グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
銃規制〜先ずは対応、其れから論議


 上から目線の人は「人を差別」しやすい。テレビを見ていても、この傾向大。

 「自分はこの人よりは恵まれている」。尤もな意見の様だが上から目線強し。

 昨日迄は生きていたのに・・・

 理不尽な犯人に殺された49人の被害者達には、其の日迄、それぞれの人生、

 様々な関わり、色々な生き方があったのに。一瞬にして、無きものにされる。

 日常が継続する筈だったのに、其処に存在したのは「非日常」。強引に生滅。

 この事件が・・・

 起こった国は「ニュージーランド」。拘束された容疑者は3人。警察当局は、

 ブレントン・タラント容疑者(28)が1人で2つのモスクを襲撃したと見る。

 2つのモスク(イスラム教礼拝所)は、南島のクライストチャーチに存在する。

 死者49人の他に・・・

 負傷者約40人の大惨事。犠牲者の殆どは「移民」と見られている。凶器は、

 殺傷能力の高い2丁の半自動小銃、其の他3丁(散弾銃を含む)計5丁を所持。

 ニュージーランドで銃の所持者は免許必要。だが、大半の銃の保有登録不要。

 此れは・・・

 タラント容疑者の出身国オーストラリアに比べ「緩い銃規制」。其の規制が、

 「事件の背景」にあると見られている。其れでも1990年の銃撃事件以後、

 銃規制が強化され、保有するには許可が必要になり、犯罪歴や精神状態確認、

 安全講習への参加等が求められる様に。規制強化が功を奏し、銃犠牲者減少。

 銃を使った殺人事件は・・・

 2000年以降では09年、13年の両年を除けば1桁台に。但し、一方で、

 「違法な保有」は後を絶たず、人口約470万人のニュージーランド国内で、

 民間人が保有する火器の数は05年92万5千丁→17年には150万丁に。

 ニュージーランド以外でも・・・
───────────────────────────────────
 近年、テロや乱射事件は増えている。
───────────────────────────────────
 ●2015年11月13日
───────────────────────────────────
  パリの中心部の劇場など6ヵ所で銃乱射や自爆が発生。計130人死亡。
───────────────────────────────────
 ●2016年6月12日
───────────────────────────────────
  米フロリダ州のナイトクラブで乱射。49人死亡。
───────────────────────────────────
 ●2016年7月14日
───────────────────────────────────
  仏リースでトラックが群集に突っ込み、86人死亡。
───────────────────────────────────
 ●2016年12月19日
───────────────────────────────────
  独ベルリンのクリスマス市場にトラックが突っ込み、12人死亡。
───────────────────────────────────
 ●2017年5月22日
───────────────────────────────────
  英マンチェスターのコンサート会場で自爆テロ。22人死亡。
───────────────────────────────────
 ●2017年10月1日
───────────────────────────────────
  米ラスベガスで乱射。58人死亡。
───────────────────────────────────
 ●2018年2月14日
───────────────────────────────────
  米フロリダ州の高校で乱射。生徒ら17人死亡。
───────────────────────────────────
 ●2018年5月12日
───────────────────────────────────
  仏パリのオペラ座近くで男が刃物で通行人らを襲撃。5人死傷。
───────────────────────────────────
 ●2018年10月27日
───────────────────────────────────
  米ペンシルバニア州ピッツバーグのユダヤ教会堂で銃撃。11人死亡。
───────────────────────────────────
 ●2018年11月7日
───────────────────────────────────
  米ロサンゼルス郊外のバーで乱射。12人死亡。
───────────────────────────────────
 ●2019年3月15日
───────────────────────────────────
  今回の事件〜ニュージーランド・クライストチャーチにて
───────────────────────────────────

 今回の事件でも・・・

 露呈されたのは「ネット社会の弊害」。何と、タラント容疑者は自分自身で、

 フェイスブックを通じ「生中継」をしていた。困るのは、一度流された動画。

 短時間で多くに「拡散」されてしまう。アーダン首相の要請でFBは削除す。

 事件発生後24時間で・・・

 150万の動画を削除したそう。その後も24時間態勢で対応す。其れでも、

 「17分間の動画」は、FBの削除後も、ユーチューブやツイッターなどへ

 繰り返し転載されてしまう。その結果にアーダン首相と豪モリソン首相苦言。

 マスコミという大掛かりは・・・

 必要ないのだ。この様に「罪」の部分もあるが、「功」の部分も存在すると。

 「手軽に個人で情報発信出来る」は功罪相半ばだなぁ〜。今回の使い方だと、

 容疑者の「酷さ」を礼賛した様な動画が巻き散らかされる。承認欲求と合致。

 ある意味・・・

 「承認欲求」が満たされれば、「善」でも「悪」でも構わないという御仁も。

 其の方々の為には悲劇も「格好のネタ」である。上記の両首相は興味本位を、

 最大限に避けたかったのだろう。でも、この手軽さがSNSの売りだけに難。

 此ればかりじゃなく・・・

 如何わしい「生中継」は枚挙に暇がない。正直、全てを取り締まるのは無理。

 出来るとすれば「如何わしい生中継」を一刻も早く止める位。手軽便利さは、

 一方では「不便不都合」を生じさせる。一面では「良」。他面では「不良」。

 此れは・・・

 「銃の所持」にも言えるのではないだろうか。あれば、「護身用」には良い。

 けれども、今回の容疑者の様な「ある思想に凝り固まった人間」にとっては、

 相容れない人々を殺害する格好の「武器」となる。正に「キチガイに刃物」。

 「銃」が必要か不必要か・・・

 其れは置いておく。其れ等の結論を出すのは時間が掛かると思うから。だが、

 ニュージーランドでの問題は「銃の保管」の部分。「銃規制の強化」が功を

 奏したのなら今度は「保管規制の強化」が肝要。この際、洗い浚い調査する。

 そして・・・

 「銃の数」をしっかり把握する。不必要なものは「保管の禁止」、没収する。

 取り敢えず、出来る事をスピーディーに行う。其れから、必要不必要の論議。

 迅速な対応で、この様な悲劇から人々を守る。先ずは対応、其れから論議に。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.