グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
実は「民主主義」を一番嫌っている連中


 「孤独死」「下流中年」どちらも私に当て嵌まります。親無、家族無、金無。

 でも、幸せです。負け惜しみじゃありません。こんな言葉を作るはマスゴミ。

 遂に・・・

 成立しました「安保法案」。強行採決ではありません。多数決の原理ですよ。

 正しく「民主主義の根本」じゃありませんか。何で民主主義の崩壊になるの。

 それじゃ「選挙制度」も否定するのかね。議員の先生方は皆それで議員にと。

 それこそ・・・

 「民主主義の否定」なんじゃないの。言ってる事と、やっている事が乖離す。

 終いには「一人牛歩戦術」何て、古い手を使いやがったY議員。お粗末だね。

 この前、ひょんな事から、Y議員の役者時代の映画拝見。役だが本音諸露呈。
 http://www.unlimit517.co.jp/url/file/416-1.html

 それから・・・

 SEALDs(シールズ:Students Emergency Action for Liberal Democracy - s)

 「自由と民主主義の為の学生緊急行動」って約すのかね。如何わしい組織ね。

 しかも、SEALs(シールズ)って、アメリカ海兵隊の特殊部隊。充分に好戦的と。

 こんな奴らを・・・

 静粛な参議院の中央公聴会に呼んだって。マスコミは利害一致しているから、

 コイツらの素性を明かさないよね。こんな集団がどう考えたって、約1億円、

 新聞に広告費が出せるの?どう考えたって、「スポンサー」がいるでしょう。

 しかも・・・

 コイツらを本当に操っている「陰の指導者」が。ねぇ、K党のS年部でしょ。

 指導者はTさんかい。その胡散臭い団体を、若者が良く決起したと褒め捲り、

 賞賛し、賛同する芸能界に巣食う有象無象の輩。文化人面して、笑わせるぜ。

 お里が見えて来たよ・・・

 芸能界で、これからも、自分達が仕事をして行きたいから、左巻きに整える。

 あ〜あ、普段、良い事言うなぁ〜って、密かに感心していた人にも幻滅だよ。

 火事場になると、人間って、本音が飛び出してしまうんだね。金が全てかね。

 前出のSEALDsのOは公聴会で・・・
───────────────────────────────────
 ●私たち国民が感じている安保法制に対する大きな危機感
───────────────────────────────────
 *貴方は国会議員じゃありません。故に「私たち国民」などと代表者の様に
  振舞う事を慎んで下さい。そして、全ての国民が「安保法制」に対して、
  大きな危機感を抱いている訳ではありません。寧ろ、貴方達に危機感を持。
───────────────────────────────────
 ●安保法制に対する疑問や反対の声は、現在でも日本中で止みません。
───────────────────────────────────
 *一方、「確信」や「賛成」の声も、日本中で止みません。冷静に理論的に
  個人個人が、徒党を組まず、粛々と行動しているから、目立ちません。
───────────────────────────────────
 ●国会前では10万人を超える人が集まりました。
───────────────────────────────────
 *確か、警察発表では「3万人」だった筈。何故、3倍以上も水増しする
  必要があるのでしょうか?10万人以上じゃないと困る事でもあるの?
───────────────────────────────────
 ●この行動は、東京の国会前だけで、行われている訳ではありません。
───────────────────────────────────
 *確かに、全国で動員を掛けていますから、全国で行われているのでしょう。
  そして、その数字は、全国で水増しされて発表されているのでしょう。
───────────────────────────────────
 ●独自にインターネットや新聞などで調査した結果、
  全国2000カ所以上、数千回を超える抗議。

 ●累計して130万人以上の人が路上に出て、声を上げています。
───────────────────────────────────
 *上記の様に、数字を水増しする団体の調査を、誰が信用するのでしょう。
  邪魔ですなぁ〜、一般の人に迷惑を掛けているのではないでしょうか。
───────────────────────────────────
 ●声を上げなくても疑問に思っている人達は、その数十倍もいるでしょう。
───────────────────────────────────
 *それは、只単に、貴方の希望的な観測なのでは?貴方達に疑問を持ってい
  る人達も、其の何百倍もいるでしょうね。
───────────────────────────────────
 ●これまで政治的無関心といわれて来た若い世代が動き始めている。
───────────────────────────────────
 *その方達は、前回の総選挙の時、どういう行動をされていたのでしょうか。
  選挙には行ったのでしょうか?貴方の独自の調査網で調べて下さい。
───────────────────────────────────
 ●これは誰かに言われたからとか、どこかの政治団体に所属しているから
  とか、いわゆる動員的な発想ではありません。
───────────────────────────────────
 *態々、こういう事を言う自体が怪しい。真実は「何処かの政治団体に所属」
  そして、そこの代表者等から「動員」を頼まれている。広告費の出処は?
───────────────────────────────────
 ●私たちはこの民主主義のあり方について、この国の未来について、
  主体的に1人ひとり個人として立ち上がっているのです。
───────────────────────────────────
 *少数意見を尊重するのも「民主主義」ですが、最終的には「多数決の原理」
  によって決定するのも「民主主義の根本」ですよ。この国の未来について、
  真剣に考えているならば、自国が攻められた時の事も念頭に入れなければ、
  祖国を守られなくなります。先ずは、其処が出発点になります。
───────────────────────────────────
 ●路上に出た人たちがこの社会の空気を変えていったのです。
  デモや至る所で行われた集会こそが不断の努力。
───────────────────────────────────
 *反対派の人達だけが「不断の努力」をしているのでしょうか。別にデモや
  集会に頼らなくても、この国の事を真剣に考えている賛成派もいますよ。
  勿論、賛成、反対の態度を決め兼ねている人達にだって、いますよ。
───────────────────────────────────
 ●行動の積み重ねが「基本的人権の尊重」「平和主義」「国民主権」
  といったこの国の憲法の理念を体現するもの。
───────────────────────────────────
 *デモや集会は健康で快適な生活を営もうとしている人の「基本的人権」を
  侵している可能性があります。「平和主義」を標榜する割には、随分と、
  「好戦的」に思えるのですけれど。団体名然り。選挙で選んで議員に
  立法をしてもらう事も「国民主権」の一つなのではありませんか。
───────────────────────────────────
 ●安保法制に賛成している議員の方々も含め、戦争をしたい人はいない。
───────────────────────────────────
 *これは貴方の言う通りです。もちろん、賛成派も。従って、「戦争法案」
  というレッテルを貼るのは可笑しいと気付いて下さい。
───────────────────────────────────
 ●戦争を経験し、そして、その後の混乱を生きてきた方々です。
  そうした世代の方々もこの安保法制に対し、強い危惧を抱いている。
───────────────────────────────────
 *こういう方々の話を聞く事は、貴重な事ですし、尊重もしなければなりま
  せん。但し、この方達が、全て正しいとも限りません。そして、こういう
  方々の中にも、本当は「賛成」という方もいらっしゃる筈です。けれども、
  マスコミや貴方方は取り上げないでしょうね。
───────────────────────────────────
 ●説明不足が叫ばれる中での採決は、70年の不戦の誓いを裏切るもの。
───────────────────────────────────
 *衆参両院の特別委員会での審議は計約220時間。安全保障に関する法律
  では、記録が残る中で最長。これで「説明不足」?政権与党の自民党に
  対して、何でも反対なのが「野党」。それでは、話し合いの余地はないの
  ではないだろうか?「野党」の質問を見ていると、自民党の揚げ足を取る
  ばかりで、核心に踏み込んだものが無いのも問題。
───────────────────────────────────
 ●月を追うごとに反対世論は拡大。
───────────────────────────────────
 *数字を水増ししている団体が分かるの?賛成派は粛々と問題に取り組んで
  いますよ。目立たなくても、主張する事はハッキリしていますから。
───────────────────────────────────
 ●自民党の重要政策集では、安全保障関連法案に関してはたった数行

 ●昨年の選挙でも菅官房長官は「集団的自衛権は争点ではない」と。
───────────────────────────────────
 *数行だろうと、争点で無かろうと、「立法」して悪いという法律が存在
  するの?そんなのは、貴方の言い掛かりでしょう。それは「選挙」の時に
  言う事なのでは?貴方達は、「選挙」の時から、主だった活動をしていま
  したかね。記憶にありませんが。
───────────────────────────────────
 ●選挙の時に国民投票もせず、解釈で改憲するような違憲で、法的安定性も
  ない、そして国会の答弁もきちんと出来ない法案を作るとは聞いてない。
───────────────────────────────────
 *何で、選挙の時に、国民投票が必要なのか。確かに、本当であれば、改憲
  をしてから、立法すれば良い。だが、有事は待ってはくれない。直ぐに、
  起こっても可笑しくないから。答弁は「野党」の質問の仕方が悪いから。
───────────────────────────────────
 ●憲法とは国民の権利であり、それを無視ことは、国民を無視するのと同義。
───────────────────────────────────
 *憲法の解釈が、時代によって、全て一律とは限らない。前記の様に、本当
  ならば、日本独自の憲法を視野に入れながら、政治を司るべきなのだが、
  有事がそう遠くない未来に迫り来ると痛感する現在においては、急ぐべき
  立法も存在する。だからと言って、国民を無視した事にはならない。
───────────────────────────────────
 ●フェイスブックの国会答弁の文字起こしは、瞬く間に1万人シェア
───────────────────────────────────
 *ネットの場合は不特定多数で成り立っている為、本当に「1万人」か疑問。
  必要のない人達が、徒党を組んで、シェアしている可能性もアリ。
───────────────────────────────────
 ●今年の夏までに、武力行使の拡大や集団的自衛権の行使の容認を何故、
  しなければならなかったのか。それは人の生き死ににかかわる法案で、
  これまで70年間、日本が行って来なかった事でもあります。
───────────────────────────────────
 *逆に言えば、今だからこそ、必要なのでは。70年間行って来なかったか
  らと言って、立法しなくても良いという事ではない。「戦争を出来るだけ
  回避」する為にも必要。
───────────────────────────────────
 ●一体、何故、11個の法案を2つにしたのか?
───────────────────────────────────
 *11個も審議している訳には行かなかった。だから、2つにした。
───────────────────────────────────
 ●国会の審議としては、異例の9月末まで延ばした結果、
  国民の理解が得られなかった。
───────────────────────────────────
 *最初に言った様に、国民の代表でもないのに、「国民」という言葉を、
  安易に使うべきではない。理解している人も多いのだから。
───────────────────────────────────

 この団体や野党が・・・

 最悪なのは、感情論や建前論ばかりで、肝心の具体的な「対案」を持たない。

 詰まり「日本が攻められたら」=「憲法九条が守ってくれる」という枠から、

 一向に抜け出さない。鉄砲に対して、憲法で防ぐ。子供でも無理だと分かる。

 反対派は・・・

 ここで思考停止してしまう。だから、「対案」を出せない。それ以上聞くと、
 http://www.unlimit517.co.jp/gnews361.html

 感情的に成り、「駄目なものは駄目なんだ」と駄々っ子になる。それ以上は、

 冷静な話し合いにならない。残念だが。SEALDsを操る側が其の体たらくだよ。

 それと・・・

 本委員会での一部M党議員の振る舞いは、冗談では済まされない。暴行傷害。
 https://www.youtube.com/watch?v=k0NVH7Ym1nM

 本当に「好戦的」。故に、本音は、日本を「戦争に導きたい」のではないか。

 其の為に、「安保法案」を反故にして、反撃の牙を抜いて置く。売国奴党と。

 自分達が・・・

 実は、裏で、中国と繋がっているので、その時点で、話し合い可能。けれど、

 それは、日本国の存続ではなく、中国の属国になる事。既に裏約束している。

 目的がハッキリしているからこそ、「安保法案」を潰したい。アメリカ邪魔。

 だから・・・

 委員会での決定の段階において、中国側にアピールする為にあんな暴力事を。

 そうじゃないと、きついお灸を据えられるもんね。中国共産党の下部組織M。

 そういう図式で考えると、宜なるかな。「好戦的」な処も納得。宗主国万歳。

 でもさぁ・・・

 国会会期中は、幾ら、議員の「不逮捕特権」があるからと言っても遣り過ぎ。

 一般人ならその場で「暴行傷害罪」で捕まるよ。ターゲットは事前に決定?

 反対する事は悪い事ではない。でも、可笑しな輩に、先導されては止めてよ。

 「戦争法案」が・・・

 聞いて呆れる。実際には、「好戦的」な輩が、狡猾にも、「戦争無し」でも、

 国を売ろうとしているのだから。確かに、米国追随の「安保法案」は不必要。

 自分達の宗主国は中国なのだからね。彼らは、日本国民の不利益を希求する。

 其の為には・・・

 「考えない国民」を作る。マスコミと結託して、情報操作。可笑しな輩達を、

 「英雄」に祭り上げる。そうすると、「考えない国民」は嘘を信じてしまう。

 「金」を一番の目標に掲げ、「心」を蔑ろに。故に「孤独死」「下流中年」。

 そうレッテルを貼り・・・

 「思考」と一緒に「戦意(愛国心)」も殺ぐ。彼らの目的が明確になったのが、

 この「安保法案騒動」だったら、寧ろ、非常に有意義な事だったのではと思。

 「民主主義」を声高に叫ぶ輩は、実は、「民主主義」を一番嫌っている連中。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.