グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
自分と合わない人間に対処する方法


 前号で、「異常暖冬」を伝えたと思うと、今度は欧米で「異常寒波」発生。

 でも、考えて見ると、「異常」の時は報道されるが、「通常」はされない。

 だから、「通常」の期間が、例年に比べて、長いのか短いのか分からない。

 それを考えると・・・

 「異常」という言葉に、驚愕し、極端に反応しない方が良いのかも知れない。

 ただし、自分がその最中にいる場合は、そう悠長な事を言ってられないかも。

 それ以外は、少しは長い目で見ていた方が、精神の健康さは保たれるだろう。

 人の好き嫌いも・・・

 職場や、学校などで、どうしても、「合わない人」って、いますよね?

 まぁ、そういう人を、一般的には「生理的に受け付けない」等と言います。

 でもねぇ、一般的な評価をしてみると、果たして、それ程「酷い人」なの?

 私の場合だと・・・
───────────────────────────────────
 【Aという人物】
───────────────────────────────────
  ●遅刻はしない。

  ●職場に行く時、必ず迎えに来てくれる。

  ●自分の車で迎えに来てくれた時は、帰りも家の近くまで送ってくれる。
───────────────────────────────────
 【Bという人物】
───────────────────────────────────
  ●遅刻はしょっちゅうする(私が電話で起こすことも度々)。

  ●会社の車を使う時は、私が駐車場まで取りに行く(家はBの方が近い)。

  ●自分の車を使う時でも、Bの家の近くで待つ。帰りは送ってくれない。
───────────────────────────────────

 貴方なら・・・

 客観的にデータだけを見て、「A」を選びます?それとも「B」ですかね。

 この3つのデータだけなら、殆どの人が、「A」を選びますよね、きっと。

 でも、私は、「A」を非常に毛嫌いし、「B」とは何となくウマが合う。

 何年間も・・・

 「A」は、私に対して、そういう厚意をしてくれているのに、失礼ですよね。

 一方、「B」は、ここ数ヶ月を見ても、こんな調子。気遣いはほとんどなし。

 それなのに、私は何故「A」を毛嫌いしているのか、客観的に分析して見た。

 分析結果・・・
───────────────────────────────────
 1「A」は、自分のやっている厚意に対して「これだけやってやっている」
  「お前は感謝して当然」という態度を常に取っている(そう見える)。

 2自分のすることは、例え、それが「法律違反(スピード違反など)」でも、
  正当化してしまう。しかし、他人がそれをすることは許さない。

 3こちらが話をすると、「揚げ足ばかりを取ろうとする」。
  そのくせ、「他人の悪口」や「他人の失敗」には敏感で、即、話に乗る。

 4陰では、会社の批判をしているが、公式な席では、きちんと発言出来ない。

 5人との関係を「損」「得」勘定のみで、捉えている。

 6いつも表情が暗く、無口。そのくせ、自分と気が合う人との会話は弾む。

 7自分の無口は許せるが、他人の無口は許せず。だから、私が黙っていると
  いつの間にか、機嫌を損ねる。けれど、私が何か話し出すと、腰を折る。

 8一度、正面から彼の態度を非難した事がある。その時「A」の取った行動
  は突如「車の蛇行運転」。何も言い返さなかったが、感情的な態度や表情。
───────────────────────────────────

 確かにねぇ・・・

 この「A」という人、難病に罹っていて「副作用の強い薬」も常用している。

 健常者でも、つらい職場だから、「A」の態度も、ある程度大目に見るべき。

 ただし、私も疲れてくるとそこまでの余裕がなくなってしまう。尚更無口に。

 それと・・・

 8の項目で挙げたように、「A」には、いくら筋道を立てて、話しをしても、

 「A」自身が言葉を組み立てる能力が低く、感情的で、話し合いにならない。

 これ以降、職場へ向かう時は、一緒になる事が多いので、感情を避け無口に。

 でもねぇ・・・

 適度な会話の大切さを身に沁みてます。無口だと時間が長く感じますものね。

 睡眠時間も4時間位しか取れない職場なので、助手席だと眠気を我慢が辛い。

 「A」の自車だと、往復運転していただいている手前、寝られないしなぁ〜。

 だから・・・

 客観的に見ると、「A」にしていただいている厚意には、感謝していても、

 反面、毛嫌いしてしまうということが、どうしても出て来てしまう。許して。

 それだけに、あまり気遣いのない「B」だが、その気楽さに安住してしまう。

 まぁ、これも・・・

 「A」には感情的と非難しておきながら、私の感情の為せる業でしょうなぁ。

 人間の評価なんて表面上の厚意や行動だけじゃ、単純に計れないものですね。

 やっぱり、「好き」「嫌い」になってしまうと、感情的な部分が増加します。

 仕事だから・・・

 しょうがなく付き合っている人達が、貴方の周辺にも、沢山いる事でしょう。

 上記の「A」の様な人の場合、喋っても喋らなくても自己の感情を害します。

 それならば、なるべく省エネで、労力を遣わない「無口」になるしか術ナシ。

 私はこう思います・・・

 世の中には、いくらこちらが努力しても、「通じ合えない人達」がいる事を。

 特に、「人の悪口」や「自分の愚痴」を話の主にする人とは、私は合わない。

 そして、他人の幸せを素直に喜べず、「妬む」「嫉む」人とも、ご勘弁願う。

 けれど・・・

 世の中、不況になればなるほど、利己が勝り、エゴが全面に押し出る人増加。

 常識的に動いているようなのだけれど、実際は、他人の事など少しも考えず。

 平成22年、4度目の年男。エゴが引っ込み、エコ(優しさ)が全面にを願う。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.