グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
染み染み今の生活良し。痛感す。


 「未成年」「飲酒運転」「物損事故」「同乗者先輩3名」終わっているよな。

 やっぱり、上から下まで腐っている。JR北海道。組合含めて、大幅改革を。

 俺もなぁ・・・

 学生時代は、漠然と、将来は、「結婚」し、「子供が生まれ」て、何てなぁ。

 家庭を夢見ていたんだろうなぁ〜。そうなるのが、当たり前だと思っていた。

 友人の結婚式に出る度に、「次はお前の番」だと何度言われた事か。あ〜あ。

 別に・・・

 悔やんではいないが、気付いてみると、もう52年が過ぎていたんだよなぁ。

 恐らく、もう「結婚は無い」と確信している。しようという気も無いんだよ。

 若い頃も、それ程、強くは望んでいなかった。只、「結婚」が普通の図式で。

 疑わなかった・・・

 「恋愛」はしたかった。でも、何時も片思いが多かった。自分が好きな娘は、

 振り向いてもくれなかったなぁ〜。何か、自分とは可なり系統が、違う娘を、

 選んでいた様な気がする。今でも付き合いのあるママさんに言われた事も有。

 入れ込み過ぎると・・・

 駄目だった。飲みにばっかり行っていたから、対象が「水商売娘」だったと。

 そこは、商売絡みだから、純粋じゃないよね。俺が客だから、邪険に出来ず。

 かと言って、付き合う気も無かった。でも、客としてはキープして置きたい。

 親の遺産で・・・

 一時金を持った時何か、強気に出たよね俺も。本気で、金で心を買おう等と。

 今考えると、嫌なやつだなぁ〜。こんな奴、近くにいたら、虫唾が走るぜぇ。

 女の子は、俺専用じゃないから、他の客にも付く。それが面白くなかったよ。

 露骨に・・・

 不快感を表し、酷い時は、怒って帰った。「俺様」状態。俺が来てやってる。

 そんな状態が、「恋愛」に発展する筈がないよね。案の定、そんな形ばかり。

 今でも、付き合いがある女性がいるって事は、詰まり、男女の仲にならずと。

 それだから・・・

 今でも付き合っていられるのだと思う。良いんだか、悪いんだか。俺の人生。

 一度、お袋の勧めで「結婚相談所」に入会した。データや写真を見て、即、

 交際を希望するのだが、殆ど、断られる。文句を言ったら、こっ酷く反論を。

 そんな事だから・・・

 「交際まで至らないのよ」と。確かに、一理も二里もあった。処が、一度丈、

 上手く行き掛けた。実は「顔見知り」だった。英会話学校で、何回か会った。

 確か、一度、食事に行った事があった様な気がする。俺がOKすれば即交際。

 向うは・・・

 俺の事を気に入っていた。けれど、年増で酷いブス。俺も人の事は言えぬが。

 どうしても一歩が踏み出せなかった。其れっきり、会わず終い。そんな物か。

 こちらが好きになる女には無視され、あまり好かない女には、惚れられたり。

 上手く行かないよね・・・

 自業自得なんだけどさ。何だが、バツが悪くなって、「結婚相談所」退会す。

 その後も、親関連で紹介してもらったけど、何処か、タイミングを逸したと。

 焦っていた訳じゃないけど、少し、寂しさが募っていた。仕事も残業ばかり。

 残業だけで・・・

 月200時間を超過。そんな状態が半年以上続いた。固定給より残業代が多。

 心も身体も疲れ切っていた。そんな折に、付き合っていたのが「米屋の娘」。

 ピアノの先生もしていた。何か独特の雰囲気を持つ娘だった。超個性的だな。

 彼女の妹が・・・

 「家のねぇちゃん、変わっているでしょ」と言っていた位。妹は普通に美人。

 でも、変わったねぇちゃんを好きに成り掛けていた。何故か、遊園地が頭に。
───────────────────────────────────
 *この前に彼女が俺の自宅で食事を作ってくれた。「米屋の娘」だけあって、
  米の研ぎ方は抜群だった。今でも脳裏に。処が、その後、私の下半身の方、
  云う事聞かず。彼女に…。失敗。一時、気不味くなったが、彼女の個性で
  それらを掻き消してくれた。個性万歳!有り難う。
───────────────────────────────────
 次の休み、俺はキロロに向かっていた。何となく、気に入った娘と水入らず。

 久し振りに・・・

 仕事の呪縛から逃れた。楽しかった一時が。帰りのソフトクリームと笑顔も。

 北海道の牛乳は美味しいと、改めて思った。この一時が続けば、フト浮かぶ。

 夢は仕事で醒まされる。再び、残業の日々が始まった。半分、身体が逃走中。

 そんな時・・・

 彼女から電話が。「中西保志のコンサート、行かない?」と殆ど断定口調で。

 しかし、残業が主役の会社からは逃げ出せなかった。行きたい、でも、無理。

 彼女の申し出を泣く泣く断った。電話の向こうでは信じられないという彼女。

 これが・・・

 銃爪に成り、彼女との関係は終了。その後、風の噂で、「結婚した様だ」と。

 心を一陣の風が吹き抜けた。大事な人を無くした想い。それ迄の関係だった。

 コンサート如きで別れるのだから。縁が無かった。そう言い聞かせていたと。

 此の後・・・

 仕事に身が入らなくなり、今考えると「鬱状態」に。どうでも好くなった感。

 其の半年後、私は「退職」を思い立った。「仕事」よりも「私生活」が大切。

 31歳の頃。でも、若い頃から、俺は、「仕事」<「私生活」と考えていた。

 何時の間にか・・・

 仕事に忙殺されてしまった。こんな筈じゃなかった。時計が逆回転を始めた。

 鬱がどんどん身体に侵食して行った。気が付くと、ある日、俺は会社でなく、

 札幌駅に向かっていた。前には「特急おおぞら」。心には初任地の釧路浮ぶ。
 http://www.unlimit517.co.jp/gnews29.htm

 自宅に・・・

 帰ったのは2週間後。吹っ切れた様なそうでない様な。引き起こした問題多。

 先ず、親に頭を下げた。お袋は涙顔だったが親仁は無表情の上、何も語らず。

 けれど、それが何よりだった。死の淵から戻った事を示す愛。心から感謝を。

 1年位・・・

 経てから、お袋と、思い立ったが吉日で「食事&カラオケ」に出掛ける事に。

 お袋とは、高校の卒業旅行も一緒に行った仲。何となくお互いの思いを感ず。

 其の折に、お袋の口から、「紹介したい女性がいる」との件。断る理由無し。

 その女性は・・・

 看護婦だった。脳神経外科に勤めていた。トントン拍子に話が進み、デート。

 だが、俺を待っていたのは「アム○ェイ商法」。彼女は嵌っていたのだ既に。

 期待は完全に裏切られた。考える力を失っていた俺の前に「シルバーの男」。

 アム○ェイは・・・

 稼いでいるランクで「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」等とランク分け。

 これからして、不粋。現世利益の権化。俺の一番、嫌いな種族。其の横には、

 あ〜あ彼女。何を考えているの。この時点で、俺の心は冷たく、頭は冴えた。

 説明を始める・・・

 「シルバーの男」。私は、此奴が捲し立てない様に、質問&俺の考えを挟む。

 次第に、俺が話している時間の方が長くなる。勢いを無くす「シルバーの男」

 到頭、「シルバーの男」黙る。勢い付く俺「それ以上は、どうしたんですか」

 駄目押し・・・

 降参したかの如く「シルバーの男」は、「貴方には、これ以上話さない」と。

 「アム○ェイ商法」の「シルバーの男」に俺は論説で勝利。彼女は気不味く。

 帰りの車では、押し黙る二人。当たり前。彼女の仕打ちは許さぬ。これで終。

 その後・・・

 人伝に、「あんな事をしなければ良かった。普通に付き合いたかった」等と。

 正に「後悔先に立たず」。しかも、「アム○ェイ商法」を持ち出しては駄目。

 恋愛に、「宗教」や「詐欺商法」は禁物。結局は、商売を通しての立ち位置。

 此の後・・・

 両親も亡くなり、私は「独り暮らし」に喜びを見出し現在に至る。紆余曲折。

 当初は「寂しさ募り、昔の仲間にメール等」。今は、メールも電話もウザい。

 独り暮らしを邪魔しないで。読書も音楽も学習も、独りでさせて頂戴。快適。

 若い頃・・・

 友人が多かった。件のお袋にも好く「あんたの友達は何人いるんだい本当」。

 俺の考えは「友達の友達の友達もやっぱり俺の友達」。自分の時間は皆無に。

 それでも良かった。今思う、そういう時期があったから、孤独に耐えられる。

 若い頃・・・

 飲みにばっかり行っていた。友達にも「お前を捕まえるにはスナックに連絡」

 俺の感覚では、水商売の娘も「友達」。本当はもうワンランク上をだったが。

 こういう時期もあったから、今は全然遊びたくない。自宅と会社、往復結構。

 これからも・・・

 余り、一喜一憂せずに、淡々と生活を送る。染み染み今の生活良し。痛感す。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.