グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
構造が簡単な機械だからこそ「危ない」。
メーカーにその意識はあるのか?



 個人情報保護法が、施行されてから、事務用だけじゃなく、家庭用としても、
需要が増えた「シュレッダー」。しかし、メーカー側に危険だという認識が…。


【"報告"を怠った末に…】

 書類などを裁断する「シュレッダー」に、幼児が、指を巻き込まれて、切断
される事故が、今年3月に静岡県で、7月に東京都内で、起きていたことが、
22日までに、分かった。

 製造元は、「アイリスオーヤマ(仙台市)」「カール事務器(東京都葛飾区)」

 この背景には・・・

 個人情報漏洩、悪用される被害が相次ぎ、個人情報を保護しようという意識
の高まりとそれに伴う「個人情報保護法」の施行がある。そのため、本来、事
務機器だった「シュレッダー」が、家庭内でも、使われるようになった。

 経産省は、7月になって、静岡市消費生活センターからの情報で、事故を把
握。同省の調査に対して、アイリス側は、「報告が必要との認識がなかった」
と、説明している。

 事故の詳細は・・・
───────────────────────────────────
 1.アイリスオーヤマ(仙台市)の場合
───────────────────────────────────
   静岡市で、今年3月、2歳の女児が、住宅兼事務所に設置されたアイリ
   ス社のシュレッダー「SCA−410D」に、両手を巻き込まれ、指9
   本を、切断。

   製造した約45000台の内の1台で、発生。

   [言い訳]

   ・事務所で、使うことを、想定していた。

   ・取扱説明書では、子供の手の届かないよう注意している。

  《再発防止策》

   ●処理枚数を増やす目的で、紙投入口を、広くしていたが、
    事故後、「狭めた」。23日より、対象シュレッダーの無償交換を、
    始めた。

    *詳細 http://www.irisohyama.co.jp/20060823.html
───────────────────────────────────
 2.カール事務器(東京都葛飾区)の場合
───────────────────────────────────
   東京都板橋区で、今年7月、2歳男児が自宅にあった「DS−4000
   (高さ55センチ)」で、左手の指2本を、切断。

   製造した約9000台の内の1台で、発生。

   [言い訳]

   ・構造上の安全基準は、満たしていたが、こうしたことが起こってしま
    ったことは、事実。事故の再発防止に努めたい。

  《再発防止策》

   ●紙投入口は、約4ミリで、大人の指は、入らない。だが、23日より、
    投入口を、2.5〜3ミリに、狭くする安全対策を、無償で始めた。

    *詳細 http://www.carl.co.jp/
───────────────────────────────────

 経産省は、このような事実を踏まえ、23日、業界団体「ビジネス機械・情
報システム産業協会」と「全日本文具協会」に対し、再発防止の検討と、同様
の事故が、他に、起きていないか、調査するように、要請した。

 その上で・・・

 2社に対しても、「子供に触らせないこと」などの注意表示だけではなく、
更なる「利用者への一層の注意喚起が必要」と、指導した。当然、シュレッダ
ーを使用していて、子供がいるユーザーも、充分に、注意するべきである。

 インターネットが発達し、SOHOが、たくさん出現している。ゆえに、
自宅兼事務所で、「シュレッダー」を使っている方々も、多いと思う。そこに
は、子供の入り込むスペースが、存在する。

 こういう時代だからこそ・・・

 メーカー側は、「事務用」「家庭用」と、安易に区別せずに、両方とも、
子供の安全をきちんと守った上で、「シュレッダー」を、販売すべきである。

 そして、もし、事故が起きた場合は、どんな些細なものであっても、直ぐに、
「報告」すべきである。今回の件も、「アイリスオーヤマ」が、報告義務を怠
らなかったら、7月の事故は、防げたかもしれない。

 プールでの事故もそうだったが、些細なことを、大人が、無責任に、握りつ
ぶすことにより、貴重な子供の命や指が、失われている。何度も言うようだが、
『法律で決められた事』『当たり前の事』を、遂行するだけで、子供達に危害
を与えずに、済むのである。

 無責任な大人は、何人の子供達に、家族に、悲劇を与えるつもりなのか…。


    **他にもあるのでは・・・→ http://tinyurl.com/hqwmz

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.