グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
"個人情報保護法"が施行。
明らかになったのは[企業のズサンさ]だけ…1



 "個人情報保護法"が施行されて、3ヶ月を経過した。だが、情報は守られる
どころか、出てくるのは、ズサンな管理をしていた[企業の酷さ]だけである…。


【"金融機関"の酷さ】

6月30日、発表。

 金融庁の一斉点検の指示に基づき、全国の金融機関が、「顧客情報の管理状
況」を調べた。その結果、大手銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合の中の、
23金融機関・グループで「98万件以上」の情報紛失があった。

 言い訳は・・・

   「誤って、廃棄した可能性が高く、外部に流出した可能性は低い」

            本当に、外部に流出していないと言い切れるのか?


[情報紛失の"金融機関"] ちょっとデータの羅列で単調ですが…(^^;)。

───────────────────────────────────
〜6月30日以前に 発表分〜
───────────────────────────────────
●みちのく銀行(4月22日)…約1,310,000件の顧客情報が入った
              CD−ROM3枚紛失。

●みずほ銀行とみずほ信託銀行(3月末)…約279,000件の情報紛失

●三菱信託銀行(6月1日)…約173,000件の顧客情報が入ったデータシ
             ートを紛失。

───────────────────────────────────
〜6月30日 発表分〜(順不同) 約980,000件以上
───────────────────────────────────
●りそなホールディングスの傘下4銀行…約287,000件

 関東や関西を中心に、計104店舗が対象。

 氏名、口座番号、預金残高が記された「データフィルム」を紛失。店舗統廃
 合の時に、廃棄した可能性が高い。

●福井銀行…約170,000件
 
 全45店舗。顧客情報の入った記録媒体を、多数紛失。

●UFJ信託銀行…約116,000件

 全33店舗。

 氏名、口座番号が含まれた「ローンの明細書」。

●あぶくま信金…約68,600件。

 4店舗。顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●三井住友銀行…約61,000件

 全国153店舗。

 氏名、口座番号などが記載された「マイクロフィルム」や「申込書」を紛失。
 廃棄された可能性が、高い。

●宮城第一信金…約7,000件

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●農林中央金庫…約1,500件

●東邦銀行…約16,000件

 87店舗。「預金印鑑票」を含む顧客情報を紛失。

●福島銀行…約3,000件

 52店舗。

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●大東銀行…約39,200件

 13店舗。

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●相双信組…約7,000件

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●武蔵野銀行…約16,000件

●関西アーバン銀行…約52,000件

 16店舗。

 顧客情報が入ったMOを紛失。

●のと共栄信金…約5,000件

───────────────────────────────────
〜7月1日 発表分〜(順不同) +約880,000件以上
───────────────────────────────────
●十六銀行…約99,000件

●栃木銀行…約66,000件

●佐賀銀行…約46,000件

●みちのく銀行…約39,000件(2度目の登場)

 108店舗。

 長期保存の顧客データを紛失。

●熊本ファミリー銀行…約39,000件

●北上信金…約84,000件

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●京都中央信金…約16,000件

●ひまわり信金…約21,000件

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●会津商工信組…約740件

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●鶴来信金…約3,800件

 7店舗。

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●下北信金…約2,000件

 1店舗。

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●大垣共立銀行…約19,800件

●スルガ銀行…約8,900件

●仙台銀行…約7,100件

 17店舗。顧客情報が入った書類を紛失。廃棄した可能性が高い。

●秋田銀行…約4,000件

 顧客情報が入った書類を紛失。廃棄した可能性が高い。

●群馬銀行…約1,300件

 108店舗。

 顧客情報が入った書類を紛失。廃棄した可能性が高い。

●東和銀行…約17,000件

 7店舗。

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●北國銀行…約2,700件

 顧客情報が入った書類を紛失。廃棄した可能性が高い。

●北陸信金…約2,300件

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。


───────────────────────────────────
〜7月4日以降 発表分〜(順不同) 
───────────────────────────────────
●大分銀行…約131,800件

 78店舗。

 顧客情報が入った書類、マイクロフィルムを紛失。

●宮崎銀行…約43,500件

●筑邦銀行…約26,000件

●福岡ひびき信金…約1,800件

 顧客情報の入ったCD−ROM2枚紛失。

●青森銀行…約96,000件

 109店舗。

 顧客情報が入った書類を紛失。廃棄した可能性が高い。

●千葉銀行…約89,000件

 7店舗。

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●千葉興業銀行…約20,000件

 53店舗。

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●京葉銀行…約2,600件

 10店舗。

 顧客情報が入ったマイクロフィルム、書類を紛失。

●住友信託銀行…約6,000件

 顧客情報が入った書類を紛失。

●殖産銀行…約17,900件

 9店舗。
 
 顧客情報が入ったマイクロフィルム、書類を紛失。

●山形銀行…約3,200件

 18店舗。

 顧客情報が入った書類、マイクロフィルムを紛失。

●荘内銀行…約6,900件

 12店舗。

 顧客情報が入った書類を紛失。廃棄した可能性が高い。

●ぐんま信金…約7,800件

 3店舗。

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●高崎信金…約500件

 2店舗。

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●但馬銀行…約5,500件

 31店舗。

 顧客情報が入った書類を紛失。廃棄した可能性が高い。

●滋賀県信組…約25,000件

 18店舗。

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●福島協和信組…約13,000件

 2店舗。

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●北陸銀行…約1,100件

 38店舗。

 顧客情報が入った書類を紛失。廃棄した可能性が高い。

●鳥取銀行…約32,000件

 56店舗。

 顧客情報が入った書類を紛失。廃棄した可能性が高い。

●東日本銀行…約42,600件

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●八千代銀行…約83,200件

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●松本信金…約13,800件

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●上田信金…65件

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●諏訪信金…約23,000件

●長野信金…約22,000件

●長野銀行…約21,000件

●北洋銀行…約1,200件

 45店舗。

 顧客情報が入ったマイクロフィルム、書類を紛失。

●札幌銀行…約230件

 17店舗。

 顧客情報が入った書類を紛失。

●北海道銀行…約1,200件

 12店舗。

 顧客情報が入った書類を紛失。

●桐生信金…40件

 17店舗。

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●館林信金…約1,200件

 3店舗。

 顧客情報が入ったマイクロフィルムを紛失。

●アイオー信金…1件

●かんら信金…約180件

●北群馬信金…約300件

●多野信金…99件

●横浜信金…約53,500件

 14店舗。

 顧客情報が入ったマイクロフィルム、CD−ROMを紛失。

●宮崎信金…約8,700件

●高鍋信金…約12,000件

●南郷信金…約550件

●宮崎太陽銀行…約2,600件

●遠軽信金…535件

 顧客情報が入った書類を紛失。廃棄した可能性が高い。

●南日本銀行…約2,200件

 顧客情報が入った書類を紛失。廃棄した可能性が高い。

───────────────────────────────────
【"金融機関"の総括】

 4日の時点では、87金融機関だったのが、一週間後の11日には、184
 機関にも、増えている。これは、全金融機関の約1/4に当たる。おそらく、
 ここでも、その全ては書き切れていない。

 件数は、300万件(1日現在では約186万件)くらいは、あるのではない
 だろうか?だが、各金融機関が、全てを出してはいないと、推測されるので、
 軽く見積もっても、倍くらいは、あるのではなかろうかと考えられる。

 次から次に、出てくる。まるで、周りの動きを、見ながら、情報を出してい
 るようだ。もし、"個人情報保護法"が正式施行されず、金融庁の一斉点検が
 なければ、これらの情報は、全て、分からずに、簡単に、内部で、右から左
 に流されて、終わっていたのだろう。

 書いていて、本当に、「疲れるデータ」である。この仕事をやる前、私は、
 仮にも、多額のお金を扱うのだから、"セキュリティ"は、他の業種に比べて、
 当然、高いと思っていた。

 ところが、知れば知るほど、これほど、"セキュリティ"に対して、考えが甘
 く、金もほとんどかけていない業界も珍しいなと、認識を新たにした。

  「上記のデータを見ても、それらを裏付けるには、充分だと思う」

 また、ちょっと疑問に思うのは、「廃棄したから、それ以上、情報は流出し
 ない」という安易な考えだ。1.その情報を、"廃棄する前に、入手した人間"
 がいたら、どうなる?2."本当に、廃棄したのか?"どうかも、疑わしい。

    「この2つとも、きちんと確認した人間がいないのだから…」
───────────────────────────────────

これらを考慮するに・・・

 "銀行に預けておけば、絶対に大丈夫"という我々が、古くには持っていた
「神話」は、お金でも、情報でも、完全に壊れ去った。

 我々が、"個人情報"を守る術は、『本当に必要な情報』以外は、出さないと
いう"出し惜しみの精神"しかない。けれど、「テロ対策」と一緒で、完璧な方
法など、あり得ないだろう。そこに、人間が、介在する限りは・・・。


「懸賞だナンダと、"個人情報"を必要以上に出す人達は、

 それらが、どこで漏洩しても、仕方がないという覚悟を決めるべきだろう」


     **自分を守る・・・→ http://tinyurl.com/a72l4


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.