グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
我が子の更正を閉ざす親達の所業


 先頃、相次いで、父親が、「斧」で、惨殺されました。

 一方は、16歳の女の子、もう片方は、15歳の男の子です。

 16歳、15歳の男女と言えば・・・

 既に、「殺人をしてはならない」という分別はあるでしょう。

 「殺人」は、この場合、道徳的にも、法律的にも、許されざる行為です。

 そんなことは、貴方や私、日本中のほとんどが、知っているでしょう。

 けれど、私は、敢えて、言いたい・・・

 何故、この子の親達は、娘や息子を、逃がす前に、通報したのでしょう?

 通報して、警察が来れば、この子達が、捕まることは、目に見えています。

 親達は、道徳や法律のために、この子らを、国に差し出したとも見えます。

 おそらく・・・

 この子達は、「死刑」には、ならないでしょう。

 いつか、親達が生きているこの社会へ、戻って来るはずです。

 その時に、この子らは、自分を、警察に突き出した人(家族)に対して、

 どういう風に、接すれば、良いのでしょうか。信じることは無理です。

 『論語』の中に、こんな話が、出て来ます・・・
───────────────────────────────────
 葉公 = 楚の国の地方長官 = 人望のあった人物
───────────────────────────────────
 孔子が、その国にやって来た時、その葉公が、孔子と面談した折に、
───────────────────────────────────
 葉公「我が郷党(村)には、正直者の評判のある身へんに弓(きゅう)という男
    がいます。彼の父が、よその羊を盗んだ時、子である彼が、これを、
    告発しました」

 孔子「私どもの村の正直者は、それとは、だいぶ違っています。父は、子供
    のために隠し、子は、父のために隠します。その隠すことの内に、
    正直さが、あるのですよ」
───────────────────────────────────

 親が、子を守れなければ、この厳しい社会で、更正することなど出来ません。

 もしかすると・・・

 この子達にとっては、信用の出来ない家族のいる俗世間よりも、

 割り切って、刑に服していられる施設の方が、幸せかも知れません。

 家族じゃない、赤の他人が、この子達を、通報するのは、当然でしょう。

 そうすべきだと、私も思います。だが、家族は、違います。

 親や家族は、周辺で、マスコミで、どんな風評を、されようとも、

 この子達を、命がけで、守らなければ、行けません、絶対に。

 ここで、守るというのは、「徹底的に、逃がしてやる」と、言うことです。

 この情のある態度や姿勢によって、子供達は、救われるのです。

 だから、例え、最後には、捕まったとしても、安心して、

 罪に服することが、出来るのです。ゆえに、更生の道も、開かれます。

 この世で一番の悲劇は、「信ずる家族を失う」ことだと、私は痛感します。

 もしかすると、家族の情の無さが、今回の事件の引き金かも知れません。

 こういう行動を起こす子供達は、意外に、敏感にそれらを感じ取りますから。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.