グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「安全」「安心」「安穏」で生きていたい


 J・I作品。ドラマ化されたものを、最近、良く見る。面白い事は認めると。

 だが、少々、飽きて来た。脚本が似通っているし、キャストも同一人が存在。

 地下街が出来てから・・・

 札幌のススキノ〜大通〜札幌駅間。一昔前なら、地下鉄多。余裕の有る時で、

 オーロラタウンから、一度、外に出て、札幌駅方面に歩く。冬は地下鉄だね。
 http://www.sapporo-chikagai.jp/floorguide/

 それが「札幌地下歩行空間(チカホ)」が出来てからは、冬でも歩く事増えた。

 まぁ・・・

 年に2度位しか、札幌に行かないから、増えたと言っても、高が知れている。

 けれど、余り、意識していなかったなぁ〜「歩行の位置」。確かに「左側」。
───────────────────────────────────
 *私の場合、ああいう広い空間だと、「ど真ん中」を歩いている事も多い。
  何となく「気持ちが良い」。勿論、通行者には充分に配慮しながらである。
───────────────────────────────────
 思い起こせば、前出の「ポールタウン」や「オーロラタウン」も「左側」だ。

 但し・・・

 小学校の時から学んで来たのは「人は右側」「車は左側」という交通ルール。

 これは、現行の道路交通法第10条に「歩行者は道路の右側に寄って、通行

 しなければならない」に則っている。まぁ、言わば、法律で、無理矢理決定。

 しかし・・・

 第13条2項では「歩行者専用道路や地下街等車両が入る事の出来ない道路」

 には『右側通行の規定は適用されない』。故に、地下街もルールは設定せず。

 そりゃそうだよね、邪魔にならない限り、「チカホ」位、自由に歩きたいよ。

 件の「右側通行」の施行は・・・
───────────────────────────────────
 ●1949(昭和24)年に、「道路交通法」の前身、「改正道路取締法」で。
───────────────────────────────────
 *この前までは、1889(明治22)年には、人力車営業取締規則で「行き
  交う時は互いに左側に避ける」。1900(明治33)年では、道路取締
  規則で「車や牛馬の左側通行」を規定。1901(明治34)年には警視庁
  が「歩行者の左側通行」を通達。詰まり、歩行者は「左側通行」。
───────────────────────────────────
 ●当時は、連合国軍総司令部(GHQ)の占領下。米国と同じく車を右側に
  する様求められたが、信号機の位置を変更する等、多額の費用が掛かる為、
  困難という結論に至る。

 ●但し、車が背後から近付くより、正面から近付く方が気付きやすいという
  「事故防止の観点」から、米国で実施していた「対面通行」を導入。
  結果、「人間だけを右側通行」にする事になる。
───────────────────────────────────
 だが、人は何故「左側」を・・・
───────────────────────────────────
 ■歩行者だけの通路で、自分の周りに3平方メートルの空間を確保出来ない
  位に混み合うと、人の流れは、ほぼ、左側に寄って行く。

 ■陸上競技のトラック、野球のベースなど、スポーツは左回り多し。

 ■建築でも、下りが左回りとなった非常階段の設計に応用されている。

 ■「雑踏警備の手引き」でも、歩行者は自然と左側通行をしていると指摘。

 ■左側に有る「心臓」を守ろうとして、左に避ける。

 ■内臓の中でも、重い肝臓が体の右側に位置し、バランスを取るのに
  左足が軸足となるから。

 ■世の中には右利きが多。利き手側の空間を確保したいという防衛本能から。
───────────────────────────────────

 確固たる・・・

 「理由」は無い様。私が考えるに、人は「何となく歩く時」其の行動様式は、

 「何となく他の人の動きに合わせる」そんな感じがする。日本人この傾向強。

 作られたルール「右側通行」に拘る人も。他人に配慮出来るなら、自由で良。

 但し・・・

 これは「自由」で良くない。この事故が起きた後は、合同で訓練も実施模様。
 http://www.unlimit517.co.jp/gnews348.html

 地上もそうだが、それ以上に、「閉ざされた空間」だけに、より注意が肝要。

 仕事柄、尚更、そう思う。「安全」「安心」「安穏」で、生きていたいよね。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.