グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「おこちゃま」+「チクリ屋」判断法


 お湯と水、どちらの方が早く「氷」になるか?って、水に決まってるじゃん。

 って、普通、思いますよね。それに異論を唱え、放送しちゃったのがNHK。

 当然・・・

 ネット上でも、物議を醸しているようです。あの大槻教授も、早速反論を。

 当然、水の方が早く「氷」になるということで。色々な条件で、実験も。

 それによると「ある条件」の時だけ、お湯の方が、早く「氷」になるようで。

 結局・・・

 さしたる「ウラ」も取らずに、放送したNHKの勇み足だったのだろう。

 普通、常識と異なった結果が出たら、きちんと「ウラ」を取るのが当たり前。

 なんかNHKも、「興味本位」という風潮に、流されてますなぁ〜本当。

 「ウラ」を取ることで言えば・・・

 その人が、本当に「信用出来る人物」か判断する時も、これを利用可能。

 例えば・・・

 貴方が、いつも人を信じ過ぎて、苦い思いばかりを味わっているのなら、

 直ぐにでも、利用して欲しい。ただし、相手との若干の会話が必要になる。

 この方法は、普段、貴方が、喋らなければ、喋らないほど、効果がある。

 喋らない事を良い事に、相手が、貴方を、なめているかも知れないからだ。

 そういう人間の「本質」を炙り出し、信用度を測るのが、この方法である。

 おそらく・・・

 人は、それなりの年齢になったら、余程のことがない限り、自分を変えない。

 貴方もそう簡単には変わることは出来ないだろう。相手に合わす必要もない。

 でも・・・

 社会人にしても、学生でも、その環境に、暫く留まらなければならない時、

 相手との間合いをうまく取る必要に、迫られます。相手がどんな人でも。

 最初から・・・

 「ウマが合う人」であれば、敢えて、この方法は使わなくても良いでしょう。

 例え、後に、その人間が、「信用出来ない」と分かっても、表面上は、

 うまく間合いを取って、やっていっているのですから、問題はありません。

 でも・・・

 あまり心を許し過ぎて、プライベートなことまで、打ち明けないほうが良い。

 どこで足をすくわれるか、分かりませんから。腹6分程度の付き合いで充分。

 それから・・・

 会話は、なるべく相手の年齢に拘わらず、丁寧な言葉を、心掛けるべし。

 相手との程よい間合いは、丁寧な言葉によって、保たれるのです。

 こちらが、ぞんざいな言葉を使えば、相手も、ぞんざいな言葉で返す。

 そんなことは、物の道理として、当たり前のことなので、丁寧な言葉を。

 実は・・・

 この普段使っていた丁寧な言葉が、"例の方法"にも、生きてくるのです。

 前置きが、非常に長くなりましたが、ここで、"例の方法"を説明します。
───────────────────────────────────
 1.普段、貴方は、対象の相手の言葉に、反論もせずに、「ハイハイ」と
   素直に、聞いていたとします。心の中では、反論したいと思っていても。
───────────────────────────────────
 2.ある日、そういう相手に、貴方は、反論を試みて下さい。かなりの勇気
   が、必要ですが、その後の貴方の立場を、守るためには、不可欠です。
───────────────────────────────────
 3.その反論をする時に、貴方は、普段使っていた丁寧な言葉を止め、出来
   るだけぞんざいな言葉で、相手を圧倒するようにします。この時に、
   普段の丁寧な言葉が、生きてくるのです。相手は、おそらくビックリ。
   
   最後の決めゼリフとして、「文句があるなら、直接言ってこい」という
   一言を忘れずに、これが後の判断に有効になってきます。  
───────────────────────────────────
 4.この後が大切です。ある程度の精神年齢を有している大人であれば、
   1〜2日、気まずい時があっても、その後は、収束して行くでしょう。
   ただし、精神年齢が低い「おこちゃま」では、ふくれたまま、数ヶ月
   経っても、態度を硬直させていることが、まま見受けられます。
───────────────────────────────────
   *この段階で、「大人」と「おこちゃま」の見極めが、可能になります。
───────────────────────────────────
 5.ある日突然、貴方は、上記の言い合いには、全く関係のない人物から、
   話を聞かされることになります。例えば、会社なら、上司などから。
   この時、貴方は、一切言い訳をせずに、自分の主張は正しかったことだ
   け告げ、上司には、面倒を掛けたことだけ、謝ります。
───────────────────────────────────
   *この段階で、「チクリ屋」が、判明します。これを浮き上がらせるた
    めに、「文句があるなら、直接言ってこい」という一言が重要である。
───────────────────────────────────

 上記の5段階を経て、貴方は・・・

 「おこちゃま」+「チクリ屋」=信用の出来ない人物という判断が出来ます。

 この人物の周辺で、親しそうにしている人も、同じ様な素養を持っています。

 おそらく、それらの人間達は、「群れたがっています」。だから、一人では、

 問題に対処出来ません。彼らの一番の武器は、「ケータイ」です、それだけ。

 だから、上記のような問題が発生した場合・・・

 彼らは、直ぐに、「ケータイ」で、仲間などに、SOSを発信します。

 自分の中に、抱えておくことなど、彼らには、不可能なことなのです。

 そして、間接的に、上司などの力を借りて、貴方に、打撃を加えるのです。

 仮に、こういう事をされても・・・

 貴方は、決して、慌てないで下さい。いつも通りの態度で、良いのです。

 もし、貴方が、狼狽えたら、相手の思うつぼです。平静を装って下さい。

 それとは引き換えに、貴方は・・・

 相手の「本質」や「本性」を、見極めることが、出来るのですから。

 その環境に、暫く留まらなければならない場合には、有効な人物判断法です。

 いつの世でも、本当に、信用出来る人間は、ごく僅かで、限られています。

 もし、貴方が、いつまでも、苦い思いをしたくなければ・・・

 上記の人物判断法は、その一助となるかも知れません。そんな過激なこと、

 出来ないよと言われる貴方には、もう一つの簡単な判断法を、お教えします。
───────────────────────────────────
 自分と対象相手が、二人でしていた話を、第三者が知っていた場合、
 対象者は「チクリ屋」である可能性は、高いと思われます。

 女性の場合は、特に、この「チクリ屋」が多い。

 だから、どんな場合でも、プライベートな話は最小限で、腹6分の付き合い
 を、心掛けるのです。これが、常に、出来るのなら、上記の人物判断法は、
 不必要なのかもしれません。
───────────────────────────────────

 それにしても・・・

 最近は、「おこちゃま」+「チクリ屋」が、多過ぎて、困ったもんですね。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.