グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
日本は日本国民に一番優しい国に


 もう30年位前になる。社会人1年生。初任地は釧路。今日、ふと思い出す。

 襤褸アパート。当時は最新式の銭湯。同居人ねも。ビル・ウィザースのメロ。

 飲酒運転は・・・

 絶対に駄目!それは当然。けれど、20年位前は、未だ未だ、甘かったよな。

 特に、北海道は鉄道網が発達していないから、何処へ行くにも、車を利用す。

 冬なんか、歩いて5分先の自動販売機に行くのにも、20分も暖機し出動す。

 突っ掛け代わり・・・

 だわなぁ〜。その気軽さが、「酒」の気軽さにも繋がる。まぁこの位良いか。

 自分に甘いわなぁ〜道産子。それでも、他人を不幸に巻き込まなければ未だ。

 それでも、法律違反だから悪い。だから、捕まっちゃうと「付いてない」に。

 こういう傾向が強かったのが・・・

 当時「パブ男(盛り場で働く男)」と我々の間で呼んでいた人種だった。特に、

 「ボーイズ・パブ」と言って、明け方どころか、次の日の昼間位までやる所。

 下手したら、夕方位まで行っちゃう。スナックの姉ちゃんと良く行ったよな。

 スナックが・・・

 2時とか、3時で閉まるから、その後って。姉ちゃん達も、接客で疲れてさ、

 「パブ男」を揶揄って、少しでもリラックスしたいのよね。こういう人種を、

 ターゲットにしていたのが「ボーイズ・パブ」。1人1人はいい奴だったよ。

 只・・・

 彼奴らには「傾向」があった。特に「夏」。店で、「酒」を浴びる程飲んで、

 その勢いで「海」に向う。その代表格が「おたるドリームビーチ」であった。

 我々が若い頃は「大浜海水浴場」と言っていた。私にはそちらの方が馴染む。

 当然・・・

 彼らは「飲酒運転」。だって、今は分からないけど、当時は、普段からでも、

 ススキノに「車で乗り付けてた」。しかも「路駐(路上駐車)」。警察による

 取締りがある時は、ある所から、情報が入り、その場だけ、他の場所に移動。

 他の飲食店だって・・・

 経営者からして、そういう人達が多かった。ススキノぐるみで「飲酒運転」。

 今は、ススキノに行かないから、事情は分からないがね。いるんじゃないの。

 こんな事情だから、捕まったら、やっぱり「付いてない」って。こんな感じ。

 だから・・・

 今度の事故は、その延長線上で起きた。スピード100キロ位で跳ね飛ばす。

 スマホに夢中で前見ずに。俺も行った事のあるコンビニへ、煙草買いにだよ。

 その為に、4人の女性を、跳ね散らし、3人が死亡、1人も重体という不幸。

 この行為自体には・・・

 1点の曇りも無く「悪魔の所業」。例え、『危険運転致死傷罪』でも20年。

 甘過ぎる。どう考えても、3人殺して、1人も重体何だから、最低「死刑」。

 100キロで前見ずに運転したら、1秒間で22mも進んでしまう計算です。

 その衝撃力は・・・

 何と39mのビルから落ちたのと同じ位です。4人の女性に、こんな衝撃と、

 恐怖を与えていた。言語道断。遺された家族は彼奴を殺しても殺し足りない。
───────────────────────────────────
 *ある統計によると、「飲酒運転」の致死率は、なかった場合の5.25倍。
───────────────────────────────────
 こんな事なら、「車を使用」して、殺人。何て輩も。その方が罪が軽いから。

 彼奴は・・・

 居酒屋勤務だったらしい。Face Bookにも、それらしき写真があったよなぁ。
───────────────────────────────────
 *しかも、レストランに、車で乗り付け、仲間とビールを。普段から常習だ。
───────────────────────────────────
 よって、彼奴が、事故の直前まで「12時間飲酒」は前出のある傾向に合う。

 それは「パブ男」の傾向。恐らく、居酒屋からの「飲酒の勢い」で現れたと。

 ブレーキも踏まなかったから・・・

 3人は即死だったらしい。もし、緩衝材があってもこのスピードと制動では。

 現に、70m先の札幌側には歩道が設置されていた。小樽側には無かったと。

 札幌側は「民間の地権者が土地を寄付」で可能に。小樽側はコストが出ずに。

 でも・・・

 一助にはなり得た。だが、これじゃ「スマートフォンを弄りながら、運転し、

 気付いたら、何かにぶつかって、初めて人だと分かった」物扱いだこれじゃ。

 しかも、跳ねたのが分かった後でも、煙草を買いに行っている。放置してだ。

 幾ら・・・

 気が動転していたにしても、これじゃ人の心持たず。確かに「飲酒運転」は、

 悪いが、せめて、「飲酒運転」に罪悪感を覚え、何時もより慎重に周辺を見、

 運転していたら、こんな事故を起こさなかったのでは。スマホが命取りだよ。

 但し・・・

 「飲酒運転」を肯定する気持ちは、少しも無い。実は、私も20年以上前は、

 「飲酒運転」をちょくちょくやっていた。このドリームビーチでもやってた。

 1〜2時間、酔いを醒ませば、事足れりって高を括っていた。恥ずかしいよ。

 こんな私だから・・・

 現在、車も所持せず、運転もしない生活が一番安心。「飲酒歩行」なら未だ。

 でも、マナー的には良くないか歩行も。「酒」は好きだから他人には迷惑を、

 掛けずに、飲みたい。そうじゃないと、「酒」の神様に申し訳が立たないよ。

 今回の件で・・・

 「酒」が目の敵にされているけど、違うよ。悪いのは飲まれる「人間」の方。

 只、こういう事があると、ビーチにある海の家ではアルコールが出しにくい。

 周辺を考えて、ソフトドリンクや、ノンアルコールを勧める事になるよなぁ。

 けれど・・・

 実際は、海の家の経営、楽じゃないみたい。売上だけじゃなく権利の継続も。

 だから、少しでも高い物を売りたい。ソフトドリンクやノンアルコールだと、

 売上が低い。「アルコール類」を沢山売りたいのが本音。否、こんなご時世。

 しかも・・・

 最近では、コンビニやスーパーからの持ち込みも多い。商売上がったりだね。

 昔、海の家の権利を持っているホステスがこう言ってた。道楽でやらないと。

 詰まり、気を入れて、商売としてやったら、これ程、儲からないものはない。

 今回の三連休だって・・・

 この事故のせいで、入りが普段の1/3と激減。取締りの厳しさを恐れてと、

 他のビーチに寝返った様。踏んだり蹴ったりだよ、おたるドリームビーチは。

 でも、こんな状況なら、余り、商売の事を最優先に言えない。苦しい事情だ。

 それにしても・・・

 件の男の情報、ネットからは消えたね。地元紙も、男の事より、飲酒運転に、

 話題をシフトしている。又「例の法則」発令?この情報は「保護」するのね。

 嘸かし、強大で恐ろしい組織なのでしょう。「秘密保護法」反対が空々しい。

 敢えて・・・

 この男、事故の直前に「自己破産」している。それなのに「あの高級外車」。

 誰の名義なの?あの車。もしかして、生活費は「生活保護費」で、贅沢等は、

 「バイト代」で賄っていたの?今までも、此の手の詐欺紛いの手口は糾弾中。

 車にしても・・・

 「指南役」がいるんだろうねぇ。圧力を掛けたのはその人達。典型的な手口。

 日本のマスコミは手もなく捻られる。情けないね。日本にジャーナリズム無。

 やり口は、目先を「集団的自衛権」や「秘密保護法」の反対に向けさせる丈。

 記事を構成するのは・・・

 記者のペンじゃなく、都合良くピックアップした人間の「インタビュー」で。

 余りにも、あざとくて、飽々して来た。未だ未だ、騙されている奴も多いが、

 既に気付いている人達も、少なくない。「TV離れ」は、その一つの徴候と。

 真実は・・・

 一つしかない。それを避けるならば、マスコミの存在価値無。虚しい組織に。

 手を胸に置いた時「日本国民の真実の為に存在する」に、同意出来ない人々。

 「他国の利益の為に存在する」に激しく同意する人々。母国へお帰り下さい。

 気を付けて・・・

 もう二度と、日本の国土を踏まないで。日本は、日本国民に一番優しい国に。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.