グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
刑法犯認知件数の減少に纏わるシークレットとは?


 ここ札幌は、この一瞬、素晴らしい晴天です。何か心の隅々が洗われる様。

 でも、次の一瞬には、突然雪模様に変わる事も。それが、北の大地の醍醐味。

 時には、嫌だなぁ〜と思いながら、暮らし始めて早四十数年。今でも大好き。

 切り取り方によって・・・

 人の印象は変わる。天気もですが、「ニュース」等の報道はその最たるもの。

 ワイドショーやら、ニュース番組で、何度も繰り返し、ズームアップして、

 報道されると、人は、必要以上に、強烈な印象で、捉えてしまう傾向がある。

 その中でも・・・

 「殺人事件」はその傾向が高い。「無差別」「大量」等の言葉が付くと尚更。

 しかし、豈図らんや、「殺人事件」の認知件数は、毎年減少する傾向を辿る。

 戦後最大が1958(昭和33)年の2683件、昨年は最小の1067件となった。

 単純に比較すると・・・

 約40%に減少。ただ、このメルマガでも何度も書いたが、統計の数字は、

 鵜呑みには出来ない。佐賀県警の様に、組織的な改ざんで、数字も変わるし、

 本来は「殺人事件」だったのに、司法解剖等をしない為、認知されない例も。

 日本の場合・・・

 この「殺人事件」の中に、殺人未遂、殺人予備(殺人をする為の準備をする)、

 自殺教唆(自殺を教えそそのかす)、自殺幇助(自殺を手助けする)も含まれる。

 それでも、人口10万人当たりの発生率は1件に至らず、先進国中最も低い。

 実は・・・

 「殺人事件」以外の"刑法犯"の認知件数も、このところ、8年連続で減少中。

 昨年は、158万5951件で、前年比6.9%減。1987(昭和62)年、

 以来23年振りに、160万件を下回っている。次に項目ごとの数字を列挙。

 実際には・・・
───────────────────────────────────
 ●摘発件数 49万7389件(前年比8.7%減)

 ●摘発人数 32万2651件(前年比3.1%減)
───────────────────────────────────
 *刑法犯が減ったのか?それとも、警察官の質が下がったのか?この数字丈
  では判断出来かねる。"安全"をアピールする為、軽微な事案は計上せず?
  http://www.unlimit517.co.jp/gnews145.htm
───────────────────────────────────
 ●検挙率  31.4%(前年比0.6ポイント減)
───────────────────────────────────
 *誇れる数字として、「殺人事件」の95%検挙率があるが、これも旗色が
  悪くなってくると、「殺人事件」から他の事件に切り替えることにより、
  検挙率を維持しているとの指摘もある。
───────────────────────────────────
 ●ひったくり 1万4559件(前年比23.5%減)
───────────────────────────────────
 *ひったくりの様な窃盗犯を除くことにより、検挙率は約10ポイント上昇
  する。その為、事件として、処理をせず、認知件数を減らしたとすれば…。
  それでも、検挙率が下がっているのは、何を物語るのか。
───────────────────────────────────
 ●コンビニ強盗 723件(前年比19.4%減)
───────────────────────────────────
 *詳細は分からないが、感覚では、店数が多い都会では減少、店数の少ない
  郊外では、逆に増えている印象がある。それで、全体的には減少か。
───────────────────────────────────
 ●詐欺、横領等(知能犯) 4万4363件(16.3%減)
───────────────────────────────────
 *詐欺や横領を「知能犯」と呼ぶことに、抵抗がある。人を欺し、陥れて、
  金品等大切なものを、掠め取る非情な輩であるからだ。本当に減っている
  のか?何か事件として、認知されていないだけの様な気もする。
───────────────────────────────────
 ●強制猥褻 7028件(5.1%増)

 ●公然猥褻 2652件(12.5%増)
───────────────────────────────────
 *わいせつは平仮名表記よりも、漢字表記(猥褻)の方が、より卑猥度が増し、
  訴えかける様に思う。増えている事は言語道断だが、この中には、再犯を
  犯した罪深き輩も多いだろう。

  獄中の再教育で「性犯罪」を収めることは、無理であると私自身は思って
  いる。だから、再犯率も高い。教育以外に、再犯を犯させない施策を早急
  にやらなければならぬ。想像以上に、被害者である(主に女性)の精神的な
  ショックが大き過ぎる。その為には、加害者より被害者の人権保護である。
───────────────────────────────────
  よって・・・
───────────────────────────────────
  2回目(再犯)では「情報開示」。ネットやケータイ、電話等で検索可。
  犯人の経歴、住居、行動把握(マイクロチップ埋込やGPS携帯所持等で)
  嫌な情報だが、この場合、知らないよりは知っていた方が身を守りやすい。
───────────────────────────────────
  3回目(再々犯)では「無期懲役」。犯罪の性質によっては「死刑」も求刑。
  つまり、「スリー・ストライク・ノックアウト(SSK)」制の導入である。
  こういう輩は、もう性癖が直ることは、皆無であろう。それでなくても、
  性癖を根絶させることが困難な事は、多くの芸能人の犯罪が証明している。
───────────────────────────────────

 こういう状況の中で・・・

 警察庁の安藤隆春長官と同庁は、次のようなコメントを、発表している。
───────────────────────────────────
 ■治安の回復傾向は、続いているが、道半ば(長官)
───────────────────────────────────
 *数字を捏造した「作られた治安の回復」でないことを願うが。
───────────────────────────────────
 ■若い世代が参加する防犯活動や、防犯カメラ設置などに、取り組み、
  「犯罪の起きにくい社会づくり」を進める方針(長官)
───────────────────────────────────
 *防犯カメラは、イギリスの例を見ても分かる様に、一時的には効果があっ
  ても、場所を変えて、同様の犯罪が行われるだけであって、長期的な効果
  は期待出来ない。それと市民のプライバシーが著しく阻害される問題アリ。
  http://www.unlimit517.co.jp/gnews171.htm
───────────────────────────────────
 ■全国の警察に設置された子ども女性安全対策班の活動で、
  埋もれがちだった被害情報が表面化した(警察庁)
───────────────────────────────────

 それと・・・

 昨今の「殺人事件」で、数字が減少したのは良いのだが、別の事案が露見す。

 それは、高齢者と呼ばれる65歳以上の人が犯した「殺人事件」が175件、

 前年より32件(22%)もの上昇を見せていた。「殺人の動機」を次に列挙。
───────────────────────────────────
 ◆「怒り」 41%
───────────────────────────────────
 *一般の人は、老人というと「好々爺」や「笑顔の婆ちゃん」などを思い浮
  かべがちだが、逆に歳を取れば取るほど、人は「短気」になる傾向がある。
  この動機は、それを恐ろしいほど如実に、示している。
───────────────────────────────────
 ◆「介護・看病疲れ」 17%
───────────────────────────────────
 *"老老介護"の現実がここに表出。体力がそれなりにある年齢の人でも、
  「介護」や「看病」は、肉体的にも精神的にも疲労を感じさせるものだ。
  ましてや、歳を取ってからは、尚更である。行く先に絶望してもおかしく
  ない悲劇がそこには存在する。"逃げ道"はないものだろうか。
───────────────────────────────────
 ◆「恨み」 16%
───────────────────────────────────
 *仕事等を退職し、社会からある程度の距離を取ると、狭い近隣での出来事
  に、一層、心を寄せる時間が増える。うまく行っている時は良いが、少々
  揉め事が起こり、疎遠になってくると「恨み」の感情も、より募ってくる。
  故に、この感情は、会っている時より、会っていない時に育ってしまう。
───────────────────────────────────

 こんな日本だが・・・

 全国の施設に寄付をする「伊達直人運動(仮称)」が、便乗も含めて、幅広く、

 心暖かく、展開を見せている。こんな便乗ならば、どんどんするべきである。

 ただ、無粋なマスコミが、よもや、粋な寄付人達を、暴くことのない様祈る。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.