グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「本」も「映画」も一番面白いのは見出し


 急に、サザンが聞きたくなった。メルマガ書きの何時ものBGMはバロック。

 ふと見ると1980年代作。だが、古くさくない。言葉に対する感性が圧巻。

 それに比して・・・

 約30年経た現在、言葉に対する感性は逆に鈍っている。「世は歌につれ」

 これから30年後、今の歌がその頃、どう聞かれるか。聞きたいと思うのか。

 それを、私も見届けられるかどうか。言葉も変遷するが、改悪になっている。

 何時でも・・・

 古い物が好い訳ではないが、客観的に見て、「歌」の好さは現在が劣る感覚。

 それに乗じて、「○流」を打ち上げる巨大広告代理店とマスコミ。内部崩壊。

 心の拠り所である「歌」「言葉」をぞんざいに改悪すれば、国民の心は荒む。

 荒んだ心は・・・

 「不機嫌」のスパイラルを引き起こす。笑顔を減らし、不満顔を蔓延させる。

 他人の不満顔は、その名の通り、他人を「満たす」事がない。不幸せを連鎖。

 而して、武器など用いなくとも、意思疎通の断絶により、国の内部崩壊可能。

 増して・・・

 マスコミが手を貸しているとなれば、尚更である。情弱(情報弱者)は標的者。

 特に、ネットとの関係が薄い人々は、マスコミが出す偽情報を、信じやすい。

 マスコミは、こういう人々を、わざとミスリードし、仕掛けた罠に誘い込む。

 それは・・・

 公共放送機関であるN○Kも例外ではない。それが証拠に、偏向報道厭わず。

 こういうご時世だから、受信料聴取も儘ならず。その穴埋めにはお金が必要。

 裏金を用立てたのが、前出の巨大会社。今でも、高給取りを続けられる所以。

 私が常々・・・

 「マスコミの情報は90%以上が嘘」というのは裏事情をある程度抑えた上。

 「○流」ゴリ押しが露見してからは、その割合が急上昇、今では100%近。

 だから、その情報は、飽く迄も「断片」として捉え、最終的には自分で組立。

 自分で・・・

 統合的に判断する。それが、マスコミのプロパガンダを、打破する良い方法。

 嘘の情報だからと言って、情弱の儘でいると、洗脳はされないが判断も不可。

 洗脳を避けながらも、程良い距離を取り、マスコミを監視し、警告して行く。

 最近・・・

 とみに思う事がある。電車の中吊り広告、新聞等の広告、それが一番面白い。

 端的に言うと「中身より、広告の方が面白い」という事。そう思いません?

 面白いと言うよりは「滑稽」か。変に欲を出したら「中身を見たり枯れ尾花」

 だって・・・

 週刊誌の中吊りなんか、見出しだけ読んでいれば、殆ど中身分かるでしょう。

 中身を読んだって、見出し程のインパクトはない。それなら、中吊りで充分。

 瞬時の情報はネットに任せて、もう少し、腰落ち着け、取材すれば良いのに。

 取材能力も・・・

 文章能力も低下している為、見るべき物が其処にはない。棲み分けを考えよ。

 まぁ、プロパガンダが目的なのだから、その程度で充分なのか。そうだよね。

 記事というよりは、文字でスペースを埋める作業。読者が離れて行く筈だよ。

 広告に転ずると・・・

 如何にも面白そうな「本」「映画」の類。埋める為の提灯文章に、コメント。

 提灯文章は、商売だからしょうがないが、彩る数々のコメントって本物か?

 イニシャルだけのヤツは殆ど「捏造」だろ。売るのに、都合良いものばかり。

 こんなのに・・・

 釣られて、読んだら、ガッカリなんてケース、貴方にも経験があるのでは?

 私も数多くあります。中吊り広告同様、見出し丈で充分だったのにって後悔。

 これからは、大々的に宣伝している物は、プロパガンダの一環と見るべきだ。

 そういう事情があって・・・

 宣伝しているのだと。今やマスコミと読者間には、意識的に大きな隔たりが。

 洗脳しようとする側と、それに抵抗する側だから、隔たりは大きい方が良い。

 要は、嘘だと気付く事。故に、広告に違和感を覚えて当然。寧ろそれが正常。

 「本」だけじゃなく・・・

 「映画」の方も、未だに、大きなコメントは、タレントの嘘臭い推薦文掲載。

 本当に観たの?恐らく、映画配給会社が用意したコメントから、選んでいる。

 「何々さんは、何番のコメント掲載」って具合に。そうでしょう、本当は?

 だから・・・

 私からすると、「何でこんな糞映画!」って思うのが、高評価を受けている。

 実際に詰まらないもんなぁ〜。BSで、昨年の最高評価映画観たけど、駄目。

 まぁ、私自身「自分で面白いと思う映画が最高」と言っているから、無問題。

 どちらにしても・・・

 「本」も「映画」も、個人的に、評価に相当の開きがあるからしょうがない。

 でも、広告の見出し以上、面白い「本」や感動する「映画」は珍しいと思う。

 それ丈、中身に乏しいという事実アリ。よって、大々的な広告が必要になる。

 本屋の店員が・・・

 選ぼうと映画評論家が推薦しようと、面白くない作品は面白くないもんなぁ。

 これらも、情報と一緒で、「断片」は仕入れても、自己で統合的判断が肝要。

 情報が洗脳なら、こちらは、詐欺師(マスコミ)の手口をどうやって見抜くか。

 何れにしても・・・

 単一の情報丈で、判断する事無き様に。洗脳、プロパガンダ、手口が鍵言葉。

 自分が正常かどうかを判断する現代版踏み絵は「○流」。好きでも構わぬが、

 客観的に判断出来なければ、アウト。何が好きなのか、自分に問うてみる事。

 現代マスコミからは・・・

 既に「マスコミの良心」という言葉は死語になった。これも踏まえて置く事。

 民間放送は言うに及ばず、公共放送も、広告親玉に首根っこを掴まれる現状。

 その為、特定国に対する報道にタブー存在。第三国から事実が逆輸入の為体。

 世の中・・・

 =マスコミという図式に囚われると見誤る。今や、世の中は貴方の中にアリ。

 寧ろ、マスコミと同調しない事に、安心感アリ。情弱は貴方を生き難くする。

 マスコミにコントロールされた人生は脱皮して下さい。貴方は貴方のままで。

 嘘を見抜く・・・

 「マスコミが、専門家を全面に押し出し、都合良いコメントを求める時」

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.