グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
時には「修羅場」が必要な事も


 「常識」と考えられる事すら、学ばぬ。それじゃ、何を学んでいるのだろう。

 次の台詞が浴びせ掛けられた。「それを持っていなけりゃ、殺されますか?」

 やっぱり・・・

 私の持論は的を射ている。「現代の精神年齢=実年齢−10歳」そんな感じ。

 件の彼は「18〜19歳」って処かな。そうすると、幼い発言も宣なるかな。

 件の佐世保の女子高生は「6歳」。小学校一年生。歪な能力を歪な形で育成。

 下記を見て欲しい・・・
───────────────────────────────────
 【佐世保高1女子「頭部・左手首切断」同級生(16歳)の惨殺動機】
───────────────────────────────────
  ●父は早大卒「弁護士」 母は東大卒「教育委員」小6女児事件で提言
───────────────────────────────────
  *父親はインターネット交流サイトの自分のページに、この娘からと見ら
   れるプレゼントの写真を掲載していた。現実が大きく異なるのでせめて
   バーチャルでは「良い家族」を演じていたかったのではないか。
───────────────────────────────────
  ●「母急逝」再婚した父を「金属バット」で
    ・・・「お母さんはどうでもいいのかな」
───────────────────────────────────
  *これは本音だったと思う。そして、バーチャルでうざい存在の父親は
   最早、必要が無かった。自分にとって「利用価値」も消滅したのだろう。
   父親は生身の人間じゃなかったから、「金属バット」でロボットの様に
   粉々にしたかったのじゃないだろうか。
───────────────────────────────────
  *それじゃ、後に弁護士が漏らした下記4つの内容は嘘?
───────────────────────────────────
   1.「父の再婚には賛成だった」
   2.「父を尊敬している」
   3.「母が亡くなって寂しく、新しい母親が来て、嬉しかった」
   4.「直ぐに慣れ、仲良くしていた」
───────────────────────────────────
   最初・・・
───────────────────────────────────
   報道とは、全く正反対な内容だけに、「父の保身」の為に、弁護士が、
   嘘を吐かしていると考えていた。だが、これも彼女の本音だと考えると
   一種の『多重人格者』なのではないかと推測することも出来る。
───────────────────────────────────
  ●「拭いても拭いても血が・・・」「ネット投稿」凶器はハンマー、鋸
───────────────────────────────────
  *「殺人人格」が表に飛び出し、抑え様が無かった。その時を楽しんだ。
   やっていた時は何か充実感があった。しかし、終わってみると虚しさ。
───────────────────────────────────
  ●「バラバラにしたかった」被害女生徒とは「ボーカロイド愛好」仲間
───────────────────────────────────
  *「ボーカロイド(初音ミクなど)」は、正しくバーチャルの象徴だろう。
   バーチャルを通して、表面上の人格だけが、友人と思い込んでいた。
   それが、「殺人人格」に代わられた時、人格としては「殺人」の方が、
   深層心理の中では格上なので、逆らうことが不可能だった。
───────────────────────────────────
  ●「マイ・ファーザー・イズ・エイリアン」周囲が仰天の英語弁論大会
───────────────────────────────────
  *生まれてから、今までに、父と娘が面と向って話したことは何回あるの
   だろう?私は殆ど無いと思っている。主な会話は「メール」だったろう。
   父にとっては、娘は生身じゃなく、存在すらバーチャルだった。
───────────────────────────────────
  ●小学生時代「夢は検事」でも3日連続で給食に「漂白剤+洗剤」混入
───────────────────────────────────
  *皆に期待される様な「優等生人格」の自分と「殺人人格」の自分
───────────────────────────────────
  ●県内有数「進学校」でスケート選手 自分を「僕」と呼び「猫を解剖」
───────────────────────────────────
  *皆に期待される様な「優等生人格」の自分と「殺人人格」の自分
───────────────────────────────────
  ●イケメン父が「30代慶応出身継母」と知り合った「婚活パーティー」
───────────────────────────────────
  *せめて、妻だけには「実存」を欲した。前妻も死んだら、バーチャルだ。
   故に、早々と見切りをつけ、3ヶ月で再婚してしまった。娘もバーチャ
   ルだから、自分の日常とは切り離したかった。

   もしかすると、前妻も既に生前から、バーチャルな存在だったかも。
───────────────────────────────────
 【母の喪中に父婚活を憎んで「少女A」が解体した家庭と遺体】
  〜再び日本に現れた「快楽殺人」闇の因子
───────────────────────────────────
  ■母親がん死から半年で父が選んだ若すぎる年の差婚の後妻
───────────────────────────────────
  *「実存する女」を切望した。セックスもその一役を担う。娘は邪魔者。
───────────────────────────────────
  ■継母のいる新婚家庭に居場所が無い
───────────────────────────────────
  *当たり前である。存在自体が「バーチャル」(父の妄想)なのだから。
───────────────────────────────────
  ■池に錦鯉「少女A」実家はエレベーター付き大豪邸
───────────────────────────────────
  *必要以上に大きい家は、何処に居て良いか分からなくなる。適度な広さ
   が、それぞれの人々に存在すると私は思っている。これでも、居場所を
   無くすかも。
───────────────────────────────────
  ■父が勧めたスピードスケート国体出場でも大嫌い
───────────────────────────────────
  *皆に期待される様な「優等生人格」の自分と「侮蔑人格」の自分
───────────────────────────────────
  ■大物弁護士の父親をバカボンパパ
───────────────────────────────────
  *「侮蔑人格」の自分、それを具体化した父親をモチーフにした
   文字通り「バカポンパパ人形」。
───────────────────────────────────
  ■「頭部」「左手首」切断と猫の解剖経験
───────────────────────────────────
  *「かまってちゃん」の自分と「殺人人格」の自分
───────────────────────────────────
  ■県下有数の進学校で成績優秀
───────────────────────────────────
  *「優等生人格」の自分。多分に「演技性人格障害」でもある。
───────────────────────────────────
  ■小学校だったから闇に葬られた「洗剤給食混入」
───────────────────────────────────
  *娘の「殺人人格」にバーチャルでは気が付いていた父親。恐らく、娘か
   ら「揉み消し」の依頼があったのだろう。もしくは母親から。どちらに
   しても、面と向わずに、「揉み消し」を完了したと考えられる。実感が
   湧かないのは、親子共々である。
───────────────────────────────────
  ■何故、長崎では未成年の殺人事件が後を絶たないか?
───────────────────────────────────
  *「命の教育」。悪い試みではないが、どんなやり方にも完璧はあり得ぬ。
   そして、こういう教育をへとも感じない人間はいる。お手上げである。
───────────────────────────────────
  ■クローズアップされた「酒鬼薔薇聖斗」との類似点
───────────────────────────────────
  *人間を殺す前に、「小動物」殺めている点。殺し方が残虐である点。
   殺す対象が、友人や知り合いである点。「殺人人格」が他に優先する事。
───────────────────────────────────
 【「血飛沫の部屋」少女狂気の7時間】
   〜「父への憎悪」は何故、彼女を歪んだ欲望へと駆り立てたのか
───────────────────────────────────
  ◆大好きだった母は闘病たった100日でがん死
───────────────────────────────────
  *一方、娘にとっての「実存」は母だけだった。バーチャルではなく、
   面と向っても、話したはずだ。口だけじゃなく、自分の為に頭を下げて
   くれた母。「実存」を母子で感じ合えていた。

   そんな実母に対しても、殺意があったらしい。「殺人人格」は超強力。
───────────────────────────────────
  ◆敏腕弁護士の父は妻の死の数ヵ月後に運命の人と出会いスピード再婚
───────────────────────────────────
  *娘にとっては、両者とも「憎悪」の対象でしかなかった。自分の母親を
   この父親は、裏切ったのだ。早過ぎる事も、その気持ちに拍車を掛けた。
───────────────────────────────────
  ◆「勉強していることを小バカにされた」と同級生の給食に洗剤混入。
    小動物の解剖も
───────────────────────────────────
  *これは両方とも「殺人人格」が前面に押し出てしまった。「小バカ」に
   されたというのは、後付された言い訳。
───────────────────────────────────
  ◆5才年上の兄は「言いたいことはある・・・」とだけ言い沈黙した
───────────────────────────────────
  *父も妹も「俺の人生を台無しにしやがって」。妹を擁護しつつ、実は、
   恨み骨髄になっている可能性大である。バーチャルとも、実存ともに、
   蚊帳の外だった悲劇的「透明な存在」の兄。
───────────────────────────────────

 これらは全て・・・

 週刊誌の広告から、抜粋した。25年以上前は、週刊誌も良く読んだよなぁ。

 今は読まない。時間がもったいない。だって、上の見出しを読めば、内容が、

 一目瞭然じゃない。態々、買って読む必要なし。全部が本当とは言えないが。

 何れにしても・・・

 この女子高生は「多重人格」じゃないと説明が付かないでしょ。精神科医が、

 6月に「女子生徒は小学校の時に、薬物混入事件を起こし、中学生になって、

 父親を殴打した。小動物の解剖も実行。此の儘、行けば、人を殺しかねない」

 女子高生は匿名・・・

 自分は名乗った。相談先は、「佐世保こども・女性・障害者支援センター」。

 対策を求めたが、女子生徒の名前は明かさなかった。これだけじゃ、公器は、

 動けないだろう。推測は出来ても、直接はこの女子高生に会う訳には行かぬ。

 その上・・・

 条例等で強制的に動ける程の権限は与えられていない。父親の協力無しでは、

 此の女子高生に何かを施すのは無理。公器の限界。ここが、父親が娘に対し、

 真に向き合う最後の機会だった。それを小手先で収めようとした事が悲劇を。

 人は・・・

 小手先では動かぬ。心はもっと。必死さには必死さで、小手先には小手先で。

 父の心は、最後迄バーチャルな娘を捉えなかった。地位、名誉、金は助けぬ。

 心が空虚のまま、娘の「殺人人格」が刃を向いた。被害者に。制止出来ずと。

 貴方は・・・

 「多重人格」など、非科学的と思うかも知れない。だが、自分を振り返ると、

 昨日だって、夜勤明けで睡眠不足の儘、札幌で教育を受ける。何時もの自分、

 とは疲れが違う。一刻も早く寝たい。気が短くなり、イライラしている感覚。

 近所のスーパーで・・・

 買い物。レジで躓いた。前の老人の行動が遅い。イライラ。左隣のレジ空く。

 其の時とばかり移動。だが、男性従業員「チョッと待って下さい」イライラ。

 ついつい、小声で「タイミング悪いな」。疲れてなかったら、我慢が出来る。

 それが・・・

 疲れていたら「別人格」が出動って感じ。こんな感覚、貴方には無いですか。

 何人かの自分がいる感覚。これを「多重人格」と呼ぶのなら、否定は出来ぬ。

 只単に、「殺人人格」が存在していないだけだ。もしかすると環境は要因に。

 新たな人格を・・・

 付け加えてしまう環境。せめて、我々が出来るのは、「変な人格」の付加を、

 阻止する意識。だからこそ、バーチャルな環境はそこそこに。直接的な意志、

 それを、直接、相手に伝えることを尊重する。気遣いながらも。逃げずにと。

 向き合う・・・

 老若男女共、それから全て逃げていては解決せず。時には修羅場だって必要。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.