グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
行動は正解でもリスクを取らされる可能性


 春の気配はするが、まだ、足踏みをしている感じのここ北海道は札幌の空気。

 「待ち人(春)は中々来ない」から、来た時の喜びは、一入なんだろうなぁ。

 そんな中で・・・

 前回お知らせしたアウェイ戦「施設警備2級検定」は、予想通り負けました。

 戦略(学科勉強)やシミュレーション(実技練習)は、事前に、みっちり重ねた。

 まぁ、今の実力でしょう。相手(検定)の力が、私を上回っていた現実を知る。

 ただ・・・

 この検定を受けたお陰で、日常の業務において、様々な工夫が出来たので、

 それらに気付かせてくれただけでも、受験をした意味があるというものです。

 でも、暫くはアウェイ戦は勘弁ですよ。それだけ、力を使い果たしました。

 それから・・・

 26年前の試験官は、やっぱり、俺の事をちゃんと見ていたのかも知れない。
 http://www.unlimit517.co.jp/gnews243.htm

 冬と春との季節の変わり目であるこの時期、私は"事故"ってしまいました。

 3月13日22:05、会社の車を運転していた私は、国道36号線脇に。

 何故か・・・

 その時、路面状況は「圧雪アイスバーン」。日中、気温が上がった路上に、

 雪が乗っているという非常に滑りやすい状態。それは充分承知の上だった。

 また、普段からこの附近は滑りやすいため、注意もしていたのだが"事故"に。

 分析して見ると・・・
───────────────────────────────────
 1.少し前の交差点で、停止したため、「加速」の最中であった。
───────────────────────────────────
  *「加速」中から急にフットブレーキ(車はAT)によって、減速したため、
   フロントが左へ、リアが右へ流れるなど、車の挙動がおかしくなった。
   ATでも、手動でセカンドへシフトダウンする事により、若干エンジン
   ブレーキも効くので、この場合、使用すべきだったかも知れない。
───────────────────────────────────
 2.ここの制限速度は50km。私も、約50kmでは走っていた。
───────────────────────────────────
  *冬はと言うより、こういう路面状況では、制限速度で走っていたから、
   安全だとは限らない。場合によっては、もっと減速する必要性がある。
   私の判断が甘かったと言わざろう得ない。後10km減速すべきだった。
───────────────────────────────────
 3.滑り始めた時点で、既に停車中だった前車との車間距離は約20m。
───────────────────────────────────
  *私の場合、冬は前方、後方とも、車間距離を長めに取る。今回も長めに
   取ってはいたが、ブレーキ後の車の挙動から少し焦りが出て来たのかも
   知れない。しかし、そのまま、ブレーキングをし続け、運を天に任せた
   まま、前車の後ろに、突進して行く事は、出来なかった。
───────────────────────────────────
 4.前方に歩道橋があり、その左側方に、「スペース」が存在していた。
───────────────────────────────────
  *運良く、左側に、車が入って行ける「スペース」を発見。殆ど迷わずに
   この行動を選択。上手く入り込めたが止めようと思い、フットブレーキ
   を敢行したところ、またもリアが右に流れ、運悪くそこにあった雪山に、
   接触。右リアのバンパー及びライト付近を破損させた。私は無傷。

   この時期の雪山は、黒々と汚れており、その上、氷のように硬いため、
   車でも、ある程度の衝撃で接触すると、結構な破損をしてしまう。
   雪というよりは、まるでコンクリートにでも当てたような感じである。
───────────────────────────────────
 5.運転していた軽自動車には、「ABS」が付いていたがその時作動せず。
───────────────────────────────────
  *いつもなら、うるさい位(本当にあの音はうるさい)に効く「ABS」が、
   今回は効いていなかった。おそらく、あの路面状況では、きつく踏んで
   いなかったのだろう。「ABS」を効かせていれば、制動距離が短く済
   んだのか?そうしていれば、前車の後ろで止まれたのか?これらは結果
   論なので、何とも言えない。そういう可能性があったのかも知れない。

   しかし、これは事実であり、実験ではなかった。その場では、何らかの
   「危険回避」の行動を取らなければならなかった。その方法が私の場合
   「4」を選択したということ。
───────────────────────────────────

 この場合、この状況で・・・

 私が取った行動は、私自身は間違っていないと思っている。それは今でも。

 会社の車輌担当者も、「決して、間違ってはいない」と、言ってくれている。

 けれど、「単独の物損事故」を起こしたのは事実。会社の保険も利かない。

 翌週の月曜日・・・

 件の車輌担当者から、携帯に電話が入り、「社長と相談したが、自腹で…」

 と、つまり、破損した箇所を、「自分の金で、損失補填してくれ」という事。

 以前から、この会社の体質については、理解していたので、2つ返事で了解。

 本当は・・・

 今年の7月には、やっと長年返し続けた「借金」がなくなるので、ここで、

 新たな経済的負担は非常に重荷である。普通なら「会社の仕事でやったのに」

 と、一言も二言も不満を述べたい所である。けれど、仕事を無くすのも辛い。

 なんせ、社長の・・・

 ワンマン経営の中小企業だけに、逆らって、辞めさせられた奴、数知れず。

 どの位掛かるか分からないが、数万円程度のことで、事を荒立てるのも、

 リスク(自分の現在の生活において)が大き過ぎる。だから、今回は黙る。

 まぁ、会社(社長)の方も、「全額自腹」から「会社と折半」に譲歩したし。

 でもなぁ・・・

 本音を言うと「折角、生活を切り詰めてきたのに、この時期の出費は痛い」

 けれど、あの時点で、自分の取った行動に間違いはない。間違いはなくても、

 結果として、自分がリスクを背負わされる事って、あるんだよねぇ〜本当。

 惜しむらくは・・・

 後10km減速していれば、ああいう状況に、なる確率は低かったかもね。

 でも、ならなかったとも言えない。結果論だからね。「後悔先に立たず」だ。

 呉々も、貴方も、冬に限らず、車の運転には、充分に、気を付けて下さいね。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.