グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「男女の出会い場」は、増えているのか?
ご紹介における"時代の趨勢"



 結婚相手の紹介も、時代によって、様々な形がある。現代においては、イン
ターネットや出会い系での"紹介"という形すらある。その傾向とはどうなのか。


【"縦の関係"が薄らいだのか?】

 貴方にとって、「結婚」とはどういうイメージなんでしょう?

 このメルマガの読者には、既婚の方もいれば、未婚の方もいらっしゃると、
思います。私は、未婚者ですが、若い頃に抱いていた「結婚」のイメージと、
40代半ばになる現在のイメージでは、若干、異なります。

 若い頃は・・・

 どちらかというと、「淡いバラ色」のイメージで、幸せを非常に感じていま
した。しかし、今では、「濃い紺色」のイメージで、より現実的で、客観的な
印象が、濃くなっています。

 これは、自分が、結婚していないのにも関わらず、友人や知人らの離婚や家
庭の不和など深刻な問題を通じて、得た結果だと考えます。単純に、どちらが
良いとは言えませんが、歳と共に、色々な経験も増えるということです。

 ところで、ここに"ある調査結果"があります。

 これは、厚労省附属の国立社会保障・人口問題研究所によって発表された
「出生動向基本調査(なんか仰々しい)」の中にある「結婚」に関するものです。

 調査は、2005年6月、全国の50歳未満の妻を対象に、実施。夫婦が、
初婚同士の5932人の回答を集計。

 例えば・・・
───────────────────────────────────
 ●夫婦が知り合ったきっかけは?
───────────────────────────────────
  「友人・兄弟姉妹を通じて」=30.9%(1.7ポイント増)がトップ

  1987年以降、ずっとトップだった「職場や仕事で」=29.9%と、
  前回(2002年)より、3ポイント減少して、2位に転落した。

  3位は「学校」=11.1%  *上位3つで、72.8%に上った。
───────────────────────────────────
  *1982年には、3割近かった「見合い」は、6.4%まで落ちた。
───────────────────────────────────
 ●夫婦の理想的な子供数
───────────────────────────────────
  今回、初めて、2.5人を下回った。現実に持つ子供数は更に少ない。

  これは「晩婚化」が影響していると考えられている。

  また、最大の理由は「子育てや教育にお金が掛かりすぎるから」との事。
───────────────────────────────────
  *ニートなど経済的自立が出来ていない人間が増えたことも、
   「晩婚化」の一因
───────────────────────────────────
 ●平均初婚年齢
───────────────────────────────────
  夫 29.1歳  妻 27.4歳 = いずれも前回より上昇
───────────────────────────────────
 ●結婚までの交際期間
───────────────────────────────────
  3.8年 = 前回より上昇
───────────────────────────────────
 ●子供を産み終える時期となる結婚15〜19年の平均子供数
───────────────────────────────────
  2.09人

  1972年以降の約30年 平均で、2.2人を保ってきたが、これも、
  「少子化」が反映したような数字になった。
───────────────────────────────────

 上記の「知り合ったきっかけ」で、「職場や仕事」が減ったのは、現在は、
上司や同僚を含めて、プライベートでは、あまり仕事関係の人とは付き合わな
い傾向も、要因にあるのではないか?

 最近では、従来の結婚式の定番であった「媒酌人」を立てないケースも、多
いと聞く。「媒酌人」は、だいたい会社の上司ということが、多かった。

 「少子化」の問題については・・・
───────────────────────────────────
 1.「格差社会」を是正して行くことにより、家計に余裕を持たせる。

 2.「塾偏重」になっている"義務教育制度"を、考え直す。

 3.産婦人科医が少ないという現状から、都市に集めようとする施策がなさ
   れているが、都市以外でも、安心して出産出来るように、「助産師」を
   もっと増やすことを考える。

   「出産費用の補助」を今以上に充実させる他、ある程度の期間を置いた
   「出産費の後払い」や「出産費の分割払い」を認める。
───────────────────────────────────

 他にも、問題は山積しているが、取り敢えず、この三本柱で、対策する。

 「結婚」や「出産」は、決して、急かされたり、命令されてするものではな
いが、おそらく、このままでは、早晩、「日本国」は、消滅して行くだろう。

 もちろん、言い放しではなく、未婚である私自身にも、その責任は大きい。


     **形は色々だが・・・→ http://tinyurl.com/fy7zx

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.