グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
滞納金を巡る役所とのバトル


 いやぁ〜、お盆が過ぎても、暑いですなぁ〜ここ札幌も。でも湿度は下降。

 10%湿度が下がるだけで、洗濯物の乾きは違うし、体感温度も低下する様。

 人の感覚は、微妙なものですなぁ〜。だから、打ち水とかも有効なのかも。

 昨日、行ってきました・・・

 区役所ですよ。「バトル」の開始です。少しオーバーですが、そんな感じ。

 元はと言えば、親の遺産を食いつぶし、そのお金で作った会社も巧く行かず、

 その後は、サラ金数社に借金はするわ、必然、公的な借金は後回しになった。

 漸く・・・

 サラ金関係の借金は返し終わり、後は、積もっていた公的な借金の返済問題。
 http://www.unlimit517.co.jp/gnews248.htm

 大きな課題は2つ。「国民健康保険料」の滞納と「道・市民税」の滞納。

 「国民健康保険料」の滞納額は約42万円。「道・市民税」は約13万円。

 両方合わせたら、約55万円。現在の収入からいうと、全額一括返済は無理。

 それで・・・

 2年位前から、区役所に1年に一度出向き、担当者に返済について相談し、

 「国民健康保険料」は月々5千円、「道・市民税」は月々8千円の返済約束。

 だが、新しい年度のものが、そのまま残ってしまうために、焼け石に水状態。

 このままでは駄目だ・・・

 それで、私は、サラ金関係の借金が終わった時点で、次のように考えた。

 「国民健康保険料」は、年金もセットになる『厚生年金保険』に切り替える。

 しかも、『厚生年金』にすると、会社が折半してくれるという利点が加わる。

 「道・市民税」についても・・・

 今年の第2期からの分は、給料天引きにする。それで新しい借金は出来ない。

 後は、現時点で残っている約13万円をどうするかという問題に集約が可能。

 私は2つの課題を「借金を増やさず、金額を明確にする」事で対処を試みる。

 先ずは「道・市民税」から・・・

 担当者はH氏。2年前から同じ。結構、きつい事も言うが忠告もしてくれる。
───────────────────────────────────
 例えば、「月々1万円未満の返済ならば、給料の差し押さえも辞さない」

 その一方で「延滞料はそれ以上増額されないので、後回しにしても良い」
───────────────────────────────────

 結論は・・・

 最初は、来年の3月迄に、返済をしてもらわないと困ると話していたH氏。

 私が「国民健康保険料」も約42万円滞納していると話すと、態度が軟化。

 来年6月末迄月々1万円で了承。残金は電話のみで納付書を送付するとの事。

 私の目論見は・・・

 月々約5千円位で2年程で完済だった。まぁ、これは少し甘かったと思う。

 妥結額としては、1万円が妥当だったのかも知れない。お互いにとっても。

 けれど、前2年間の少額でも「納付実績」がなかったら、駄目だったとの事。

 後は地道に返すだけ・・・

 いよいよ次は、多額の滞納がある「国民健康保険料」と対峙する。如何に。

 現場担当は若いT氏。前回は、私がついつい声を荒らげてしまった相手だ。
 http://www.unlimit517.co.jp/ana313.htm

 私も悪い。「5千円以上は払えない」と言い切り、話の糸口を与えなかった。

 そもそも・・・

 約42万円を、月々5千円で返そうとすると、84ヶ月、7年間も掛かる。

 それは、T氏もウンと言わないわなぁ。でも、無い袖は振れないのも事実。

 色々な事情を考慮に入れて、今回は臨んだ。私が出した結論は月々1万円。

 T氏から・・・
───────────────────────────────────
 「前回は、月5千円しかとの事でしたが」と切り出されたので、即座に、

 「何とか月々1万円をお支払いして行きます」と応えた。T氏は、それ以上

 無理だと覚ったと見えて、直ぐに、「1万円で納付書を作成して来ます」と。
───────────────────────────────────
 結局は・・・

 枚数が多過ぎて、時間が掛かるとのことで、後日、郵送することとなった。

 納付誓約書を見ると平成26年2月迄、月々1万円の支払方式を踏襲する様。

 約3年半も、良く待ってくれる気になったなと思い、有り難い心持ちがした。

 それに対して・・・

 私は一言付け加えた。「市税の滞納分を完済したら、少し大目に払います」

 T氏も「そうですね。余裕がある時には、2ヶ月分を払っていただければ」

 T氏の協力の上、何とか目論見通り事が運ぶ。和らいだ気分で区役所を後に。

 元来・・・

 私は、役所の人間が嫌いである。でも、話し合い如何によっては融通が利く。

 ただし、前提条件がある。お互いに取り交わした約束を、きちんと履行する。

 払えといわれたものは、期日まできちんと支払う。それが最低限の条件だ。

 約束不履行では・・・

 役人のそっぽを向かれても、しょうがない。それで文句を言っても始まらぬ。

 約束を守った上で、言う事は言うが、引くところは引かないと通用しない。

 今回は、色々な意味で勉強させていただきました。後は完済まで頑張ります。

 こんな経験は・・・

 転職しない人や余り躓かない人には、しなくても良い経験なのかもしれぬ。

 スムーズに払っている時は「健康保険料」「市税」何か気にならないからね。

 私もそういう時期があった。今見るとそんなに引かれていたんだという感じ。

 でもねぇ・・・

 一度でも、躓くとその重さに気付くかも。だって、払えないんだものなぁ。

 厚生年金などで、会社が折半してくれるのも大きいよ。組織から外れると、

 その有り難みも分かる。日本の制度は、やはり組織を優先している様である。

 実は・・・

 ついさっき、気付いた事があった。何気なく、7月の給与明細を見ていた時。

 「あれ!?今月から引かれている厚生年金保険料と健康保険料が、何故に、

  こんなに安いんだろう?言われていたのより、1万円以上も安いよ!!」

 事務のS女史から・・・

 言われていたのが、約2万6千円。実際に引かれたのが、約1万5千円。

 この差額は、どうして起こったのだろう? 加入した月が、遅かったから?

 しかし、加入した月は7月1日で間違いない。それなら、何故どうして??

 電話で・・・

 S女史に尋ねようと思ったが、あいにく、今日は土曜で休日。どうするか。

 私は、"ある事"を思い出した。以前、自分の年金記録が見られるシステムに、

 登録していた事を。システムの名称も思い出せず、あるはずの郵送物もない。

 その後・・・

 何とか郵送物を探し出し、そのシステムにログインする事が、可能になった。
 http://www.nenkin.go.jp/idpass-service/service.html

 「ねんきん定期便」など待たずとも、このシステムなら、自分の年金記録に、

 即アクセスする事が出来る。非常に便利なシステムだから、登録を勧める。

 早速・・・

 アクセスして確かめたところ、「平成22年7月1日に厚生年金再加入」に、

 なっている事は間違いない。そして、何故、保険料が安かったのかが判明。

 「標準報酬額」を低く設定していたからだ。意図的かどうかは分からぬが。

 まぁ・・・

 会社の本音としては、不安定な職種だし、余り、折半で会社の持ち出しを、

 増やしたくないしというのも、あるのだと思う。しかも、介護保険料もナシ。
 http://nzeiri.sppd.ne.jp/syaho/tukiSyaho.htm

 けれど、長年に渡ると年金受給額に差が出る。でも、今は少ない方が助かる。

 将来的に・・・

 どの位の年金がもらえるのか、現状では分からないだろう。政権も政情も、

 不安定で、政府には今現在で約900兆円以上の借金もあるし、見通し暗い。

 そんな中で、年金に過度の期待するのは、危うい気がする。少し冷静な目を。

 それにしても・・・

 俺も「年金」の事を考える様になったんだなぁ〜と、感慨深げに思っている。

 若い頃は、「年金」なんて、老人の問題だと考えていたもんなぁ〜、全く。

 でもさぁ、受け取れる年齢まで、生きていられるとは、限らないんだよなぁ。

 だって・・・

 俺の両親はずっと払い続けていたのに、受け取る前になって、死んじゃった。

 どちらか生きていれば、もらえたけど、同時に死んじゃったから、国庫に。

 こんな人、全国にどの位いるんだろうねぇ。そのお金も無駄遣いしてない?

 もう・・・

 日本に「高度経済成長」は期待出来ない。景気回復にしてもたかが知れてる。

 それにも関わらず、日本丸をどの方向に舵取りすべきか、未だ分かってない。

 そんな政権なら、代わっても意味がない。その舵取りに、具体策を出すべき。

 マニフェスト、アジェンダなどと・・・

 英語で誤魔化すから行けない。日本語で「必ずやる事」で良いんじゃないの。

 日本語が公用語の国で、一番大事な約束が、英語表記では、おかしいでしょ。

 今までも、何か重要な事を隠したい時、政党は英語を使用し、我々を欺いた。

 だから・・・

 この難事には、やはり、母国語である日本語表記しか、あり得ないでしょう。

 正攻法で、真摯に取り組むことが、難事を打開する一番の策だと思うのだが。

 保険料や税金を滞納している奴が、偉そうに言って、誠に申し訳ありません。

 されど・・・

 母国を愛する心は、貴方も私も、同じだと思います。日本が一番好きです。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.