グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
施設や機械の経年劣化は気のせいか。


 千歳に来て、早1年4ヶ月余。友人すら敬遠する頑なな心が氷解をし始めた。

 札幌のNがわざわざ来てくれて、両親に手まで合わせてくれた。有り難い事。

 それにしても・・・

 今年は、私の気のせいかも知れないが、何か「施設」「機械」の経年劣化多。

 「トンネルの脱落ボルト」「トンネルの接着剤劣化」「リコール加湿器火元」

 「札幌市役所外壁2t落下」「瀬戸大橋亀裂11ヵ所」「エレベーター開上」

 これ以外にも・・・

 多数アリ。でも、劣化しているのは「施設」や「機械」ばかりではない様だ。

 これらは劣化というより不注意なのだが「何となくぼんやり生きる人間達」。

 「コンポストに転落死」「除雪機誤使用」「ワカサギ釣りCO中毒死」等々。

 もしかすると・・・

 人間の「思考力」が落ちているのではないか。「原因」と「結果」について、

 余り考えずに行動をしているとさえ見える。それに加え、「施設」や「機械」

 等の老朽化が進み、「思考力」の減退に拍車を掛け、残念な「結果」を導く。

 「施設」や「機械」については・・・

 同じ年代に作られた物は、恐らく「同様の欠陥」を持っている可能性が高い。

 だから、一時期に、それらの「欠陥」が噴出する事があってもおかしくない。

 その構造の上に「思考力」の減退が乗っている。故にどちらが先でも危ない。

 日本人は・・・

 こんなものだったのか。そんな事はないと言い返したい。それでは何故に?

 私はその要因の一つが「高度経済成長」であったと睨んでいる。つい先頃迄、

 日本は米国に続いて「世界第二位の経済大国」だった。名目では中国が超す。

 経済の恩恵は・・・

 受けたと思う。それに関しては疑い無しだ。けれど、未だに「経済」=幸福。

 だから、日本人にインタビューすると、「先ずは景気が回復して欲しい」と。

 この期に及んでも「経済」に依存しようとするのである。故にアベノミクス。

 経済というものは・・・

 恐ろしいもので、その象徴である「お金」を目的にすると、際限が無くなる。

 100万の次は、1000万、それを達成したら、5000万、1億………。

 次々に欲が肥大してくる。それに比して、「物欲」も大きく頭を擡げ始める。

 「金欲」と「物欲」の共通点は・・・

 際限がないという事である。そして、お金があれば、"考えずに"物を買える。

 こういう行為を繰り返す中で、日本人はもしかして、「思考力」を失った?

 実は、「経済」というのは諸刃の剣で「物欲」は満たすが「精神」を病む?

 一見・・・

 こじつけの様に思えて、そうではない。何かが足りなくて、悩むところから、

 「思考力」は生まれる。よって、「満ち足りたところ」からは生まれない訳。

 「創意工夫」も、何かが足りないから、色々と試行錯誤する。悩んだ末に答。

 こう考えて見ると・・・

 「思考力」というのは、普段から鍛えていないと衰えるし、養えないみたい。

 だから、「施設」や「機械」の相対時に、「思考力」がないと取り込まれる。

 その時に、「施設」や「機械」も老朽化していれば、危険度がより高くなる。

 現在は・・・

 その"悪いサイクル"の中に、取り込まれている様な気がする。抜け出すには、

 先ず、「お金」では解決しないから、何かが足りなくて、悩む行為から開始。

 そして、「創意工夫」を加え、「お金」では補えない"何か"を見出して行く。

 これは・・・

 正に、私の独断だが、「お金」の足りないところを、「思考力」でカバーを

 する行為自体に、日本人の幸せの源が潜んでいると考えている。これにより、

 「施設」や「機械」の老朽化もクリア出来、更に、不注意を減らす事も可能。

 だからこそ・・・

 私は、「景気」が必要以上に良くなって欲しくはない。寧ろ、程々で結構だ。

 少しの不自由を補える「思考力」から、日本の未来は開けて行く。今考えよ、

 さらば、心が満たされるである。「お金」は、心を、満たしてくれはしない。

 曾て・・・

 親の遺産が一億転がり込んできた俺。ススキノに行きまくった。次々と物を

 買って行った。相棒には、気前よくお金を貸した。その後、借金だけが残り、

 心には虚しさだけが残った。あの満たされた感は何だったのだろう分からん。

 夢の中の様・・・

 でも、何も残っていない。残っているとすれば、両親への申し訳の無さだけ。

 何時迄も、貯金通帳には数字が刻まれていると勘違いした。無くなるなんて、

 考えもしなかった。だから、「お金」を運用するのだって、「思考力」必要。

 何だか・・・

 「施設」「機械」「経済」「人間」というのは、様々に絡み合い、結び合う。

 けれど、どっか飛び抜けちゃうと、全体にバランスが悪くなり、居心地悪い。

 居心地を良くするのは、この4つをそれぞれ、「思考力」でくっつける事だ。

 それなら・・・

 事故に遭う確率は非常に少なくなる。そして、日常生活も充実する事は確実。

 「何となくぼんやり生きる人間達」へ。時には構わないが、いつもは拙いよ。

 「思考力」のボンドをもっと鍛えて。これは、経年劣化することはないから。

 こんな事・・・

 世の金持ちにとっては"馬の耳に念仏"なのだろうな。否、馬の方が未だ解る。

 彼らの本音は「そんなのは、貧乏人の僻みさ」と高を括っていることだろう。

 その位置を保ち続けている限り、彼らには解らない事。「思考力」等不必要。

 そこから・・・

 落ちても、二通りの生き方アリ。再度、「金」にしがみつくか、一歩退くか。

 一方は、「欲」が支配し、もう一方は、「金」を補おうとする「思考力」が。

 寧ろ、補おうというよりは、「欲」ではないもので「心」を満たそうとする。

 世間的に見ると・・・

 前者は格好良く見え、後者は格好悪く、地を這っているように見えるだろう。

 他人の「心」など、他人には見えないのだから。貴方なら、どちらを選ぶ?

 一般的には、苦労などしたくないから前者と。夢を見たいですものねぇ当然。

 私に関しては・・・

 親の遺産を受け継いだ時より、明らかに貧乏になった今の方が「心」安らか。

 段階がありましたが。無くなった「お金」を羨んだ時も、戻れと祈った時も。

 本気で「宝くじ」や「Big」が当たらないかと思った時も。しがみついた。

 つい最近です・・・

 吹っ切れたのは。千歳へ来てからかなぁ。札幌の時はその考えに囚われてた。

 どうも、都会というのは「金」や「物欲」に心を縛られてしまう魔力が存在。

 その都会を抜け出した事が私の"第一歩"でした。「心」が良い方に拡がった。

 こう考えると・・・

 「心」のあり方と「思考力」は密接に結び付いている気がする。追い求める。

 どちらか一方が、「金」や「物欲」に支配されてしまうとそこで断ち切れる。

 どうも、「金」や「物欲」はその役割を果たしている様です。誘惑に注意を。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.