グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
全てが満足で、やれる事は少ない


 何で、迷惑な事で悩まされるんだよ。「マルウェア」「アドウェア」いらね。

 こんな物を作った人間は「重罪」に処せ。世界中でどれ位迷惑掛けているの。

 今から・・・

 約50年前、私は「東室蘭」に住んでいた。其処で「中島小学校」に入学す。

 クリクリの猫の様な目に、ユーモラス溢れた表情。今とは一味も二味も違う。

 初めての父母参観の日。この姿で手を挙げる私を、新聞記者が撮影していた。

 新聞の切り抜きは・・・

 父母と一緒に、焼失してしまったが、私の脳裏にクッキリと刻まれていると。

 この頃は一人で「虫捕り」に熱中していた。団体生活に馴染めなくは無いが、

 矢張り、一人が好きだった。我儘だから他人のペースに合わせたくなかった。

 この頃・・・

 母親に良く連れて行ってもらったのが、室蘭では有名な「グリーンデパート」

 ずっと「グリーンデパート」だと思っていた。つい最近迄は。処が調べると、

 「グリンデパート」=目から鱗だった。このデパート、未だ、存在していた。
───────────────────────────────────
 *床が著しく「歪んでいた」から、恐らく、建て直していない。あの当時の
  儘だと思う。店舗はあるのだが、何となく「フリーマーケット」の雰囲気。
  室蘭市は「高齢化率」が35%を超えている。街が、何処か寂れていて、
  活気が無い。それ故に、お金も掛けられないのだろう。
───────────────────────────────────

 何時も・・・

 昼飯には「カツランチ」。細長いカレー皿の御飯の上に「カツ」一枚鎮座す。
───────────────────────────────────
 *感じ的には、根室の名物「エスカロップ」に近いイメージ。
  http://www.nemuro-kankou.com/s-map07.html
───────────────────────────────────
 その上には「デミグラスソース」。横には少しの「野菜」と「福神漬け」と

 コレが美味かった。何時も、母親にねだっていた。当時の価格350円位か。

 関連のHPを見ると・・・

 喫茶店が一軒入っている。そう私の記憶に残るのも「喫茶店」らしい佇まい。
 http://www1a.biglobe.ne.jp/grindepart/shop-info.html

 しかし、現在、珈琲以外のメニューは「釧路発」の「カツスパミート」のみ。
───────────────────────────────────
 *ここには<釧路風カツミートパスタ>と書いているが、本場の釧路では、
  「カツスパミート」が一般的である。俺の世代だと、どうも「パスタ」は
  馴染まないよなぁ〜。此の店、さっき、見てきたけど、件の店のあった処、
  それは間違いない。けれど、此の店は、未だ、10年も経っていない。
───────────────────────────────────
 釧路に住んでいたから、I屋のコレは良く食べたよ。美味しい事は間違い無。

 でもさぁ・・・

 俺の脳裏にあるのは「カツランチ」。詰まり、御飯なんだよね。スパで無し。

 でも、その違いだけで似ている。確かめて来なくっちゃ。何たって50年だ。

 昔は「人生50年」と言われていた。俺も、随分、長く生きちゃったなぁ〜。

 俺には・・・

 目標がある。父が生きた60歳、母が生きた62歳以上は、生きていること。

 何かその為に、一緒に生きた「小樽」「苫小牧」「東室蘭」を巡っていると。

 引き寄せられている感じがしている。そして、取り留めの無い事に感動する。

 そして・・・

 苫小牧からのJRは「ワンマンカー」。何故か、「整理券」発行。不思議だ。

 そう思っていたら、4駅位を除いて、殆ど「無人駅」。汽車で完結する義務。

 勿論、1両編成。「無人駅」は、運転手兼車掌がいる前部から乗り降りする。

 大きい駅(此の中で)は・・・

 駅員に「整理券」と「乗車券」「乗車賃」渡す。そんな事情を知らないから、

 乗る時に「整理券」何か、気が付きもしなかった。けれど「自動改札機」で、

 無問題。「東室蘭」は「苫小牧」の次に大きい駅。まぁ、高が知れているが。

 車窓から・・・

 見える海岸線には、懐古した。営業に行く為に、何百回も通った手前の道々。

 何となく、のんびりした雰囲気。只、年配者は他人に気を遣い、ドア閉める。

 若いあんちゃんだけ、閉めなかったので、手で指図し「閉めなきゃ駄目」と。

 若い頃と違って・・・

 公衆の面前でも、言葉がハッキリ出てしまう「今の私」。気が付かない奴が、

 多いよ若者。此のあんちゃんは素直だったけれども。他人に対する目線が薄。

 自己中心というより、自分すら見えていない。何回注意したか分からないよ。

 殆どの乗客は・・・

 黙っているね。変な事言って、殺されたら困るもんね。ついこの前も釧路で。

 あんな奴が居たら、怖いよヤッパリ。でも、俺は注意する。御節介親爺だも。

 まぁ、無視する人は無視していて。言うべき事は言う。そう生きて行きたい。

 それにしても・・・

 夜勤明けで、家を出る迄が億劫だが、出てしまえば、こっちのもの。何時も、

 そんな感じだよね。こういう時は「睡眠を犠牲」にしないと、貴重な体験は、

 出来ないんだよ。全てが満足で、やれる事は少ない。何かが犠牲になるのさ。
───────────────────────────────────
 *それから最後に。今日宿泊のRホテル。「QUOカード付の宿泊」はあるく
  せに、自分のホテルで「QUOカード」は使えないんだってさ。変だね。
───────────────────────────────────

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.