グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
どんどん文章能力は低下する


 今年は、例年に比べ、「落ち葉」が少ない気がする。周辺の木の本数は同じ。

 理由は分からない。「団栗」も不作らしい。其の為、「羆」空腹で危険大と。

 経験したんだよなぁ・・・

 今から16年以上前の2000年2月。私は、ある事故の「被害者遺族」に。
 http://www.unlimit517.co.jp/gnews265.htm

 しかし、一つ間違えたら、「加害者遺族」にもなりかねなかった。間一髪で。

 そのニュースは「北海道内のTV」で報道された。「写真」と「実名入」で。

 この時迄・・・

 被害者が「写真」と「実名入」で報道される事に、疑問を持っていなかった。

 「他人事」なので、特に意識はしていなかったのだろう。だが、自分に降懸。

 何故だか「変だ」と思った。本当に「写真」と「実名」は必要なのだろうか。

 その上・・・

 初七日も終わっていない頃、突然、「Hテレビの報道の者」と名乗る人物が、

 訪ねて来た。それも夜の11時。「写真はありませんか?」との要望だった。

 「私は一人暮らしなので、此処に両親の写真は持ってません」と正直に答う。

 それでも・・・

 執拗に食い下がる。「一人暮らしでも、一枚位あるでしょう?」。けれども、

 無いものは無い。嘘ではなかった。アルバム類は全て、両親の住む実家に有。

 「貴方が私の立場だったら、ありますか?」「ありますよ、変ですねぇ」と。

 何だ此奴・・・

 「こんな夜中に非常識じゃないか、帰ってくれ!」「写真位、良いじゃない」

 「無いものは無い。それに写真必要ないでしょう。文章だけで充分でしょう」

 「それじゃ分かりました。他の所に当たって見ます」「掲載許可出しません」

 そんな遣り取りだったのだが・・・

 当時、親父が勤めていた会社に頼んで「写真」を拝借したらしい。報道さる。

 何で、遺族が許可していない「写真」を掲載する権利があるんだ。可怪しい。

 その他のTVや新聞にも、私が許可していない「写真」を勝手に掲載される。

 こういうのを・・・

 「集団的加熱取材(メディアスクラム)」というらしい。去る2005年には、

 『犯罪被害者基本法』が施行され、「犯罪被害者の尊厳」「権利」が明確に
  http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H16/H16HO161.html

 規定された筈だった。処が、上記の様な体たらく。私だけでは決して無いと。

 1月に起きた・・・

 「長野県軽井沢町のスキーバス事故」でも被害者が「実名」で報道された後、

 何人もの被害者遺族たちが「マスコミに家を取り囲まれている」。一方では、

 7月の「相模原障害者殺傷事件」は「匿名報道」。それでも悲惨さは充分に。

 マスコミの中には・・・

 「事件直後でも思いを語ってくれる家族はいる。アクセスしない訳にいかぬ」

 それは「思いを語っている」のではなく、「取り乱しているだけ」。実の処、

 現場で、私も叔父に諭される迄は、マスコミの質問に矢継ぎ早に答えていた。

 殆ど・・・

 記憶に無いままに。消失感に「取り乱していた」。マスコミは事情を知らぬ。

 「報道や取材は自由が原則」とも嘯く。遺族を傷つけて迄の「自由」は無い。

 私は常々思う。「スクープ」何て、マスコミのエゴ。遅くても正確な記事を。

 そもそも・・・

 「スクープ」の目的は「他社を如何に出し抜くか」でしょ。遺族の感情には、

 全く寄り添っていないよね。だから、平気で遺族の感情を逆撫でする報道を。

 「報道の自由」を錦の御旗に。其の正当化加減にウンザリする。反吐が出る。

 其れは・・・

 「犯罪」「事故」「事件」其他の案件でも同じ。其れと、最近はSNSから、

 「写真」や「文章」を引っ張り出しているけど大丈夫?許可得てないでしょ。

 「著作権」は、自分達には適用され、素人のは野放しなんだ。被害者のもね。

 都合が良いんだね・・・

 マスコミってのは。確かに近頃の「ネット記事」を読むと、誤字脱字だらけ。

 「文章」じゃ勝負出来ないんだね。だから「写真」が必要。そんな感じだね。

 自分達の能力の無さを「写真」で補っている。「スクープ」も第一は「写真」

 どんな状況であろうとも・・・

 「写真」を掲載すれば事足りるのかい。「報道」じゃなくて「写真」強奪戦。

 明らかにマスコミの能力は低下の一途を辿る。「写真」に頼らずには無理か。

 頼れば頼る程、どんどん文章能力は低下する。居住まいを正すなら、今だよ。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.