グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「薬物中毒」に母親の温もりを


 北海道で、現金輸送車から、「約1億1500万円」が、盗まれた。

 私は、仕事柄、この事件を注意深く見ているが、その後、情報は薄い。

 しかし・・・

 どう考えても、犯人は、この"現金輸送の関係者"か、"元関係者"だろう。

 道警だって、この程度の底の浅い事件ならば、早晩、解決出来るはずだ。

 それにしても・・・

 どれ程のセキュリティを誇っても、取り扱うのが、人間であるならば、

 100%などは、あり得ないのである。人間には、感情があり、裏切る。

 昨今の個人情報の漏洩を見ても、ほとんどが、そこで働いていた人間である。

 まさに・・・
 
 「犯罪の陰に、女あり」と同様に、「セキュリティの陰に、人間あり」だ。

 次は、「薬物の陰に、冷血な親達あり」という事例である・・・

 三田佳子、大空真弓と言えば、私が、TVで、良くドラマを見ていた時に、

 頻繁に、登場していた女優である。若い人には、余り馴染みがないだろう。

 どちらかと言うと、「不憫な息子を持った母親」という認識だと思う。

 貴方もご存じのように、「不憫な息子=薬物依存の息子」という事である。

 どうして、そこまで依存するようになったのか、詳細は、分からない。

 けれど、一つだけ言えるのは、彼女達が・・・

 薬物中毒になった息子を、自分から、切り離そうとしている事である。

 自分の手に負えなくなったから、「病院に任せます」「警察に頼みます」

 もう、大人ですから、「自分のことは、自分で考えなさい」という具合に。

 あんた達もさぁ〜・・・

 一流の女優だったら、もうチョッと、心のある言葉を、掛けられないの?

 「子育てに失敗した」というより、あんた達の"非情な冷血さ"が、

 息子達を、何度も、「薬物」に、走らせたのだと、私は、思うよ。

 良くしたり顔のコメンテーターが・・・

 「20歳を超えたら、もう大人ですから、自己責任ですよ」と言う。

 20〜30年前の成人なら、その言葉も、当てはまったかも知れない。

 だが、現在の20歳は・・・

 成人式を見ても分かる通り、「ただ20年過ごしてきた」というだけだ。

 おそらく、気が付いたら、もう、20年経っていたという程度のものである。

 だから、歳や年数だけでは、簡単に量れないのが、現代の人間像なのである。

 また、前出のコメンテーターは、次のようにも・・・

 「子育ての苦しみは、親になった者じゃないと、分からないですよ」

 この言葉に、昔の私なら、二の句を継げずに、黙っていただろう。

 けれど、今の私なら・・・

 「確かに、親の気持ちは分からない。でも、子供の気持ちは良く分かるよ」

 「それに、あんたは、好んで親になったんだろう。泣き言何ていうなよ」

 って、切り返すだろうね。だって、上の言葉は、言い訳でしかないんだもの。

 そして、激怒したのが、今朝のワイドショーで・・・

 「何でそこまで放って置いた。とっとと、"専門家"に、任せれば良いのに」

 コイツらは、結局、三田や大空と一緒だね。だって、"専門家"ってのは、

 「病院=医者」「警察=警官」でしょ。だったら、同じ事、言ってるよね。

 どうして・・・

 芸能界やマスコミは、揃いも揃って、バカばっかりなんだろうね、本当に。

 本気で、子供を、薬物依存から、脱出させたいならば・・・

 三田や大空の場合なら、彼女らが、1年でも「仕事を完全休業」すること。

 これしか、解決策はない。ここまで、こじれたら、父親ではダメである。

 何故なら・・・

 息子が一番望んでいることは、多忙の母親が、仕事をほっぽり出して、

 「自分のためだけに、時間を割いてくれること」だからである。

 だって、考えても見て下さい・・・

 息子は、自分が、精神的に苦しい時に、「仕事という理由だけ」で、

 母親は、自分の前から、去って行ってしまうのですよ、すぅーっと。

 もし、そこに、多額の小遣いだけあったら、それらを使って、

 自分の空虚な心を、癒そうとするのではないですか。それが「薬物」でも。

 だが、彼らが、心から欲しているものは、「薬物」などではありません。

 母親が、何もかもかなぐり捨てた「無償の愛情」を、彼らは望んでいます。

 彼女らが、今、すべきことは・・・

 目の前の舞台や仕事を、することでは、決して、ありません。確かに、

 その事により、生活が困窮したり、不都合が起こってしまうかも知れません。

 でも、それらと引き換えに、あなた方は・・・

 かけがえのない自分の息子に、"生き甲斐"を与えることが、出来るのです。

 今の二人の方程式は・・・
───────────────────────────────────
 仕事 > 息子(仕事や金のために、息子を、切り捨てようとしている)
───────────────────────────────────
 それらを、こうしては、どうでしょう。
───────────────────────────────────
 息子 > 仕事(息子のために、"無償の愛情"で、仕事を、切り捨てる)
───────────────────────────────────

 それでも、仕事を優先したい? なら、息子の更生は、あきらめなさい。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.