グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
"ネットワークビジネス"と
"新興宗教"の奇妙な類似点〜体験編



 今年に入って、「ある新興宗教の集会」と、ついこの前「ネットワークビジ
ネスのセミナー」に参加させてもらった。結果、この2つには奇妙な一致が…。

 ちなみに・・・

 新興宗教=新宗教ともいう。新しく成立した宗教。幕末から、明治以後に成
      立した宗教。神道系と仏教系(特に、法華系)の2大系統を成す。
      第二次大戦前は、淫祠邪教視されて、弾圧を受けたが、戦後は、
      復興。そのために、"新興"宗教というらしい。


【"奇妙な一致"20 が示すモノとは?】

01.偶然の出会いを装う。例えば、学生時代のクラス会などは、どちらの組
   織にとっても、格好の勧誘場所である。しばらく、会っていない友人か
   ら、突然、電話をもらったら、ほとんど間違いなく、上記2つに属する
   モノと考えた方が良い。

02.ネットワークビジネスのセミナーは、金を取る。最初は、こちらが聞い
   てやっている立場なのに、会場に行くと、受付で無理やり、金を取る。
   ある意味、"強盗"に近い。しかも、「自慢話」ばっかり。

03.両組織の人間とも、「一緒にやりましょう!」とか「貴方みたいな人材
   を待っていた」など耳障りの良い言葉を掛け、両手で握手をする。目が
   尋常じゃない。何かに取り憑かれたように、一点を見つめる。

04.自分の不遇だった時代を懐古し、今のような状況になれたのは、「この
   宗教のお陰」「ネットワークビジネスをしていたから」など、全てのプ
   ラス要因を、そこに求める。

   しかし、良く聞いてみると、現在も、それほど、良い状況にはなってい
   なかったりする。

05.どう見ても、「人間的に問題のあるヒト」が、幹部やアップラインにな
   っている。その上、周りの人間が、それらを持ち上げるから、その組織
   にいる間、ずっと、そのヒトは、「人間性の低さ」に気付かない。

06.長くその組織にいればいるほど、多少は悪いことだと思っても、自分の
   中で、きっちりと否定することが、出来ない。何故なら、否定するとい
   うことは、「自分の長い過去」をも、否定することになるからである。

07.両組織とも、セミナーや集会において、「今、貴方は幸せ?」などと言
   って、不安を煽り、勧誘に生かす。しかも、そういう場合は、大声を出
   すことが多く、脅迫気味であったりする。

08.主に、ネットワークビジネスにおいては、"自分の将来像"を描かせる。
   それは、人間性を全て否定したような「拝金主義に満たされた目標」で
   ある。このビジネスが生まれた現代アメリカを、まさしく象徴している。

09.それまで、しつこく勧誘していたのに、「きっぱりと断る」と、しばら
   く連絡が来なくなる。久しぶりに来たと思ったら、あくまでも、その人
   物というよりは、組織の都合によるモノであった。

10.こちらが困って相談を持ち掛けても、「貴方はこれをやっていないから」
   とか「これを飲まないから…」などと、全てうまく行かない理由を、宗
   教やビジネスに、結び付ける。

   だから、普通に、解決策を模索しようとしても、話にならない。

11.「個人情報」が垂れ流しになっている。ある意味、こういう組織に入る
   ということは、自分のそれまでに築いてきた人間関係を、金や宗教のた
   めに、売り払うということである。

12.ネットワークビジネスに関しては、儲けている人間は平均して、5%く
   らいしかいない。正直、儲けてもらうよりも、借金をしてもらってでも、
   出来るだけ「商品」を買い込んでもらい、にっちもさっちも行かなくな
   ることを、望んでいるのかもしれない。

13.両組織とも、「辞める自由」をあまり認めていない。何らかの形で、人
   間関係を残しておく。辞めさせないために、組織を使い、説得工作をす
   る。酷いケースになると、職場や学校にまで、悪い噂を吹聴しているこ
   とさえもある。

14.休みの日に、様々な活動を入れ、自己の時間を、厳しく拘束される。だ
   から、組織に加わった時点で、自分らしい生活は出来ないものだとあき
   らめた方が良い。

15.「貴方のためにやっている」と自己弁護している部分がある。あくまで
   も、「自己のエゴのためにやっている」と、ハッキリ言うべきである。
   相手を説得する勧誘の言葉が「貴方のためにやっている」である。

16.営業でも、良く相手をリストアップし、それらを商売の可能性によって、
   レベル分けする手法が用いられる。しかし、何か、踏ん切りが付かない
   モノである。こういう疑問を呈すると、両組織とも、上の者が、「そん
   な事は考えるな」と言うだけで、説明責任は、果たさない。

   疑問を持たないような頭にすること=洗脳が、両組織の常套手段である。

17.この世の中、「金で人の心は買える」かも知れない。だが、どんなに、
   自分の人脈を組織に売り渡し、金を儲けることが出来ても、自分が元々
   持っていない「良い人間性」までは、買うことは、出来ない。

18.人間は、行いが顔に出る。この2組織の中に、本当の意味での"笑顔"を
   持っている人間は、私があった中には、いなかった。私が、色眼鏡で見
   ているのも、確かだが、どんな表情にも「裏」があるように感じる。

19.お布施を知らない内に、取られている。それは、組織が発行する新聞や
   書籍などのマスコミ媒体を、購入させられることによって、である。本
   人は"お布施"と気付いていない。実に、うまいビジネスだと、私は思う。

20.人間は、ウソをずっと吹き込まれたり、印刷物により、デッチ上げの記
   事や文章を読まされることによって、それが真実であると思い込んでし
   まう。洗脳をするのに、様々な手段があることを知っておくべきだ。


 「入るのも、自由。だが、勧誘しないで欲しい。俺の人生なのだから…」
 
 
     **もうお笑いだよな・・・→ 
http://tinyurl.com/c4lvm

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.