グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
減少したから終了はしない


 死ぬ迄、忘れる事はない。16年前の今日「悲劇」が起こっていた。実家で。
 http://www.unlimit517.co.jp/gnews265.htm

 私は自宅でテレビを見ていた。其処に、何故か「実家」が‥。火に包まれて。

 同じく昨年の2月・・・

 私にとっては「生誕地」、二人にとっては「結婚地」である小樽に存在した。
 http://www.unlimit517.co.jp/gnews351.html

 目的は、旧住所から、二人が「竈を構えた処」を探す事。ある処で直感働く。

 恐らく、間違いないだろう。深い想い出があると見え、ずっとここに本籍を。

 その小樽の駅前で・・・

 私は久しぶりに「ある物」を渡る。何気なく、無意識にそうした「歩道橋」。

 何時作られたか判らぬが、酷く老朽化していた。殆ど、渡る人も存在せずに。

 長崎屋から、駅に向っていた。左手に玉光堂が見える。イメージ曲「駅」と。

 そんな「歩道橋」が・・・

 次々と出来たのが1960〜70年代。「輪禍」が社会問題化した交通戦争。

 目的は「車と歩行者を完全分離する」交通対策の切り札。急速に増えて行く。

 小樽の「歩道橋」だけじゃなく、この頃に作られた物は、老朽化で更新時期。

 だが、次に理由から二の足を・・・
───────────────────────────────────
 ●高齢化で、階段の上り下りが敬遠されている。

 ●少子化で、利用者が減少。

 ●信号や横断歩道の整備が進んだ。

 ●交通ルールも浸透して来た。
───────────────────────────────────
 *全国の交通事故死者数は、1971年に、最も多い1万6765人。
  2015年には、4117人にまで減少。けれど、未だ、4千人以上も
  亡くなる方が居らっしゃるのです。しかも、「24時間以内」という限定
  付きです。此の範囲を拡げるとどうなるのかという現実も存在する。
  https://www.insweb.co.jp/jidousya-jiko/30days-sisha.html
───────────────────────────────────
 ●歩道が狭くなる。

 ●氷柱が危険。

 ●除雪が大変。
───────────────────────────────────
 現状(北海道)は・・・
───────────────────────────────────
 ■札幌市
───────────────────────────────────
 *管理する48基。2013年3割に当たる15基の撤去を検討。
  2015年までに、4基を撤去。
───────────────────────────────────
 ■北海道開発局
───────────────────────────────────
 *管理する120基。過去10年で、帯広市、美唄市、
  北広島市など6市の計8基を撤去。
───────────────────────────────────
 ■北海道
───────────────────────────────────
 *過去10年で、道道の2基を撤去。
───────────────────────────────────

 全国でも・・・

 可成りの数が、撤去、及び、その対象になっているでしょう。確かに、上記、

 理由等により、「歩道橋」はもう其の役目を終えたのかも知れません。但し、

 本当に「必要」がないのか? もう一度、考えて見る暇はないのでしょうか。

 当時、費やした・・・

 多額の費用が「無」に帰してしまいます。今では「美観」の問題もあるのか。

 更新時期だから、残しておくにも「金」が掛かるからね。割り切り時なのか。

 仕様が無いか。これ以上、残して置いたら、危険でもあるしね。無用の長物。

 歴史的建造物として・・・

 評価している人々もある様。しかし、「歴史的」というには、新し過ぎると。

 でも、今迄「有り難う御座います」。感謝しています。一抹の寂しさを感ず。

 正に、1960〜70年代は私の「幼少期」。人一倍、御世話になりました。

 二度と・・・

 「交通戦争」等と呼ばれない社会を望みます。「車」を生かすのも殺すのも、

 人間次第。これ以上、悲しい人々を増やさないで下さい。「自分丈は」禁物。

 自分も貴方も「同条件」。特別な人は存在せず。減少したから終了はしない。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.