グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
リストラにあったら『弱者の知恵』〜家族円満編


 12月も、半分を過ぎましたなぁ〜。平成20年、2008年も、有終の時。

 世の中は、忘年会だ、クリスマスだ、年賀状だって、相変わらずですが、

 私は、数年前から、世情とは、少し距離を置いて、過ごすことにしています。

 別に・・・

 意味はありません。ただ、世に、追い立てられて、生きるのが嫌なだけです。

 何故なら、世は、イザという時に、味方してくれません。弱者の敵なのです。

 会社は苦しくなったら、一番立場の弱い契約社員の首を切り、生き延びる。

 あんなに一生懸命と・・・

 契約社員の貴方が言っても、たかが"弱者の戯言"としか、捉えていません。

 会社の言い分は、「こういう時のために、お前らを、雇っていたんだよ」

 「だって、労組も、正社員程、うるさくならないから、首切りやすいしさ」

 これが・・・

 世の手先である会社の本音でしょうね。今は、正義感面したマスコミだって、

 まさしく、世の手先ですからね。話題になっている時だけ、取り上げますよ。

 特に、民放なんて、スポンサーという名の会社が絡むから、突っ込みにくい。

 こういう時、貴方の本当の味方になってくれるのが、「家族」だけなのです。

 だからさぁ・・・

 いつまでも、首切りされた事を、「家族」に、隠していたら、ダメだって。

 言いにくいのは、分かるけど、それじゃ、只、問題を先延ばしするだけだよ。

 本当の事をさらけ出して、「家族」で顔を付き合わせて、団らんしてご覧。

 もし、貴方が・・・

 普段から、「家族」の事を、第一に考えているならば、親身になってくれる。

 けれど、「仕事」が第一で、「家族」が第二ならば、崩壊するかも知れない。

 それは、貴方次第。もしかして、確信が持てないから、言えないのかな?

 どちらにしても・・・

 世の動きに、貴方が合わせるのじゃなくて、自分自身で、決断すべきです。

 もし、そのままにしておいたら、近い将来に"支払いの問題"が、発生します。

 家賃、公共料金、各種ローン、クレジット、学費…それこそ様々なものが。

 そんな切羽詰まった時になって・・・

 貴方が、首を切られたことを、話しても、無責任のそしりは、免れません。

 直ぐに話していれば、奥さんがパートに出るなり、子供が新聞配達するなり、

 何らかの手が打てたはずなのです。失業保険をもらうことも、堂々と言えた。

 役所だって、理由を言えば、税金、健康保険、国民年金など、融通が利く。

 現に私も、税金と健康保険は払えるだけ分割で、国民年金は減免処置済み。

 貴方が躊躇っていても・・・

 時は流れているのです。自分と「家族」の生活は、継続しているのです。

 仮に、正直に言って、最悪の事態として、「家族」が崩壊したとします。

 でも、それは、貴方が、本当に、「家族」のことを、考えてなかった証です。

 まさに・・・

 自業自得ってヤツですね。けれど、例え、ここで「家族」を失ったとしても、

 貴方の人生が、終わる訳ではありません。ここから、新たな幕が、開きます。

 ある意味、これも、貴方の決断によって、"人生を切り開いた"とも言える。

 ズルズルの関係は・・・

 貴方にも、「家族」のためにも、ならないでしょう。仮面家族なら別ですが。

 崩壊したということは、ハッキリ言えば、金だけの結び付きだったって事。

 これに懲りて、貴方は、世や会社のためじゃなく、「家族」を大切にする事。

 私が見る限り・・・

 現状の日本の「家族」は、ただ、同じ屋根の下に、共同で暮らす同居人です。

 この傾向は、24時間のコンビニが出来てから、尚更、加速されました。

 それぞれが、別に食事を摂っても、事が足りるように、なってしまいました。

 先ほど挙げた・・・

 「団らん」という言葉が、死語になりつつあります。だからこそ、逆に、

 上記のような試練(首切り)の時に、その「団らん」で、結束を固めるのです。

 それが出来てこそ、同居人から、本当の「家族」への脱皮が図れるのです。

 そのまま・・・

 ズルズル同居人のままでいるから、お互い、さして深い思いやりを持てずに、

 「親殺し」「子殺し」が、起きてしまうのです。でも、私から言わせれば、

 「同居人殺し」に、他ならない。金だけが結び付ける同居人による殺人です。

 これらを避けるには・・・

 『弱者の知恵』を働かせること。例え、試練が、強者である会社や世から、

 与えられたものであっても、それらをテコとし、バネに、変えてしまう。

 つまり、逆境を利用し、自分の「家族」の結束を、それまで以上に固める。

 これこそが・・・

 『弱者の知恵』であります。これを働かせた時に初めて、「お金」以外の

 価値観に気が付くのです。互いに暮らせることの幸せを、噛み締めるのです。

 そのために、貴方は、勇気を持って、首切りに遭ったことを、言うべきです。

 人は・・・

 意外に鈍感です。何か逆境がないと、自分が幸せでいることに気付きません。

 だって、何か対比させる体験がないと、それがどれくらいか比べようがない。

 会社や世に与えられた忌々しい試練でも、それによって、一番重要な「家族」

 を認識出来る。ほんの少しの幸せを感じられる。試練を逆手に取りなさい。

 そこから・・・

 貴方の本当の人生が始まる。そして、会社や世から、距離を取ることが可能。

 会社や世は、元々"強者"なのだから、当然、貴方とは、相容れないのである。

 貴方は、『弱者の知恵』を上手に働かせて、強者を旨く利用する事が、肝要。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.