グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
今では、何でもアリの「日本の自動販売機」。
本当に便利な"自販機"の今後



 日本以外を旅すると痛感するのが「日本って、何て便利な国なんだろう」と
いうこと。それを特に表しているのが、いわゆる"自販機"。安全対策の方は?


【常に"いたちごっこ"】

 日本は、どこへ行っても、「自動販売機(通称:自販機)」が多い。扱ってい
る品目は、大きく分けると、"食品系"と"非食品系"になる。売り上げは、全国
で、7兆円にもなるとのことである。

 この「自動販売機」は、いつ頃、生まれたのか?・・・

 定かではないが、最初の「自動販売機」と言われているのが、紀元前215
年、古代エジプトの神殿に置かれた聖水(生け贄の水)の自販装置である。日本
では、俵谷高七が、1904年に発明した「自働"郵便切手葉書"売下機」が、
最初のようだ。

 「自動販売機」の最大の利点は、"無人"で稼いでくれるということだ。ただ
し、この利点が、最大の欠点にもなる。人がいないということ利用し、様々な
手を使い、品物を盗もうとする者も、跡を絶たない。

 昨年1年間で、「自販機荒らし」と呼ばれるこの犯罪における、全国の被害
総額は、約2億7千3百70万円(うち、現金約1億8千2百30万円)にも、
上る。今でも、治安の良さを誇る日本ですら、この有様である。

 犯行の手口も・・・

 コインの投入口をこじ開けたり、洗剤を入れるという単純なものから、90
年代の前半には、護身用のスタンガンの高周波を悪用し、「自動販売機」内部
の硬貨選別装置を誤動作させ、硬貨を盗み出すという高度なものまで現れた。

 新しい500円硬貨が出来た1982年には、ほぼ同時期に作られ、非常に
酷似していた韓国の500ウォン硬貨(日本円で50円くらい)を変造し、誤作動
を起こさせるという手口が、流行った。この影響で、500円硬貨は、作り直
しを余儀なくさせられた。

 現在の「自動販売機」は、上記のような色々な攻撃に耐えながら、どんどん
改良が進んできた。特に、2000年代に入ってからは、紙幣・硬貨・クレジ
ットカード・キャッシュカードなどの偽造が増えたため、「識別器の能力」の
強化が図られている。

 しかし、犯罪者との攻防は、いつも"いたちごっこ"である。

 そこで、今回、開発した「新システム」は・・・

 開発したのは、「全国清涼飲料工業会(東京都中央区)」。

 どういうシステムなのか?・・・

 自販機に、内蔵の防犯カメラが、自販機荒らしの犯人を撮影し、警察署に通
報するシステム。もし、機体をこじ開けるなどの無理な力が掛かると、同工業
会のコンピュータに、データが伝達され、同時に、最寄りの警察署にも、通報
されるということだ。

 既に、大阪府で、運用を開始している。昨年の大阪府内の自販機荒らしは、
8057件で、全国2位。こういう現状から、大阪府警も、新システムの効果
に、期待を寄せている。

 ローソンにあるろっぴーや、他のコンビニにあるその類の機械も、広義で言
えば、「自動販売機」に当たるだろう。おでんや、各地の名産物、やさい、ケ
ーキ、本当に、様々なものが、手軽さからか「自動販売機」で売られている。

 ただし・・・

 一言だけ申したい。「生き物(虫、亀など)を売るのだけは、止めてくれ!」


   **まさに日本の文化だ・・・→ http://tinyurl.com/jeve7

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.