グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
罪糞「真実は一部」「虚偽が殆ど」になると思う


 此処へ来て、突然「真夏」がやって来た。これから1週間位、千歳も真夏近。

 来なかったら来なかったで文句を言い、来たら来たで文句を言う。人間我儘。

 此れは・・・

 来ない方が良かった。心からそう思う。其れは『京都アニメーション・第一

 スタジオ放火殺人事件』。35人が死亡。平成以降最悪。最悪な放火殺人は、
───────────────────────────────────
 **2016年7月相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」19人
───────────────────────────────────
 独りよがりで被害妄想的な1人の男により、引き起こされた。既に人で無し。

 時系列で追う・・・
───────────────────────────────────
 容疑者名 青葉真司 41歳
───────────────────────────────────
 ●2012年に茨城県で「コンビニ強盗事件」→ 懲役3年6ヵ月服役

 ●「精神障害」→ 出所後に福祉サービスを受けられる→ 特別調整対象
───────────────────────────────────
 2018年9〜11月ごろ
───────────────────────────────────
 ●京アニHPに同一のIPアドレスから「殺害予告」相次ぐ。

 ●送信者の特定を困難にする匿名化ソフト使用。

 ●京アニに所属する特定の個人に対する「殺害予告」も。

 ●「新作アニメの制作を中止」「関東圏であるコンサートを中止」等の脅迫
───────────────────────────────────
 7月14日(日) 
───────────────────────────────────
 ●住居であるさいたま市のアパートで近隣住民とトラブル。その後、京都へ。
───────────────────────────────────
 **「こっちは余裕無いんじゃ。失うものは何もねえ」
───────────────────────────────────
 7月16日(火)
───────────────────────────────────
 ●JR京都駅近くのインターネットカフェで情報収集した可能性。

 ●JR宇治駅近くの防犯カメラには手ぶらで歩く姿。第一スタジオ様子窺う。
───────────────────────────────────
 **京アニ本社やスタジオ、ショップなど関連施設、聖地付近も巡回。
───────────────────────────────────
 7月17日(水) 午前
───────────────────────────────────
 ●現場から約5kmのホームセンターでガソリンの携行缶などを購入。
───────────────────────────────────
 **20L用携行缶2つ。台車。バケツ2個。スタンドでガソリン40L。

 **スタジオから死角になる細い路地で携行缶2つ発見。

 **直前にバケツにガソリンを移し替えた疑い有。

 **一つの携行缶は満タン。もう一つは半分ほど残。

 **バケツの容量は2個合わせて、10L前後。

 **スタジオ1階の螺旋階段側からバケツと見られる溶けたプラスチック片。

 **現場付近の路上から包丁6本見つかり、何れも刃が剥き出し状態。

 **6本の内5本はスタジオ前の路上に残された手提げ鞄の中。

 **1本は側に落ちていた。ケース無し。

 **同じ場所で長さ1m弱のハンマー発見。強い殺意を示唆している。
───────────────────────────────────
 ●荷物を押して、約10km、別のスタジオや宇治市の本社周辺を歩き回る。

 ●多数の防犯カメラが設置された街中を凶器を運び、白昼に下見を重ねる。
───────────────────────────────────
 7月18日(木) 午前10時30分ごろ
───────────────────────────────────
 ●20L入りの携行缶2つを台車に載せて、第一スタジオへ。

 ●「死ね」と叫びながら侵入。

 ●1階螺旋階段近くでガソリン約10Lを撒き、着火マン等で着火。

 ●従業員にも直接浴びせて、火を付けたとの目撃証言有。

 ●赤い炎と黒煙が螺旋の空洞を伝わって、1分も掛からず、爆発的に拡がる。

 ●スタジオは一瞬で火の海になり、一酸化炭素が急速に充満。

 ●屋上に出る扉に続く3階の階段には折り重なる様に倒れた20人見つかる。
───────────────────────────────────
 **開錠状態、最も近い人はあと数十cmで手が届く距離。黒煙で暗闇状態。
───────────────────────────────────
 ●身柄確保時には「小説を盗まれたから放火した」(事実確認されず)。
───────────────────────────────────
 当時の状況(生存男性の証言)
───────────────────────────────────
 ●螺旋階段から黒煙が上がって来た直後、目の前が真っ暗に。

 ●ベランダから飛び降り、軽症で済む。

 ●扉については、金属レバー上下2ヵ所の珍しいタイプ。最初は開け難い。

 ●救助活動時には扉は閉まっていたが未施錠だった。

 ●2階には当時約30人の社員。

 ●この男性は螺旋階段から離れた北東の角の机で背景が描いていた。

 ●男の揉める声が1階から聞こえ、直後に女性数人の「キャー」という悲鳴。

 ●「ドドドド」という大きな音、1階から上がって来た男性が「火事だ」。

 ●2階にいた女性が防災ベルを押して15秒位で螺旋階段からきのこ状黒煙。

 ●直後に視界が閉ざされる。吸い込むと卒倒しそうな臭い充満。ベランダへ。

 ●下を見ると体を炎に包まれた女性2人がよろめきながら歩くのが見えた。

 ●既に飛び降りた男女数人が下におり、「飛び降りなさい」という複数の声。

 ●ベランダを蹴り、降りる。その際、コンクリートの地面に両肘を打ち負傷。
───────────────────────────────────
 被害者の状況
───────────────────────────────────
 ●専門の研修を受けた「指定被害者支援要員」の警察官100人24H態勢。。

 ●司法解剖の結果(死亡者35人の原因)
───────────────────────────────────
 焼死26人、一酸化炭素中毒死4人、窒息死2人、全身火傷2人、不詳1人
───────────────────────────────────
 **犠牲者の身元特定は先ず、親族らが遺体を見ての本人確認が一般的。

 **損傷が激しく目視での確認が困難な場合、DNA型鑑定や歯型鑑定。

 **府警は今回、火災による遺体の損傷状態や事件の重要性を勘案。

 **結果として、35人全員に「DNA型鑑定」を実施。

 **焼死体は他因の遺体に比べ、鑑定に時間を要する。

 **焼死体は骨や爪、歯等からDNAを抽出

 **こうした組織を溶かす「脱灰」という作業に手間が掛かる。
───────────────────────────────────
 7月26日(金) 青葉宅の家宅捜索
───────────────────────────────────
 ●京アニの関連書籍や映画のDVDを押収。

 ●ダンボール5箱分の資料を押収。

 ●壊れた大型スピーカー(BOSE社製)を押収。

 ●スマートフォンやタブレット端末を押収。
───────────────────────────────────

その後の捜査で・・・

 青葉容疑者〜やったのが明らかなのに「容疑者」って。何か納得出来ないよ。

 「容疑者」=「罪を犯したのではないかという疑い」だもんね。何か変だよ。

 でも、裁判で罪が確定しないとしょうがないのかね。青葉糞垂れでも足りぬ。

 処で・・・

 青葉は「京アニに小説を応募」していたらしい。一次選考で落とされたよう。

 この時の小説から「アイデア」を盗まれたの?まぁ、文章なんかどうとでも

 取れるから「こじつけ」だろうけど。もしかして、「京アニ」に入社希望?

 イチャモンを付けて・・・

 「京アニ」にゴリ押し入社したかったのでは?「面接依頼」とか無かった?

 正攻法のやり方で無下に断られたからこんな凶行に及んだのかも。でもさぁ、

 凶行を正当化する事何か、出来る訳ない。お前の夢の為に35人も殺したの。

 考えれば・・・

 考える程、青葉の「罠」に嵌っている気がする。最近、思うのは「理由少」

 「妄想多」という犯罪動機。其程、深く思わずに感情に任せ、犯罪に及ぶ的。

 だから、犯罪の動機を探っても「理由少」に行き着くだけで犯罪抑止ならず。

 詰まり・・・

 生かしておくだけ「無駄」。そう痛感する近頃の犯罪傾向。取り調べもだが、

 幾ら、密着レポートやインタビューと言っても、人は人を前にした場合には、

 「真実は一部」「虚偽が殆ど」になると思う。人を前にすると演技するから。

 昔から・・・

 所謂「密着レポート」には懐疑的である。本を売るだけの「売り言葉」だと。

 故に取り調べで行き着くのは「理由少で妄想多」の独善的な犯人の論理だけ。

 本音を吐露するよりも、ここ迄来たら、「虚偽」で塗り固め、自分を英雄視。

 そんなバランス感覚が・・・

 働くような気がしている。「心の闇」をもっと多く、黒く「闇化」する目的。

 こんな事を言うと、世の中に逆行しているかも知れないが、取り調べ時間を

 短縮化し、執行を早めに。嘘の垂れ流しで「税金」の無駄遣いは必要ないと。
 
 遺族の方々は・・・

 犯罪者に「反省」を求めるが無理。諦めるしかない。そういう奴だから罪糞。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.