グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
存在を素直に認めて欲しい


 T県警が昨年、事件捜査で押収した顔写真。スマホに保存された被害者の顔。

 詳しく分析した処、被害者の瞳に「加害者の姿が写り込み」。スマホ御手柄。

 柔軟にすれば・・・

 「義務教育」。これが、日本の教育レベルを上げた事は紛れも無い事実です。

 けれど、昨今、色々な角度から「罅割れ」を起こしている。その結果として、

 「不登校」が低年齢化している。「虐め(暴力)」だけが原因ではない現状と。

 他の理由としては・・・
───────────────────────────────────
 ●勉強が嫌い
───────────────────────────────────
 *全国学力・学習状況調査(学力テスト)対策等、学力アップに向けた取り組
  みが近年、小学校でも加速し、子供達の不安感が高まっている為。
───────────────────────────────────
 ●感受性の強い子供ほど、学校への拒否感が強い。

 ●「発達障害」による学習への遅れの悩み
───────────────────────────────────
 文科省は1991年度から・・・
───────────────────────────────────
 全国の小中学校で年間30日以上休んだ「不登校」の児童を調査
 (2004年度から、高校生も対象に加えた)
───────────────────────────────────
 ●近年は、小中学生は増え、高校生は減る傾向が、全国的に強い。
───────────────────────────────────
 ●北海道内では2015年度・・・
───────────────────────────────────
  小学生が過去最多の949人 > 935人の高校生を上回る。
───────────────────────────────────
 ●中学生も過去最多の3690人。
───────────────────────────────────
  2006年度比の増加率を比べると、小学生42%>中学生16%
───────────────────────────────────

 最近では・・・

 子供に無理をさせず見守ろうとする保護者や教員が増加。但し、子供らには、

 引き篭もりを避け、学校以外で勉強や社会を経験させたいと願う保護者らも

 多く、其の為に「フリースクール」も選択肢に。期待に答え、様々な支援も。

 教育委員会では・・・

 中学校で実施中の「不登校対策」を、小学校にも拡大出来ないかを検討開始。

 想定としては、「不登校」の兆候が見られる中学生を対象に、元教員などが、

 行っている『学習支援』。早めの対策という事から「小学3〜4年」開始に。

 「不登校」を巡っては・・・

 保護者も「負い目」「悩み」などを抱えて、孤立しやすい。近所付き合い、

 その他も含め、様々な立場の人達が、保護者を支えて行く環境整備が肝要と。

 それと「義務教育」の仕組みも柔軟に。大検みたいに「小検」「中検」も有。

 例えば・・・

 「フリースクール」を卒業し、「小検」に合格したら、「小学校卒業」同等。

 「中検」に合格したら、「中学校卒業」同等。そして、高校入学試験受験可。

 陰湿な「虐め(暴力)」が増加している現在においては、「脇道」を用意する。

 「フリースクール」だけじゃなく・・・

 「引き篭もり」で「小検」「中検」に合格しても同等とする。「虐め(暴力」

 等によって、「命」を絶たれるよりはズッと良いだろう。義務教育だからと、

 無理に通う必要無し。そういう時代に成っている。「義務」に拘る事は無い。

 「ネット」も含め・・・

 今は、昔よりも、ズッと個人で勉強出来る環境が整っている。けれど一方で、

 教育水準を保つ為に「義務教育制度」は維持。其れプラスの「脇道」を作る。

 多くの学校で「虐め(暴力)」を認めない以上、そうするしか無い。救済発動。

 其程・・・

 追い詰められた閉塞状態。故に、親子で躊躇わずに「脇道」へ逸れて欲しい。

 近所も其れを「温かい目」で見守る。人と違う事は決して、悪だけじゃない。

 其れが必要な人もいる。「命」を繋ぐ為にも。本来なら孤立は「虐めた側」。

 親共々・・・

 再教育の必要アリ。現在までは「虐めた側」の責任が曖昧になっている様と。

 「虐めた側」に心の傷は無いが「虐められた側」は「命」を繋いだとしても、

 死ぬ迄ズッと心の傷が残る。何十年経っても忘れないのだ。クラス会等拒絶。

 拠って・・・

 「虐め(暴力)」は何十年にも渡って、相手を、苦しみに陥らせる卑劣な犯罪。

 相手の人生を台無しにしてしまう。心から払拭が出来ないから。酷い事には、

 「虐め(暴力)」した側は其の事すら忘れてしまう輩も多い。身勝手甚だしい。

 故に・・・

 「脇道」の用意と並列で、「虐め(暴力)」の存在を学校が認め、この対策を。

 校長や教頭、先生方が見て見ぬふりしない事。保身から「虐め(暴力)」側に、

 付かない事。其のクラスの担任を孤立させない事。親が早く変化に気付く事。

 責任は・・・

 全て「虐めた側」にある。其れらを追求し、「虐められた子供」を守る為に、

 「学校」と「親」は動いて欲しい。こういう連携をする為にも、学校側には、

 「虐め(暴力)」の存在を素直に認めて欲しい。「虐められた子の命」最優先。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.