グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「ヘイト」ではなく、「サバー」で


 最近、無性に「唐黍」が食べたい。見切り品3本250円。結構安いよねぇ。

 でも、茹でるのは面倒だから、レンジでちん。10分でOK!塩は要らない。

 どっちが最初に・・・

 「ヘイト」したんだよ。事務総長が幾らK国人だからって、勝手過ぎるだろ。

 「ヘイトスピーチ」処じゃないだろうK国は。国策で「反日」は良いのかよ。

 一寸デモした位で、国連人種差別撤廃委員会で他国から扱下ろされる所以無。

 事務総長権限で・・・

 嗾けたんだろう。それとも、御得意の「買収」か。何れにしても、問題多し。

 日本が、国連から、「差別を煽る行為に関与した個人や団体」を捜査した上、

 必要な場合は「起訴」する様、勧告されるなら、K国は国ごと「起訴」だよ。

 「ヘイトスピーチ」何て・・・

 代物じゃないからね。日本国を、「侮蔑」し、「汚辱」し、一国の大統領が、

 事もあろうに、日本国の象徴で在られる「天皇」に対しても、汚い言葉等を、

 投げ付ける。「ヘイトスピーチ」より2段も3段も、「差別を煽る行為」だ。

 それを・・・

 国策として、国を治めようとしている。こんな事が許されるのか。国連とは、

 一体どういう機関なんだ。事務総長というだけで、「私物化」しても良い?

 どれ程、日本が国連に貢献し、分担金も世界で一番納めているのか。嗚呼。

 「表現の自由」が束縛される・・・

 とかで文句を言っている訳ではない。「人権」等という言葉が存在しない国、

 徹底的な「反日」で、しかも、それらをネタにして、金まで巻き上げる国に、

 文句を言われる筋合いは無いからである。況してや、事情が分らぬ他国にも。

 正直・・・

 「ヘイト(嫌っている)」等と言う様な生易しいものではない。もう「拒絶」。

 日本は、今まで、我慢に我慢を重ねて来た。これ以上は、我慢出来ないよと。

 何十兆も借りて返さないのに、更に、でっち上げによって、金を引出そうと。

 何処迄・・・

 根性が捻じ曲がっているんだ。好い加減にしろ!自分達の主張は許されるが、

 あんた達の主張は許さない。何だそれは?そんな国とはもう付き合えないよ。

 堪忍袋の尾は完全に切れました。日本にはもう構わないで。こっち向くなよ。

 比較によってしか・・・

 自分の存在感を示せない国とは付き合いたくない。こんな人間とも駄目だな。

 良い処は良いと、お互いに認め合える様な国でなければ。お互いに尊重する。

 困った時には助け合える。「嘘を吐き通せば、真実になる」国とは無理だね。

 だから・・・

 「ヘイトスピーチ」は止めるよ。但し、条件がある。「国交断絶」これしか。

 それと、在日の人達は、本国にお帰り。これ以上、殆ど払っていない税金で、

 特権を貪り、暮らして欲しくはないから。日本国は、日本人の為に存在する。

 これは・・・

 人種差別でもなんでもない。日本国で、在日が、日本人より優遇されるって、

 どう考えても、可笑しいだろ。故に、失われた権利を、日本人が取り戻す丈。

 極普通の考え方だろ。話し合いのテーブルに着けない国とは、何にも出来ぬ。

 国連人権規約委員会に・・・

 言いたいよ。著しく、人権が失われているのは日本人の方であると。K国は、

 これ以上、何を求むの。やっぱり、お金だよな。アジア大会も、冬季五輪も、

 大会を運営する「資金」が著しく少ないみたいだもの。大丈夫なのかね本当。

 見栄で・・・

 立候補しただけだもんね。その後の事は全く考えていない。いざとなったら、

 お金の事は「御財布・日本」へ、だもんなぁ。日本のマスコミも、こんな事、

 書かないもんね。日本のマスコミで、K国の悪口は、殆ど見ないもんなぁ〜。

 日本のマスコミが・・・

 常に扱下ろすのが「日本国」とはこれ如何に。でっち上げである慰安婦でも、

 靖国問題でも、スタンスは何時もK国側。何処の国のマスコミだと目を疑う。

 日本国の利益<K国の利益でしょ、日本のマスコミは。遣り難いね日本人は。

 「ヘイトスピーチ」の記事は・・・

 大きいけど、1万人も参加したFTVのデモは、殆ど放映や掲載されずだと。

 何だかなぁ〜理解に苦しむよ全く。まぁ、日本のマスコミにも、在日蔓延り。

 圧力を掛けているんだろうなぁ。ジャーナリズムの名が泣くぜ。偏向報道は。

 どうせなら・・・

 日本国側に「偏向」しなよ。出来ないんだろうなぁ〜。闇の勢力が怖いのか。

 裏の社会の人間にも、K国が多いからね。不利益な事を報道したら、抹殺か。

 死にたくないもんねぇ〜。自分の命の為なら、「偏向報道」何てチョロイ感。

 未だに・・・

 気付かぬ日本人もいる。こういう人達は我々の様な者を「ネトウヨ」と蔑む。

 日本人以外の「なりすまし在日」も多く含まれているだろう。けれど、右左、

 そんな問題ではない。日本人が日本国という母国で当たり前の生活を営む丈。

 顧みすれば・・・

 今から、40年以上前、私が未だ小学生高学年だった頃も其の発端はあった。

 それは「サッカー少年団の試合」。朝鮮人学校と試合する前。こう言われた。

 「チ○ンは汚いから、怪我に気をつけろ」と。彼らは球じゃなく、足蹴りに。

 真面目顔で・・・

 試合前は、必ずこう言われた。WW2の経験者たる祖父からも能く言われた。

 「チ○ンは心が卑しいから、お前の心を許すな」と。戦争という極限状況で、

 間近に見た祖父は彼らの本質を見抜いていた。福沢諭吉先生の「脱亜論」も。
 http://www.unlimit517.co.jp/url/file/386-1.html

 民族性を表す諺も・・・
───────────────────────────────────
 ●泣く子は餅を一つ余計もらえる。
───────────────────────────────────
 *正に現在のK国そのもの。日本から絶好のアシスト「慰安婦」というネタ
  を、とことん迄引っ張る。日韓基本条約等無かった如くに。WW2時には
  自分達も「日本人」だったくせに、何事もなかった様に"戦勝国"を気取る。

  立ち回り方が、全てにおいて、あざとい。日本は「いじめっ子」自分達は
  「泣く子」を1000年でも演じる。「一つ余計」処でない。幾つも余計
  な物を、これからもせしめようとしている卑しい国である。
───────────────────────────────────
 ●人が自分に背くなら、寧ろ、自分が先に背いてやる。
───────────────────────────────────
 *其の結果が「反日」国策。日本が背かない内から、既に行っている。
  こんな考え方を、幼い頃から植え付けられれば、人格が歪められる。
───────────────────────────────────
 ●川に落ちた犬は、棒で叩け。
───────────────────────────────────
 *確かに「東日本大震災」の時はこれだった。ここぞとばかりに酷い仕打ち。
  K国が他国の災害の為に、打ち出した「募金」は、殆どがその後、未払い。
───────────────────────────────────
 ●一緒に井戸を掘り、一人で飲む。
───────────────────────────────────
 *実際は、一緒に井戸も掘りはしない。其のくせ、日本から金を引き出す。
───────────────────────────────────
 ●自分の食えない飯なら灰でも入れてやる。
───────────────────────────────────
 *世界各国における「日本を貶める」プロパガンダの数々。日本の利益は、
  自分達の「不利益」を地で行っている。灰以上に手酷い行為。
───────────────────────────────────
 ●野生のまくわ瓜は、最初に独り占めした物が持ち主だ。
───────────────────────────────────
 *竹島の占拠は、正にこの諺通り。彼らにとっては、歴史的経緯など無関係。
  自分達の考え方を正当化する為に、嘘を嘘で塗り固める。吐き続ければ、
  真実になると思い込んでいる。悪い意味で、諺に忠実な民族である。
───────────────────────────────────

 日本の諺も・・・

 綺麗事ばかりじゃないがK国の諺はもっと下衆。しかも、国民は意外に忠実。

 ある意味、国策は成功している。否、日本はもうこれ以上、付き合い切れぬ。

 これからは、「ヘイト(嫌う)」ではなく、「サバー(断絶)」でお願いします。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.