グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
飲食店「自動券売機」の謎


 「ほど良いアイテム数」「適度なスペース」って、あるのですね。

 昨日、行った"100円ショップ"で、再認識させられました。

 ただ、"ウィンドー・ショッピング"を、するだけだったら・・・

 「アイテムはたくさんあれば良い」し、「スペースも広い」方が、良い。

 けれど、ある程度、買う品物が、絞られている場合・・・

 「たくさん」「広い」が、逆に、足かせになってしまう事が、あります。

 先ず、「たくさん」だと、そこから、見つけるのが、大変です。

 その上、「広い」と、どこに、何が置いてあるのか、分かりません。

 一応、エスカレーターの側などに、表示してありますが、大雑把過ぎます。

 店員に、聞こうにも、人件費を削減しているため、絶対数が、足りない。

 今後、ある程度、買う品物が、絞られている場合は・・・

 「ほど良いアイテム数」「適度なスペース」の"100円ショップ"を、

 選択した方が、良いようですよ。そうじゃないと、却って、疲れますから。

 この時に、フト、頭に浮かんだ事が・・・

 それは、「自動券売機」のことです。特に、"飲食店"に、置いているヤツ。

 アレって、食べに来た人のために、なっているんですかね?

 考えて見ると・・・

 食べに来た人に対する利点(メリット)って、何もないと、思いませんか??
───────────────────────────────────
 ×サイフから、お金を出して、券を買うのが、面倒くさい。
  (だって、店員が、そこにいるんだから、言った方が、早いでしょう)

 ×空腹のため、券を買うことに、集中してしまい、おつりを忘れる。
  (私は、あるラーメン屋で、2度、おつりを忘れました)

 ×メニューが、多過ぎると、どれがどれだか、分からなくなる。
  そのために、自分が希望していたのと、違う物を、食べてしまう結果に。
  (特に、後ろが込んでいた場合、こうなってしまう可能性が、高い)

 ×券売機に、気付かずに、中へ入ってしまい、店員に、券を買うように、
  強要される(臨機応変に、店員が、聞いてやればいいのに…)。

 ×店員が、自販機任せで、客に、注意を払っていない。
  (水すらも、自分達で、出さずに、機械に頼ってしまう)   などなど
───────────────────────────────────

 少し書いただけで、こんなに、不利な点(デメリット)が、出て来ますよ(T_T)

 それらに反して、飲食店側には、こんなに、メリットが、あるのです!!
───────────────────────────────────
 ★自分達で、注文を聞かなくて良い。つまり、覚える必要がない。
  (つまり、客と、会話をしなくても、良い訳です)

 ★閉店後、売り上げの計算を、する必要がない。しかも、メニューごとに、
  計算されているため、整理するのも、楽ちん。無銭飲食もナシ。
  (これが、おそらく、一番のメリットだと、思われます)

 ★客は、自販機に、任せているので、ラーメン作りに、専念出来る。
  (その割には、こういう店で、うまいところは、少ない)

 ★お金を触ることによって、手が、汚れることが、ない。
  (だが、そのため、お金の有り難みも、薄れてしまう)

 ★考えようによっては、人件費を、削減出来る。はずだが…。
  (だからと言って、商品を、安く提供しようとは、考えない)もっともっと
───────────────────────────────────

 上記の2つを、比較すれば、分かる通り、圧倒的に・・・

 飲食店側の都合でしかなく、客側は、不当に、面倒を押し付けられています。

 ゆえに・・・

 いくら、グルメ雑誌で、紹介されていても、こんな店は、止めて下さい。

 もし、間違って、入ったとしても、「自動券売機」を見たら、引き返して!

 それから、よ〜く考えて下さい・・・

 世に、たくさんのグルメ雑誌が、あります。多くの店が、紹介されています。

 その記事の中で、酷評しているものや、悪い印象のものって、あります?

 もし、例え、あったとしても・・・

 折角、取材までして、そんな記事が、書ける訳は、ないのです。

 どんなに、酷いところがあっても、表現を変えて、書くしかありません。

 私の知り合いのあるTVスタッフも、そう、申しておりました。

 だから・・・

 ほとんどのグルメ雑誌は、提灯記事を書き、店を、持ち上げるのです。

 貴方は、賢明ですから、そんな提灯には、惑わされないと、思いますが。

 最後に、本日の"2(ツー)ポイント"・・・
───────────────────────────────────
 ●「自動券売機」のある飲食店は、避けるべし。

 ●「グルメ雑誌」は、全て、店側と、グルであると、見なすべし。
───────────────────────────────────

 それにしても・・・

 客の方を見ていないのであれば、「客商売」とは、言えませんねぇ〜。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.