グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「参議院」に代わって「●●院」の創設決定!


 昨日、私が住むマンションの前で、小学校低学年と思われる少年と会った。

 私は、透かさず、「おはよう」と、声を掛けたのだが、少年から返事はナシ。

 コレでは、いけないと思い・・・

 「おはようは…挨拶ナシかい?」と、少し強めの口調で、少年に質した。

 少年は、少々ビックリし、強張った表情で「おはようございます」と発した。

 本来であれば、挨拶を、強要させたくはない。自発的に、出るものだから。

 けれど・・・

 少年期であれば、誰かが注意してやらねば、挨拶を、蔑ろにしてしまう。

 だから、民間交渉人の当初の目的である「おせっかいなおじさん」が、

 必要になる。30年位前までは、そういう人達が、近くに、多く存在した。

 「核家族化」が、急速に展開して行く中で・・・

 自分達が良ければ、他人はどうでも良い。という利己主義が、蔓延りだした。

 まして、昨今のように、注意をしただけで、殺されるという事件が増えれば、

 「まぁ、いいや。放っておこう」という気になってしまうのも、致し方ない。

 こういう世の中の風潮が・・・

 「子育て」という人間の根本で、責任を、"特定の人"に、集中させてしまう。

 その"特定の人"が、多くの家庭においては、「母親」であろうと、思う。

 「母親」は、行き場のない苦悩を、抱えて、人知れず、子供と、向き合う。

 この"母子密着"が、時には・・・

 「子殺し」や、「親殺し」という最悪の事態に、至ってしまうこともある。

 母親の手によって、今回起こった「福岡の小一殺害事件」は、その典型だ。

 母親本人に、最大の責任はあるとしても、「子育て」の悩みを、容易に、

 吐き出せない時代背景も、密接に絡む。核家族は、ガス抜き出来ない集団。

 それこそ、大家族時代ならば・・・

 「子育て」の先輩である祖母や祖父が、母親の至らない所を、補っていた。

 兄妹が多いことによって、上の者が、下の者を、自然に、見ることになった。

 例え、父親が不在でも、「子育て」の仕組みは、出来上がっていたのである。

 つまり・・・

 母親だけに、「子育て」の責任が集中することはなく、分散して行っていた。

 家族以外にも、近くのおじさんや、おばさんらが、気軽に、声を掛け合った。

 だから、母親は、重責を抱え込まずに、うまくガス抜きしながら、暮らせた。

 翻って、現在の核家族では・・・

 父親が、「子育て」に、協力的であれば、まだ救われるが、そうでなければ、

 "少子化"の現代において、"母子密着"となるのも、ある意味、やむを得ない。

 そうして、悩みを吐き出せないままの母親は、ある日、"ガス爆発"を起こす。

 "少子化"の影響は・・・

 人口の減少もさることながら、「子育て」への影響も、大きかったのでは。

 だからと言って、今さら、核家族から、大家族へ戻ることなど、不可能。

 核家族の中で、問題を解決するためには、「おせっかい」が、キーになる。

 こんな中で、「麻生内閣」が、発足しましたなぁ〜・・・

 この内閣は、いつもにも増して、「世襲議員」のオンパレードのようです。

 マスコミは、早速、旧態依然とした自民党の体制を、批判していますねぇ。

 確かに、批判するのは、分かりますが、もう少し、"別の視点"はないのか?

 私は、以前から、この"別の視点"を、考えていました・・・

 「参議院」って、必要なんですかねぇ? 貴方は、どう思います??

 前回の選挙で、民主党が躍進し、「参議院」では、自民党を、上回る勢力。

 けれど、いくら「参議院」で否決しても、「衆議院の優越」が、ある限り、

 最終的には、「衆議院」で、法案が成立してしまう。ただの時間稼ぎの様。

 これでは・・・

 それほど、「参議院」に、必要性は感じられないし、存在意義も、希薄だ。

 それなら、どうせのこと、必要性が感じられ、存在意義のある組織に、変更。

 私は、チョッと頭を捻って、考えてみました。ピンッと、来るものが!!

 それが、現代版「貴族院」を、作ったらどうか?ということ・・・
───────────────────────────────────
 「貴族院」の特徴
───────────────────────────────────
 ●大日本帝国憲法下において、1890(明治23)〜1947(昭和22)
  まで、57年間存在した帝国議会の一院。

 ●「非公選(つまり選挙なし)」の皇族議員、華族議員、勅任議員(有識者、
   多額納税者などの条件で選ばれた人々)によって、構成。

 ●「解散なし」

 ●議員の多くは、「終身任期」

 ●衆議院と「同格」
───────────────────────────────────
 "定員"について(推定・全部で380名前後)
───────────────────────────────────
 *皇族議員 → 満18歳に達した皇太子、皇太孫、満20歳に達したその
         他の皇族男子は、自動的に、議員。定員なし、歳費なし。
───────────────────────────────────
【華族議員】
───────────────────────────────────
 *公爵、公爵議員 → 満25歳に達した公爵・侯爵は、自動的に、議員。
            定員なし、歳費なし。

 *伯爵、子爵、男爵議員 → 最終的な定員は、150名。
───────────────────────────────────
 *勅任議員 → 最終的な定員は、206名以内。
───────────────────────────────────

 こんなところが、「貴族院」だった。これが、「参議院」に、代わった。

 もちろん、代わった理由は、第二次世界大戦の終結によって、アメリカが、

 日本を、民主化する目的で、憲法を改正し、日本国憲法にした事によるもの。

 「貴族院」とは言わば・・・

 天皇を中心とした"君主制"を、維持して行くための象徴であったようなのだ。

 だから、アメリカが、これを潰そうとするのは、当然の成り行きだったろう。

 それなら、今さら、何故に、私が、現代版「貴族院」を、提唱するのか?

 別に・・・

 天皇万歳の"君主制"に戻そうなどという気は、更々ないし、無意味である。

 私は、前述のように、ただ、「参議院」の必要性、存在意義を、鑑みて、

 現代版「貴族院」の提唱を、思い立っただけである。今の時期だから尚更。

 それに・・・

 年間3400万円以上の歳費を、遣わせるに値する国会議員は、いますか?

 「参議院」だけじゃなく、「衆議院」にも、ほとんど、いないでしょうね。

 日本国の借金が、どんどん増えて行っている中で、こんな無駄遣いは、

 一刻も早く、止めなければなりません。税金は、有用な事に、生かすべき。

 そのためにも、現代版「貴族院」が、必要なのです。どうしてなのか?

 貴方は、今一、合点がいかないと、思います。どうして、税金を有用に??

 民間交渉人Takが考える現代版「貴族院」=「優雅院(仮称)」
───────────────────────────────────
 「優雅院(仮称)」の特徴
───────────────────────────────────
 ★定員480名(衆議院と同じ=衆議院と"同格"にするため)
───────────────────────────────────
  おそらく、東京や大阪などの大都市に、集中するでしょうね。
───────────────────────────────────
 ★歳費なし(全て費用は自分の持ち出し)
───────────────────────────────────
  現在、「参議院」の定数が242名、1人あたりの歳費を約3400万円
  にすると、約82億円程度の税金を節約出来る。その上、「優雅院」では、
  それ以外の部分も、全て自費になるため、100億円程度の税金は節約出
  来ると、推測される。議員特権も、必要がなくなる。
───────────────────────────────────
 ★非公選(選挙なし)
───────────────────────────────────
  「参議院」で掛かっていた選挙による拠出金(税金)が、一切必要なくなる。
───────────────────────────────────
 ★終身任期(世襲、大歓迎)

 ★解散なし
───────────────────────────────────
  今の日本で、一番欠けている「長期ビジョン」を、安心して、考える事が
  出来る。しかも、世襲を是認することにより、子々孫々にわたって、その
  ビジョンを、踏襲して行くことも、可能である。

  そのため、首相が短期間で、入れ替わっても、「優雅院」議員のチェック
  により、「長期ビジョン」の持続性が、保たれる。
───────────────────────────────────
 ★欠員が出た場合に、「優雅院」議員全員の総意で、補充する。
───────────────────────────────────
  *しかし、実際には、「密室談合OK」であり、そこで、決定される。
   有権者(国民)による選挙が絡んでいないので、特に問題はない。
   ゆえに、自分を売り込むために、「優雅院」議員に、事前に接触するこ
   とや、金品を渡すことなど、特に、禁止事項は設定しない。
───────────────────────────────────
 「優雅院(仮称)」の特権および心得
───────────────────────────────────
 ◆「清廉潔白」である必要性なし
───────────────────────────────────
  有罪になっても、刑に服している間は、議員ではなくなるが、出所すれば、
  再び、議員に戻っても、構わない。「清濁併せ呑む」くらいの気概を。
───────────────────────────────────
 ◆「暴言」「失言」「放言」全て良し
───────────────────────────────────
  これによって、マスコミに叩かれ、その職を辞さなければならなくなった
  議員が、何人いたことか。金持ちである「優雅院」議員は、そんな小さな
  事は、気にせずに、日本の「長期ビジョン」に、取り組んで欲しい。
───────────────────────────────────
 ◆「優雅院」は、金持ちが前提だから、貧乏人の心など分からなくて良し
───────────────────────────────────
  金を持っている人に、貧乏人の気持ちを分かって欲しいなどということは、
  どだい無理。分かった振りをしているだけ。それならば、そのお金を有効
  に、日本国のために、遣ってもらった方が、国民としても、お得である。
───────────────────────────────────
 ◆専門分野に精通するな。全体を把握することに、終始する。
───────────────────────────────────
  精通してしまうから、「〜族」などという特定の団体の利益誘導者に、
  陥ってしまう。そんな羽目にならぬよう、「優雅院」議員は、大きな視点
  で、目の前にある専門分野の問題を、解決するように、導く。

  例え、それが、その団体にとっては、不利益であっても、日本国全体では、
  有益である場合に、実行しなければならない案件が、存在するだろう。
───────────────────────────────────
 ◆金が続く限りは、「世襲制」に、こだわる。
───────────────────────────────────
  出来れば、現在の「衆議院における世襲議員」も「優雅院」創設によって、
  鞍替えしていただきたい。今の「衆議院」では、「世襲制」の良さが発揮
  出来ないだろう。マスコミや世間に叩かれるのが、落ちだ。

  今のマスコミは、「世襲制」の悪い側面ばかりを、指摘しているが、理念
  やビジョンを継続させて行くには、どこの馬の骨だか分からぬ人間よりも、
  自分の子供達の方が、伝えやすいし、意味することも、察知出来るだろう。
───────────────────────────────────

 以上、足りない点は、たくさんあると思うが、「参議院」よりはマシだろう。

 色々書いたが、2本柱は「長期ビジョンの遂行」と「税金投入の抑制」だ。

 そのためには・・・

 日々のお金にも、暮らしにも、汲汲としている貧乏人では、ダメなのである。

 少し、高見のところから、見ていられる人間。だから、「優雅院」が必要。

 人間余裕がないと、なかなか国家の「長期ビジョン」までは、頭が回らない。

 例え、回ったとしても・・・

 長続きさせられないだろう。今の日本には、50年先、100年先を、

 見据えたビジョンが存在するのだろうか?やり遂げようとする人はいるの?

 この際・・・

 お金持ちを、変に嫉妬したりせず、うまく国家のために、働いてもらおうよ。

 そのために、中途半端な「参議院」を潰して、「優雅院」を作ることは、

 充分に、意味のあることだと、俺は思うけどなぁ。税金も節約出来るしね。

 世襲議員がとりわけ多い「麻生内閣」だからこそ・・・

 この辺のことを、真剣に考えてくれそうな気が、するんだけどな、どう?

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.