グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
純粋・北海道産「タラバ」は
もう消えゆく運命なのか?



【"かに資源"に群がる[日露闇組織]の実態】

 本日[12/7]、北海道内で放送される特集を取り上げたいと思います(STV
札幌テレビ放送)。

「北海道・稚内の工業港で不審な船がある」との話をSTVの知り合いの記者
から電話をもらったのがきっかけで、Hassyも独自ルートで調査を開始。

 "日本漁船"と思われるのに、船員がロシア人であり、しばらく観察している
と・・・船名の付近に違和感がある。

 出航をずっと確認していると、突然、日本名の上に外国籍と思われる「船名
プレート」を差込み、港を出て行くのを確認。

 記者は、稚内からサハリンのコルサコフへ取材に行って[面白いネタ]を仕入
れて来た。"2重国籍"とも取れる漁船がかなりの数あり、その多くが「かに漁
船」として、日本で商売しているとの話だった。

 実際、稚内に帰る船内で数人のロシア人を確認し、付いて行くと上記「不審
と思われる船」に乗り込んで行った。

 Hassyが調べた結果で、船がロシアに寄港、若しくは帰港せず、船員のみが
フェリーで行き来し、作業しているとの情報であった。

【この"不審漁船"の正体は!?】

さて、この漁船について、判明していることを、まず、列記します。

○今年初めまで、根室で「さけます漁船」として登録されていた船である。

○2月に香港の会社に転売、その後、モンゴルの会社に転売後「モンゴル船籍」
 となっている(日本の関係機関で調査結果)。

○稚内では、モンゴル船籍の「ランサー」名で係留、日本名の「幸福丸」名は
 船にまだ付いている。

○船に付いている船名、登録番号などで調べると日本では、既に「幸福丸」は
 削除されているものの、国際機関のデータでは、「ランサー」名は該当せず、
「幸福丸」の名が出てきている。

○船は、かに漁船の装備が見当たらず、以前の「さけます漁船」のままだが、
 出港数日後には「かに」を積んで帰ってきている。

 以上の事から更に調べると、この漁船には「さけます船」として"冷凍、冷
蔵などの機能が付いている事"が判明。

 そこから推測されるのは、ロシア船が「かに漁」を行い、洋上で「かに」を
受け取り、鮮度を保ったままで、日本の業者に卸している。

 との事実から、記者、Hassyが別ルートで調べると、日本側で"ある人物"が
存在する事が分かったものの、その人物はおもて上、ある会社の作業員であり、
とても、業者には見えない。

「かに」が、何処に行くのかは、ある程度分かったが"荷揚げ"や"どこに納入
したか"までは確認していない(今後、調べるかは未定)。

「かに」は、書類上、香港の業者に売られた事になっているが、実際は日本の
"ある大手水産会社"に行っているようだ。

      「では、なぜ、そんな面倒なことをするのか?」

【「かに」ビジネスの十分過ぎるうま味】

 "かに資源の枯渇"の為、国内では漁獲量が極端に少なくなったが、日本での
「かに人気」は高まる一方で、価格も高騰し、ビジネスとして

       「十分過ぎるくらいの、うま味がある」

 更に"さけますなど漁獲規制"により、廃業を余儀なくされる漁師が多く出て
いる。「さけます漁船」には日本製の故障が少ないエンジンを持ち、冷凍、冷
蔵の機能が搭載されている船が多い。

  「かにの出身地が、"北海道産"と"ロシア産"どちらを買いますか?」

 多くの人が「北海道産」を選ぶと思います。しかし、このような形であれ、
正規の形でも"北海道産・かに"の殆どが"ロシア絡み"である事を知って欲しい。
(ロシアも北海道も、同じオホーツク海で漁をしているので"かに"は同様)

「かに目当て」で北海道に来る人がいるが、現実、台所は困窮している(資源が
枯渇に近いが、人気の為、用意しなければ・・・という有様)。

最近、通信販売やデパートの「北海道物産展」などで、蟹が大人気であり、
その異常な加熱が「タラバ」と称して、実際は「アブラガニ」が販売されてい
るなど"北海道のブランドイメージ"が落ちてきているとも言われ始めている。

 実情では、業者を含め、「純粋な北海道産」は本当に少ない。

 この話の詳細は「本日の放送」を見てもらうしかないが、北海道以外の人に
は、今のところ見てもらえないのが非常に残念である。

 但し、以前にも"蟹の特集"として日本テレビの「NNNドキュメント」(日
曜・深夜放送)という番組で放送した事例もあるので、もしかしたら、今後見て
もらえる可能性も少なくない。

『是非「北海道産の現状」を知っていただく意味からも全国放送が望まれる』


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.