グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
最後は「他人のせい」にしてしまうから


 思い込んだら駄目なんだろうが、1年で2月は一番相性が悪い。今年もそう。

 両親を始め、親戚筋で2月に亡くなった人も多い。生きているだけで御の字。

 緊張感が・・・

 なかったんだなぁ〜OT警察署巡査部長。今までは偶々、そういう容疑者に

 会わなかっただけだったんだよ。今回のH容疑者、相手が悪かったなぁ〜。

 恐らく、最初から「逃げる気」満々だったんだよ。貴方の心を見透かした様。

 今まで・・・

 「運」が良かっただけだったんだね。けれど、こうなってみると「運」悪し。

 一度緩んだ「心の糸」は元には戻らない事が殆ど。その「微温湯」が心地良。

 でも、警察だから、一度何かが遭ってからでは遅い。市民に著しい恐怖感を。

 「微温湯」は・・・

 件の巡査部長に「スマホ」を授けた。しかし、当然、留置場で「スマホ」は

 御法度である。しかも、40分間も画面を見ていれば、隙が出来て当然だよ。

 昨年の10月、留置管理の不備により逃走を招いたとして、7人が懲戒処分。
───────────────────────────────────
 *その後、この巡査部長はどうしたんだろうね?通常通り「依願退職」にて
  「退職金」を貰って辞めたのかね。市民への恐怖を考えると「懲戒免職」。
  普通はそれが当たり前。当たり前じゃないのが「公務員の世界」なんだよ。
───────────────────────────────────

 もちろん・・・

 件の巡査部長も含まれる。だが、最初の発表では巡査部長は「ニュース」を

 見ていた事は明らかにされたが、「あっちの動画」を見ていたとの公表無し。

 「あっち」=「AV」である。あ〜あ、其処まで、「緊張感」が薄れていた。

 此れは・・・

 民間企業でもアウトでしょ。それが「警察」の留置場でだよ。これについて、

 県警幹部は「スマートフォンを、持ち込んだ事が処分理由で、閲覧の内容は

 関係ないとの判断だった」とコメントしていたが、「AV」は不味いでしょ。

 だって・・・

 「ニュース」は聞き流せても、「AV」は画面に集中しちゃうでしょうねぇ。

 H容疑者の様子なんか忘れちゃったんじゃないの?その後の彼の逃走模様を、

 見ていると、完全に「警察」を嘲笑っているもんね。「警察」=大根役者と。

 まんまと・・・

 自転車で「全国一周」を目指すツアラーに成り済ましていたもんなぁ。実に

 堂々としている感じだった。だからこそ、長い間、逃走出来た。褒めたくは、

 無いけど、余りにも、巡査部長がお粗末君。只、公務員の所属先=「警察」。

 「公務員」が先で・・・

 「警察」が後なんだろうな。私の上司は「元警察官」だが、彼に言わせると、

 段々「緊張感」を無くして行く警官は「其れなりの数」いるらしい。けれど、

 問題になるのが、件の事件が起こった時などの状況が無いと、発覚しないと。

 だから・・・

 「警察」という「緊張感」が無ければ、勤まらない職場でも、こういう輩が、

 存在してしまうのだ。でも、恐らく、「微温湯体質」は伝染してしまうから。

 OT警察署では、他にもいないか、内部調査した方が良い。人は楽に流れる。

 そして・・・

 楽な道に慣れてしまうと「普通の道」に戻るだけでも困難。況や「厳しい道」

 をや。既に「警察官」では無くなっていた。更に「公務員」としても逸脱を。

 こういう「運命」を自分で導いてしまった。「運が良い」に安住し、顧みず。

 意外と出来ないのが・・・

 「人の振り見て我が振り直せ」。自分は「運が良い」と感じている人は尚更。

 人=他人は他人。自分は自分となってしまう。私の同僚も他人の事は声高に

 「欠点」を指摘するが、自分の悪い点は無関係と頬被りする。自己反省は無。

 其の人も・・・

 元「公務員」。私事だが、実は昔から「公務員」と「銀行員」とは相性悪し。

 彼らは「悪点」を突くと、只管「逃げ」に回る。自己保身に走る。なんだか

 「非人間」的な傾向強し。それ以上、突き詰めると何処かから圧力を掛ける。

 其れで・・・

 「受注してきた仕事」がおじゃんになったことも結構ある。世情にも疎くて、

 「仕事がない事情」を切々と訴えても、「そんな事、ないっしょ」で済ます。

 熱く語る事が、まるで無駄な様に「冷酷」に言い放つ。本当に「他人事」と。

 銀行員にしても・・・

 「十把一絡げ」では語れないかも知れぬが私の周りにはそういう輩が蔓延る。

 気にしなければ良いのだが、又、人の気持ちをささくれさせる様な言い方を

 平気でするから、我慢出来無くなる。「微温湯」は「冷水」の心を知らない。

 環境が・・・

 そうさせるのだろう。「仕事が無くならない」という安堵感からも。恐らく、

 「公僕」という意識がある人は少ない。安全地帯にいて、上から目線で対応。

 だから、「子供のSOS」を平気で悪魔に売り渡す。他人に寄り添う気持無。

 あるのは・・・

 「自分の保身」。其れだけ。件の巡査部長、私の周辺の公務員達、C市児相、

 「微温湯」から出なければ、他人は助けられない。でも、そういう気持等が、

 無い人が「公務員」を選択する場合が多い。最初は公僕意識あっても段々薄。

 「微温湯」って・・・

 人を「非人間」の方に導きやすい。故に怖い。其処から、抜け出すためには、

 「自己保身」の気持を薄れさせ、自分で自分をコントロールする力が必要と。

 此れが難しい。最後は「他人のせい」にしてしまうから。自分は悪くないと。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.