グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
今回の事を良い教訓にして次に


 「夜働く」。元来、夜は寝る時間。しかも、長期間に渡って働く。必歪み出。

 それも「生活習慣病」。薬に頼っても解決ならず。自分で原因追求。丹念に。

 レベル低し・・・

 私のお膝元「新千歳空港」。其処で誠にお粗末事件発生。発生日時8月5日。

 張本人「ある女性客」。場所「保安検査場」。経緯は後にするが、張本人が、

 結果として、「金属探知機」をスルーして、保安区域(搭乗待合室)に侵入す。

 経緯は・・・
───────────────────────────────────
 ●12時過ぎ頃
───────────────────────────────────
 *張本人が「保安検査場」でスマホ画面を翳すも反応せず
───────────────────────────────────
 ●約数分間程度
───────────────────────────────────
 *警備会社の検査員が、張本人を一旦列から外す。
 *航空会社の案内係に対応要請。だが、他の客の対応中だった。
 *其の為、張本人は一時ほったらかし状態に。
───────────────────────────────────
 ●12時13分
───────────────────────────────────
 *張本人が「金属探知機」をスルーして、保安区域(搭乗待合室)に侵入
───────────────────────────────────
 ●12時28分
───────────────────────────────────
 *張本人が搭乗したA社羽田便が出発
───────────────────────────────────
 ●12時43分
───────────────────────────────────
 *警備会社が、国土交通省千歳空港事務所に連絡
───────────────────────────────────
 ●13時6分
───────────────────────────────────
 *航空会社が、国内線出発便全便の運行を停止
───────────────────────────────────
 ●13時15分
───────────────────────────────────
 *搭乗待合室や飛行機内から、客凡そ1000人を
  「保安検査場外」の出発ロビーに戻す。
───────────────────────────────────
 ●14時30分
───────────────────────────────────
 *保安検査を再開
───────────────────────────────────
 ●15時過ぎ
───────────────────────────────────
 *国内線出発便の運行を再開
───────────────────────────────────

 いい迷惑だよね・・・

 凡そ1000人。ラグビーの言葉で「一人は皆の為に皆は一人の為に」って

 あるけど、この場合「一人は皆に迷惑掛け」になっているよ。恐らく、今に

 なっても、どれ程迷惑を掛けたか、認識が薄いのでは。厚顔無恥、自分勝手。

 それにしても・・・

 こんな簡単に、摺り抜けられちゃ、「保安検査」の意味無しだよ。世界中に、

 「テロ」が蔓延している現在において、脇が甘過ぎると言わざろう得ないよ。

 この時、検査場は約100人位で混雑していたというけど、言い訳にならぬ。

 金属探知機の横に・・・

 車椅子の人達が、通る為、約1mの通路有。「新千歳空港」の場合、ここに、

 「チェーン」等で対策はされていなかった。道外の空港でも、同様の通路は、

 あるが、人が通り抜け出来ない様「安全対策」をしている空港は多いとの事。

 この事件後・・・

 「新千歳空港」でも探知機脇にある19ヶ所の通路全てに「チェーン」対応。

 こういうトラブルは年に1件位あるらしい。けれど、保安区域に侵入例は稀。

 だからと言って、対策を採らないのは駄目だろう。テロリストだったら地獄。

 この張本人・・・

 金属探知機を摺り抜けた後、搭乗口に進み、A社係員に「搭乗券を無くした」

 と申告、係員は、マイレージカードで、本人確認をして、ゲートを通したと。

 専用端末では確認せず。「搭乗口にいるという事は検査を受けた前提」だと。
───────────────────────────────────
 *これ迄マニュアルでは「搭乗口で搭乗券の紛失が発覚した場合、本人確認
  だけで機内に案内出来る」とされていたが、今回の件で新たに「保安検査
  の有無の確認」も規定に盛り込まれた(確認の機器は設置されていた)。
───────────────────────────────────

 張本人の言い訳は・・・

 「出発時間が迫っていて、焦ってしまった。どう保安区域に入ったかは覚え
  
 ていない」と嘯いている。でも、やっている事は大胆。「搭乗券を無くした」

 と虚偽報告している。確信犯であろう。自分が悪い事をしたという自覚無し。

 約1000人は・・・

 張本人に「不当に待つ事を強要された訳」である。それを無自覚の上、虚偽。

 A社は「自分の処に非がある」としているようだが、どう責任を取るのさ?

 逆に考えると張本人の御蔭で「弱点が露呈」されて、改善され、良かった?

 念には念を入れ・・・

 という言葉がある様に、今だからこそ、最善を尽くすべき。東京五輪なども、

 控えている。どうも、日本は「保安」の分野に関しては遅れている気がする。

 「性善説」に基づいた対策ではテロを防ぐ事は出来ない。悪意に満ちた世界。

 悲しい事だが・・・

 人を信じるより、疑う事が優先か。命題「人は必ず更生する」。そうだとは、

 限らない。だから、「極刑」已む無しが、私の考え。反省している振り等は、

 「弁護士の入れ知恵」。確定死刑囚の再審請求率約75%。殆どは却下対象。

 確かに・・・

 「冤罪」は存在する。だが、明らかに「冤罪」で無い事件も存在。弁護士は、

 被告の事を信じているというよりは、「商売」として、被告を扱っていると。

 「社会への影響力」「売名行為」「事件の大きさ」どれをとっても商品価高。

 其れだけに・・・

 苦労もお有りになるでしょう。私は与しないが。本居、例の張本人、現在は、

 何を考えているのでしょう。恐らく「私だけが悪いのじゃない」と開き直り。

 何方ももう一歩の「慎重さ」「注意力」「抑制力」だった様。人の振り見て。

 けれど、一方で・・・

 「反省無き心に向上無し」。今回の事を良い教訓にして、次に進みましょう。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.