グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
LPガスと雪の間にある"危ない関係"とは?


 いやぁ〜、札幌コンサートホール「キタラ」の音響は、素晴らしいの一言。

 このホールで、交響曲は初めて聴いたのですが、弦楽器の音が正に心に響く。

 一つ一つの楽器の音、それらがアンサンブルに成った時の音、グレートです。

 私の両親は・・・

 これが「原因」で、亡くなりました。2000年2月11日、正確に言うと、

 その時には、この「原因」がまだ判然としていませんでした。11年ですか。

 先日、D新に、まさに、その「原因」と思われた記事が掲載されていました。

 事故の発端は・・・

 『LP(液化石油)ガス』。全国で、約2500万世帯が利用するエネルギー。

 「原因」は、住宅屋外のガス供給設備を直撃する「屋根からの落雪」である。

 これが、ガスメーターと配管の継ぎ目部分に当たり、衝撃で破損等を起こす。

 放置しておくと・・・

 継ぎ目の部分に、隙間が出来、そこから「ガス漏れ」。更に放置しておくと、

 降り積もる雪の重みで、配管等にもひびが入り、脱落する可能性も含まれる。

 「ガス漏れ」段階で発見なら、未だ良いが「爆発」「火災」に至るケースも。

 現在・・・

 北海道の一般住宅は、60%以上が「無落雪屋根」。この構造は一見すると、

 平坦な形状。これに緩い勾配を設け、雪を下に落とさず、屋根の上で自然に、

 溶かし、残った水分をダクトを通して、排出するという物。落雪事故は減少。

 しかし・・・

 風向きによって生じる「雪庇(せっぴ)」がせり出す様に出来、落ちる場合が。
───────────────────────────────────
 *更に、大雪で、暖気が来る等の条件が重なると「無落雪屋根」の処理能力
  を超え、どうしても、「雪庇」が下に落ちざろう得ない状態になる。
───────────────────────────────────
 札幌市では1〜3月にこうした事故が集中。今年も、2/14現在で、4件発生。

 何れも「無落雪屋根の雪庇」が落ちた事が「原因」。「無落雪」じゃないよ。

 市内では・・・
───────────────────────────────────
 【昨年までの10年間(2000〜2010)】調:札幌市消防局
───────────────────────────────────
  同様の事故 → 計20件
───────────────────────────────────
  今年(2011年)4件(2/14現在) → 2005年7件 2006年5件
───────────────────────────────────
  *今年は、2005年と2006年に続き、多い。もう起きないで。
───────────────────────────────────
  原子力安全・保安院によると・・・
───────────────────────────────────
  全国的には、北日本を中心に、今年 計35件
───────────────────────────────────
  *内、北海道内では、札幌4件、岩見沢3件、江別1件の計8件。この中
   には「隣家の屋根からの落雪」で配管が壊れた事例も報告されている。
───────────────────────────────────
  *秋田、山形、岩手、鳥取の4県では、
───────────────────────────────────
    「漏れたガスに灯油ボイラー等から引火」→ 「爆発」「火災」
───────────────────────────────────
  *雪下ろしの際「誤って、LPガス供給設備を雪で埋めてしまい、重みで
   設備を破損した」「設備に誤って、雪をぶつけてしまった」という例も。
───────────────────────────────────
  【私の両親のケース 2000.2.11】
───────────────────────────────────
   ●札幌市西区西野は、市内でも有数の「大雪地帯」及び「寒冷地帯」

   ●「無落雪屋根の雪庇」が落ち、住宅屋外のLPガス供給設備を直撃

   ●配管等を、損傷(その他の設備機器に損傷があったのかは不明)

   ●漏れたガスが、住宅下部にあった排気口を通り、地下貯蔵庫に溜まる
───────────────────────────────────
   *LPガスは、空気より重く、下に滞留する特徴を有する。更に漏れた
    場合に、直ぐ気付くように、「玉葱の腐ったような臭い」を着ける。
    だが、不幸にも、溜まった場所が地下貯蔵庫。玉葱様の臭いがしても
    不思議ではなかった。

   *その上、燃焼範囲の下限が低く(ガス濃度が低くても)、燃えやすい。
───────────────────────────────────
   ●メインの灯油ストーブだけでは寒かったために、ポータブルの灯油ス
    トーブを地下貯蔵庫の取り出し口のある台所に置き、暖を取っていた。
───────────────────────────────────
                ↓ その結果
───────────────────────────────────
   ■漏れていたガスが、ポータブル灯油ストーブに引火。住宅は、直後、
     
    「爆発」「火災により炎上」し、漸く、約5時間後に、鎮火した。
───────────────────────────────────
   *恐らく、両親は最初の「爆発」のショックで、即死したと思われるが、
    死亡診断書においては、両名とも「焼死」とされている。
───────────────────────────────────
   *不幸中の幸いは、「爆発」の数分前に、隣家の兄妹2人が、両親宅の
    前を通り、「爆発」の時には、既に自宅に帰り着き、事なきを得た事。
───────────────────────────────────

 問題はこれだけではない・・・

 実は、容器(ボンベ)から、ガスメーターまでの設備(供給設備)は、液化石油

 ガスの販売業者に維持管理義務がありますが、ガスメーターの出口から燃焼
 
 器迄の設備(消費設備)は「消費者」に管理責任アリ。この範囲が問題の根元。

 一応・・・

 『液化ガス石油法』という法律によって"5年に1回"(2000年当時は2年)は、

 配管、ガスメーター、ガス栓、ガス器具等について、検査を受ける義務アリ。

 こんな義務、知ってました?共同住宅なら知らなくても来るが一軒家では×。

 良心的な業者なら・・・

 教えてくれるかも知れないが、拝金主義の悪質な業者ならアウト。しかも、

 LPガスという非常に危ない燃料を使っているのに"5年に1回"で大丈夫?

 いざ、事故が起こった時に、揉めるのが上記の「管理責任の範囲」なんです。

 しかも・・・

 私の両親のケースの様に、住宅自体が「爆発」「炎上」してしまった後では、

 管理責任の範囲といったって、証拠が残っていない。実際に札幌市消防局や、

 科警研まで引っ張り出し、調査しても、根本「原因」は、有耶無耶にされた。

 一回だけ・・・

 私の自宅を訪ね、その時の液化ガス販売業者が、線香を立て、手を合わせた。

 その人自体は、良心的な人物に見えたが、肝心の「責任問題」については、

 のらりくらりと逃げる。一時は弁護士と相談し、告発しようとしたが止めた。

 その時・・・

 私は、この問題に拘って生きるより、自分の生き甲斐を見つける事を最優先。

 その後、色々あったが、この選択自体は、間違っていなかったと今でも思う。

 けれど、今でも「ガス漏れ」という言葉や報道には、敏感に反応してしまう。

 ところで・・・
───────────────────────────────────
 【雪害(落雪による損傷部位)】
───────────────────────────────────
  ●ボンベ内の高圧ガスをバーナーに合った圧力まで落とす調整器 50%

  ●配管など 19%

  ●ガスメーター 13%
───────────────────────────────────
 【ガス供給設備・消費設備の改善点】
───────────────────────────────────
  ■配管を口径の太いものにする。

  ■継ぎ目のねじ山が丈夫なものにする。

  ■ボンベなどの供給設備全体を保護する収納庫を設置。

  ■強度のある板(或いはコンパネ)を、供給設備全体をカバーする様に、
   壁に掛ける。その際には、風通しを妨げないように注意する。

  ■地下貯蔵庫の取り出し口付近には、火気を発するものを置かない。

  ■ドスンという落雪の音を聞いたら、直ぐに、供給設備を見に行く。

  ■"5年に1回"のガス器具の検査も怠っているような業者がいたら、
   直ぐに連絡し、どやしつけ、法定義務である検査を即実行させる。
───────────────────────────────────
 【LPガスの臭いを感じたら】
───────────────────────────────────
  ■使用中の火気は、全部消して、ガスの元栓を閉める。

  ■火気は絶対に使わない(煙草は吸うな、酒は飲むな)。

  ■火花が出て、着火源となる恐れのある換気扇や電灯等のスイッチ、
   コンセントには、手を触れないようにする。
───────────────────────────────────
              ↓上記の対策をした上で
───────────────────────────────────
      ◆ガス販売業者、及び、119番に、通報する。
───────────────────────────────────

 11年前・・・

 私が、両親の家の爆発炎上を知ったのは、ローカル番組「夕方DonDon」

 映画のワンシーンのようだった。信じられなかった。半信半疑の儘、現場へ。

 この世とは思えない地獄絵巻が展開されていた。車庫には、親父の車が存在。

 その車を・・・

 見た途端、私は二人の生存の可能性を諦めた。その後、向かいの隣人宅から、

 叔父と一緒に、消防隊の消火作業の様子を、眺めていた。考えられなかった。

 これは真実なのか。どうしてこんな事に。両親が何か悪い事をしたとでも…。

 私は・・・

 無意識の儘、TVのインタビューにも応えていたらしい。後で叔父から聞く。

 何かが突き抜けてしまって、涙も出なかった。でも、目の前では、16歳で

 住み始めた実家が燃えている。両親を中に残したままで烟を上げて、燃える。

 大雪と大寒の中で・・・

 2人はこの世を去り、極楽浄土に。こんな事故は起きない方が良い。切願す。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.