グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
その内に「大人が子供に越される時代」が来る


 CS「太陽にほえろ!」に若き日の志穂美悦子。身のこなし、稀有の存在と。

 その後、こういう女優は現れていない。需要が無いのか、技芸が無理なのか。

 逆に・・・

 昔は稀有な存在が、現代では増長傾向。やだねぇ、こんな奴ら、付き合えぬ。

 貴方の周りにも増えてません?「子供の様に怒りを隠せない大人達」の存在。
 http://www.unlimit517.co.jp/gnews231.htm

 以前、このメルマガでもその典型のS氏について書きました。また、来たよ。

 今度は・・・

 退官した元陸上自衛官。此奴は、最初から変だった。先ず、笑いが不気味で、

 その仮面の下に何かを隠していることが一目瞭然だった。何かを指示すると、

 反論するのだが、単なる「イチャもん」の類で、その根本に信念はなかった。

 どうも・・・

 自分は何に関しても「完璧な人間」だと思い込んでいる。常に他人と比較し、

 「如何に他人は至らないか」を滔々と説明する。他人は何時も不完全で駄目。

 根拠が何も無いのに、何故か「プライドが高く、高慢」で、他人を見下ろす。

 得意先の要請で・・・

 雇われているのに、その大事な得意先の担当者に「激烈な感情」をぶつける。

 自分はそういう性格だから、しょうがない。と何事に対しても、自分を優先。

 自分の評価は120点なのに、他人からの評価は20点。どんどん嫌われる。

 口喧嘩をすると・・・

 最初は威勢が良いが、徐々に、自分の性格に起因することを前面に押し出し、

 勝手に折れる。口癖が「言い合いはしたくないんだけれど」。へたれの典型。

 感情的な物言いになると、頭の中までパニくるらしい。私は至って冷静だよ。

 自分の判断は・・・

 実は外れている。空気も読めない。だが、自分の間違いは人のせい。手柄は、

 自分のもの。「縁の下の力持ち的な仕事」は全て見て見ぬ振り。他人任せに。

 その能力の欠片も無いのに、他人に偉そうにアドバイスを敢行。嫌がられる。

 たった2年で・・・

 彼の味方は皆無に。既に会社のフロントは、彼を「馬鹿扱い」に処している。

 1から10までメモらないと、仕事が出来ない。簡単な事でも説明を求める。

 当たり前の事を態々口にしないと気がすまない(性格だからしょうがない)と。

 他人に対する指摘が・・・

 「挨拶」「掃除」の評価に限られる。それ以外に自分に誇る物が無いからか。

 夜中に、緊急出勤してきた得意先の社員に対して、窓を開け、挨拶を敢行し、

 うざがられる。陸上自衛隊を何時までも引き摺っている。手柄話を始終する。
───────────────────────────────────
 *しかし、私の「自衛隊に対する疑問」には、懇切丁寧に答えてくれるので、
  その点では非常に役立っている。けれど、『特定秘密保護法』施行下では、
  これらすらも、他人によって指される事があるのか。この法律に対しては、
  マスコミを中心に大反対の狼煙を挙げている。私も決して大賛成ではない。
  http://www.unlimit517.co.jp/gnews312.html

  だが、マスコミの知識人を始めとして、市民を巻き込む戦術はあざといと
  感じ、悪寒がする。それなら、特に日本の大マスコミが取っている別戦術
  「母国・日本国を不当に貶め、敵国・K国の都合悪い情報の秘匿」はもう
  止めたらどうだ。それをしない限り、私は日本のマスコミを信じはしない。
───────────────────────────────────

 会社のフロントが・・・

 彼を推薦した幹部に聞いたらしい。「Wさんはトラブルを起こす様な素因を」

 この質問に対して、幹部は無言で肯定していたとの事。言い難いが否定も無。

 自衛隊の援護会では、民間企業に送り出す時「我慢しなさい」と言う様だが。

 彼の辞書には・・・

 「我慢」の二文字は存在していなかった。故に他人に「自我」を押し付けた。

 親父さん同居しているらしいがどういう教育を施されたのか。聞いてみたい。

 「挨拶」「掃除」は基本にあったが、「我慢」は蚊帳の外か。残念な結果と。

 以前は・・・

 仕事の連絡ノートが「感情の発露」だった。事実関係が一番大切だったのに。

 最後は「他人の至らなさのために、自分が失敗した」と締めくくられていた。

 彼に進呈する言葉としては「反省なき心に向上は無し」。けれど、認めない。

 他人を詮索している・・・

 という指摘も「認めない」。彼は自分がどう評価されているか、気付かない。

 客観的な目を持っていない。だから、自己評価が異常に高い。無双の状態だ。

 彼と最初に言い合った時「ボタンの掛け違え」と指摘されたが、違うのよね。

 彼と共通のボタンは・・・

 私の中には存在しない。だから、掛け違えはあり得ない。彼は自己満足する。

 彼の姿は、ドラえもんに出て来る「ジャイアン」そっくり。体付きも瓜二つ。

 陰険そうな表情が物語る。それを張りぼての笑顔で包む。俺はもうやだよね。

 けれど・・・

 俺に教訓を与えるために、SやWが近付く。人生勉強なんだろうね、きっと。

 でも、神様、仏様、もう結構!許して頂戴よ。他人の詮索じゃなく、自己に、

 向って研鑽して欲しいと切望する。今の仕事の到達度は、全盛期の70%↓。

 他人に使われるのじゃなく・・・

 もう少し、頼られる仕事振りを。何十年もああいう組織にいたら世間ズレか。

 それとも、彼が持って生まれたもの?どっちにしても、俺は質の高い仕事を。

 航空、海上とまともな元自衛官で、陸上は変り種が多いかも。何かそんな感。

 しかしなぁ・・・

 50代も半ばを越えた今となっては修正は不可能か。こんな輩の大量生産は、

 もう御免だよ。でも、増えるんだろうな。「顔で笑って、心で泣いて」何て、

 その内に死語になるかも。大人と子供の精神年齢が逆転する可能性すら有り。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.