グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
ボンボンが取り仕切る死刑執行


 「大きな事件(記事)の裏に、実は、重要な事案(記事)が、隠されている」

 現在で言えば・・・
───────────────────────────────────
 「大きな事件(記事)」= "殺人ギョウザ"(マスコミは既に言い方を変えた)

 「重要な事案(記事)」= "死刑執行問題"(情報公開の意義、最短間隔など)
───────────────────────────────────

 正直な話・・・

 「大きな事件(記事)」というものは、こちらが、特に、意識していなくても、

 向こうから、様々な情報が、マスコミを通じて、飛び込んで、来てくれます。

 けれど・・・

 それらに隠された「重要な事案(記事)」は、こちらが、意識していないと、

 向こうからは、来てくれず、そのまま、流れて、行ってしまいます。

 だから・・・

 「大きな事件(記事)」が起こった時ほど、裏の記事に、注目すべきです。

 そんな訳で、今回は、"死刑執行問題"を、取り上げます・・・

 内閣府が、2004年に実施した世論調査では、
───────────────────────────────────
 ●「死刑制度」を容認する人   81.4%(初めての80%越え)

 ×「死刑制度」の廃止を求める人  6.0%
───────────────────────────────────

 実は、このメルマガでも、アンケートを、採ったことがある。
 http://clickenquete.com/a/r.php?Q0018835C9e41

 ご覧になれば、分かると思いますが、ほぼ、同じ数字が、記録されています。

 上記の世論調査を、盾に・・・

 法務省は、"情報公開"をした上で、定期的な「死刑執行」を目論んでいます。
───────────────────────────────────
 (疑問)この"情報公開"は、本当に、必要なのでしょうか?
───────────────────────────────────
    情報には、「死刑囚の氏名」「執行場所」「犯罪事実の概要」などが、
    含まれている。だが、死刑囚にも、家族や親戚がいる訳だから、その
    人達の心情にも、配慮し、わざわざ、マスコミに向かって、こういう
    情報を、提供しなくてもよいと、私は、思うのだが…。
───────────────────────────────────
 目論見の背景になる数字として、
───────────────────────────────────
 年間の「死刑確定者」は・・・

 長勢前法務大臣が就任した2006年に、20人を、突破しています。

 拘置中の「死刑確定者」は・・・

 昨年末時点で、107人。これは、10年前の約2倍の数字に、なります。
───────────────────────────────────

 つまり、刑務所における「死刑確定者」の人数が、増え過ぎたのです。

 ただ、そのためだけに、「死刑執行」を、早めるというのも、何か変です。

 今回の執行などは、前回から、わずか"2ヶ月弱"で、行われています。

 しかも・・・

 前回も、今回も、運悪く、法務大臣は、あの鳩山邦夫氏です。

 2世議員どころか、3世?4世?というような由緒正しき家柄。
 (でも、本人自身は、権力に目が眩み、民主党から自民党へ再鞍替え)

 当然、資産も、お金も、たくさん有している正真正銘のボンボンです。

 その他に・・・

 アルカイーダの知人発言だけじゃなく、他にも、色々物議を醸しております。

 例えば、前回の「死刑執行」時には・・・
───────────────────────────────────
 「法務大臣が、絡まなくても、自動的に(執行が)進むような方法を、
  考えたらどうかと、思うことがある」
───────────────────────────────────

 コレって、ある意味、すごく"残酷な発言"だと、思いませんか?

 だって、「人の命」を、ベルコンベア同然に流し、始末してくれという事。

 人権派じゃなくたって、この"残酷な発言"は、聞き捨てならないものです。

 当然、この発言の後、物議を醸し出し、撤回には、なったのですが…。

 こんな人を、法相に据えているのですから、運が悪いとしか言いようがない。

 もっと、政治家の中でも・・・

 「苦労人」のような雰囲気の大臣ならば、少しは、歯止めになったのかも。

 逆に、鳩山法相だったから、尚更、死刑反対派の突き上げが、厳しい厳しい。

 世界的にも・・・

 昨年12月には、国連総会で、「死刑執行」の停止が、決議されています。

 7月の洞爺湖サミットで集まるG8中、死刑存続国は、日本と米国だけ。

 お隣の韓国でも、既に「死刑執行」の中断期間が、10年を超えています。

 人権団体のアムネスティ・インターナショナル日本は・・・
───────────────────────────────────
 「死刑廃止の潮流が、政治制度や宗教、文化の差異を、超えて広がる中、
  日本は、流れに、逆行し続けている」
───────────────────────────────────
                         と、抗議声明を発表。

 当然、日本の人権団体からも、強い抗議が、殺到している。

 もちろん、あの「人権派弁護士・安田好弘氏」も・・・
───────────────────────────────────
 「死刑判決は、10年前の3、4倍になるなど、司法が、感情的、報復的に、
  なっている。(裁判員制度で)市民による誤判や、死刑判決増大の恐れが、
  あり、終身刑を設けて、選択肢を、拡げるべきだ」
───────────────────────────────────
                         と、訴えかけている。

 私も、基本的には、安田弁護士の主張に、賛成である。

 直ぐに、「死刑制度」を廃止するのは、無理であるが、段階を踏んで、

 「終身刑」を設けた上で、「死刑制度」を、廃止すべきだと、考える。

 しかし・・・

 そのために、現実の裁判を、利用し、安田氏の主張を、展開することは、

 止めて欲しい。裁判所は、あくまでも、「真実を追求する」ところである。

 いくら、加害者の弁護を、引き受けたと言っても、被害者の不利益は、

 避けるべきである。まして、「政争の具」にすることは、あってはならない。

 これらを、守っていただければ・・・

 安田弁護士の主張は、もっともだし、その様に、なって欲しいと、私も思う。

 ただ、自民党さんさぁ、どちらにしても、法相は・・・

 鳩山ボンボンのような軽い人ではなく、もっと"重厚な人"を、選択すべし。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.