高額にな
っています。

 当然、対策などは違ってきますので「オレオレ…」「架空…」それぞれの対
処法を考えるべきですし、犯人側にして見れば、現在の様な対策だと「手口を
変えれば成功する」とニヤリとほくそ笑んでいるはずです。

【Hassyが実際に遭った"詐欺人"とのやり取り】

これは全て実話である。

  あれは先週10月8日(金)、出勤前だった。

私の携帯に『債権管理組合』(以下詐欺人)を名乗る男から・・・

詐欺人「この度、貴方の債権が組合に移管されました」

Hassy「何の話?」

詐欺人「え〜、貴方の場合、出会い系のチャンネル05の使用料が・・・」

Hassy(少々頭にきて)「出会い系?そんなの使った事無いぞ!」(声を荒げる)

詐欺人(至って冷静に淡々と)「ま〜、落ち着いて、話を聞いて下さいよ」

Hassy「フザケルな!」

詐欺人「(住所を言った後に)勤務先、実家も知っているんですよ」

Hassy「じゃあ、勤務先、電話番号を言ってみろ!」

詐欺人「個人情報ですから・・・」[自分の情報を本人が聞いているのにネ]

Hassy「とにかく、知らん!!」

詐欺人「訴訟の手続きをしますね」(電話を切る)

 切られた後「しまった」と後悔!

 相手が言っていた住所は、実は"会社の住所"(来てくれるといいのにな〜(^^)

 何を後悔したかと言うと会話を録音し、メルマガで報告すると共に手口の勉
強素材にしたかったからなんです(出会い系は全く興味もなく、アクセスした
ことなどありません)。

 15時40分にこちらから電話を掛け直しました(相手はドコモのプリペイド式)。

Hassy「先程は突然の事で興奮したもので・・・」

詐欺人「裁判に回したよ。請求額が3〜4倍になると思うよ」とのセリフ。

Hassy「ところで何で電話を受けて、即、答えられるのですか?」

詐欺人「こちらはパソコン管理をしているので直ぐ判るのです」(打ち込みも
    しないで、又、携帯宛なのに不自然)

Hassy「もう一度、詳しく話を聞きたいのですが、リスト等を調べて再度電話
    くれます?」

詐欺人「今の時間だと郵便局からの送金が間に合わない」
   「後で電話しますね」

 と言われ切るが、今日現在、電話はありません(15時40分からの分は録音済み)。

「Hassyの事を調べていたら、電話なんか出来ないよなぁ〜」とは相棒の科白

「いい度胸しているな!来てくれると楽しいのに・・・」とは私の弁

 この時、思ったのだが相手の話を全部聞いてしまうと「もしかしたら・・・
」とか「相手のペースにはまり、騙されてしまうのだろうな」と感じた。逆に
強い口調で「フザケンな!知らんゾ」と言うと大抵は捨てゼリフを残して、相
手は電話を切る。

 しかし、現実問題として、裁判所に書類を提出され、「少額債権訴訟」だと
わずか1回の陳述で判決が出てしまいます。だから、もし裁判所から通知が来
たら、じっくりと目を通し、出廷して無実をはらすか、弁護士、司法書士等プ
ロに相談するのがベストだと思います。


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.